【 感情解放 】 感情解放ご感想レポート ②

 

 

花ひらき
今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
昨日のMさんの感情解放のご感想いかがでしたか?

 

きっと、おひとりおひとりの中で何かしら感じられるものがあったと思います。
その感じたもの、今後、あなたにギフトをもたらすことになると思います。

お楽しみに。

 

 

さて今日は、Mさんに私から質問をさせていただいたものをお送りしますね。

どうぞ。

 

 

************

 

 

 

 

感情解放で得たギフトには、どんなものがありましたか?

 

 

・自分の気持ちに、敏感に気づけるようになった。

 

・自分に優しくできるようになった。

 

・自分が何をしたいのか、何がいやなのか、どうしてなのかが、よくわかるようになった。

 

・そのおかげで、自分がどうやったら満たされるのかがわかった。

満たされていない状態もわかるようになり、その場合、自分を満たす行動をとれるようになった。

 

そして、満たされた状態でいられるので、自然な形で人に与えられるようになった。

見返りを期待して与えたり、計算して与えたり、自分に自信がないので与えたりするのではなくて、

自然と溢れているので与えるような感じ。

 

・人の気持ちもわかるようになった。

 

・自分に余裕ができた。不安・心配な時間がほとんど減った。

そのため、家族に余裕を持って接することができる。

 

・何かを決めるときに繊細に自分の気持ちの中の違和感に気づけるので、自分がどうしたいかが、頭ではなく本音にしたがって決められるようになってきた。

 

・任せる、ゆだねることが体の感覚でわかった。

 

・女性であることを受け入れられた。

 

 

 

感情解放をして、以前と比べて心・思考・感情・行動パターンで変わったと感じることはありますか?

 

 

《 以前 》

 

・相手の都合に合わせて、自分を低く扱うことがあった。

 

・いやなのに、やっていることがあった。

家族のためと思って我慢したり、相手が怒るからと言ってやりたいことをやらなかったりしていた。

 

・人に対して境界線があいまいで、過干渉したり、相手に入らせたりしていた。

 

・ヘッドバブルの状態でいることが多かった。

(ヘッドバブルとは、思考が絶え間なく泡があふれるように出て来ている状態のこと)

 

・批判や文句が多かった。

 

・あの人はどうしてこうなんだろう?とよく思っていた。

 

・不安、心配が多くて、ずっとその気持ちに翻弄されてしまうことがよくあった。

 

・近しい人の気持ちに、自分の気持ちが左右されることが多かった。

 

・やりたいことがあっても、それを口に出さないで、まわりの人の意向を優先してしまうことが多かった。

結果、自分を後回しにしているので、自分を大事にできていないし怒りもたまった。

 

・自分に厳しくてがんばるけど、ごほうびをあげるのが苦手。

褒めたり、やったことをしっかり受け取る時間をとらないで進むことが多くて、疲れたり、不満がたまったり、心がすさんでしまった。

そして、すさんでることに気づかなくて、そういうときは、家族にイライラしたり、他の人に対して知らない間にクレクレ星人になってしまうことがあった。

 

・他の人から認めて欲しい、ほめてほしいと思っていて、それが、クレクレ的な行動だと気づいていなかった。

 

(クレクレ・クレクレ星人とは、承認や賞賛、愛情などを欲しがる状態。一方的であることが多く、自分から与えたり、また、しっかり受け取ることもできないので、すぐに枯渇するのと、愛情の循環が起こらないので、やはり枯渇していく状態)

 

 

《 現在 》

 

・自分を低く扱ってるなと感じる対応をされたら、適切にNoと言える。

 

・不安、心配の気持ちをベースにして何かを考えていると違和感を感じる。

 

・人のことは人のこと、と境界線を引いて心配はしない。

 

・自分の気持ちが前よりずっとわかる。何を感じているか、どうしたいか、が断然わかりやすくなった。

 

・人の気持ちが前よりずっとわかり、何を感じているか、

その人が、その人自身についてどう思っているのかどう扱っているかがわかりやすくなった。

 

・頭で考えてばかりなときは気づいて、できるだけ深呼吸して、グラウンディングするようになった。

 

・自分に対して優しい。いつでもごほうびをあげている。

 

・ダメな自分や、失敗した自分を受け入れている。

 

・自分の過去を、まるごと受け入れられるようになってきた。

 

・過去の恩や、うけた愛情に、たくさん気づいて感謝を感じる。

 

・自分がやりたいことがあったら、まだ最初足踏みするけど、

それでも、やりたいことを口に出し、そして実行するようになった。

 

・何もないときでも、ちょっとしたご褒美を自分にあげられるようになった。

自分の大事な人にも、ちょっとしたことをしてあげたくなった。

 

・自分を認めるのは自分、褒めるのも自分、

自分を満たすのも自分しかない、とわかっていて行動もできるようになった。

 

・失礼な態度を取ってくる人に対しては、ノーというようになった。

 

・どうでもいいような扱いをしてくる人に対しては、距離をおけるようになった。

 

・本音で話すようになった。

 

 

 

感情解放をして変わった現実(外側の世界)はどんなことがありますか?

 

 

・ 主人がジョークを言ってくるようになった。

 

・幸せそうだね、と、とても近しい人に初めて言われた。

 

・怒っている人が、まわりに出てこなくなった。

 

・こどもが甘えてくるようになった。

 

・大切な友人との仲が深まった。どこかが対等でなかった友人とは縁が切れた。

 

・主人が、私のアドバイスを前より受け入れるようになった。優しくなった。

 

・ポジティブ、サポーティブなことを言ってくれる人が、まわりに増えた。

ネガティブ、嫌味、パワハラ的発言をする人がいなくなった。

 

・家族が、家でリラックスしていて、私との会話が増えた。

 

・人との縁が、切れたり深まったりした。

 

 

 

感情解放に対して「自分の中から何が出てくるか怖い」と感じる方も多いのですが、やってみようと決められた何かきっかけや理由はありますか?

 

 

・直接のきっかけは、家族の中での自分の役割がもういやになったこと。

それを変えたいと思ってセッションを受けたら、私の中に怒りがあって、それが元で、同じ出来事を引き寄せてるということで、怒りを解放することが大切という話しになったのがきっかけ。

 

・自分の周囲にサインがたくさんあった。

怒りを溜め込んでいたので、怒っている人や低音走行の車などによく遭遇していて、

あ、自分は怒っているんだな。と勘付いていた。

 

 

 

感情解放をやり通せた、モチベーション(原動力)となったものがあればどんなことだと思われますか?

 

 

・感情がたくさん出てきすぎてかなりつらい時があったけど、そこでやめたらエゴの誘惑に負けるんだなと思った。

 

・絶対、今の役割をやめる!と決心していたから。

 

・途中でやめたら、またやるのがいやだった。

 

・今の勢いがあるときにやってしまいたかった。

 

・感情解放を終えたら、見える景色があると思って、それをとても見てみたかった。

 

 

 

振り返って、今、感情とはどんなものだと感じますか?

また、以前はどのようなものだと思っていましたか?

 

 

《 今 》

 

・自分のセンサーみたいなもの。

 

・海の波のようなもの。

あるのが自然で、大波小波、荒れた天気になったり、凪いだり、自然と一緒で変化するのが当たり前のもの。

 

・自分と対話するための道具みたいなかんじ。

 

・サーファーみたいに、うまく乗ればいいかな、と思うもの。

 

・感情も、ただのエネルギー、と教えてもらったので、あ、こわいんだな・・・。とか、あ、さみしいんだな・・・、と、客観視する自分も持てるようになり、感情を感じるのがこわくなくなった。

 

 

《 以前 》

 

・溺れてしまうもの。制御不可能。

 

・感情の波にのまれて、いつも、ずっと不安、ずっと心配。

そうやって、ネガティブな感情の中にながい時間とどまってしまうことが多かった。

 

・ネガティブな感情を持つことが、悪いことだと思って、それを一掃しなくては、と思っていた。

 

・感じるのがこわいもの。なので、押さえつけて、頭で理由をつけて、納得しようとしていたけど、そのせいで、感じてもらえなかった感情がたくさん倉庫に溜まってしまった。

 

 

 

今回の感情解放の体験は、これからの未来にどんな変化やギフトをもたらすとお感じですか?

 

 

《 ご自身の人生に 》

 

・感情解放をしたことで、本来の自分に戻ることができたので、これからは、自分に正直に、本来の自分がやりたかったことを、自由にやっていくことができると思う。

 

・幸せな気持ちがベースになったので、幸せな現実が展開していく。

 

・自分を満たすことがわかり、あふれた分で人に(自然と)与えて、受け取る関係を作っていける。

 

・感情解放して、”歓喜”という状態を感じることができたので、それをベースにした未来になっていくと思う。

 

 

《 パートナーシップに 》

 

・自分と深く対話できるようになったので、前よりパートナーとも、より気楽に、本音で、正直に語り合える仲になっていけると思う。また、女性としての自分を否定することもなくなったので、より自由に、お互いの違いを認め合いながら、話しあっていけるように思う。

 

 

《 子育てに 》

 

・感情解放をしたことで、どんな感情を持ってもいいとわかり、感情を感じることができるようになったので、子どもにも同じように、自分を抑圧しない、本来の姿で育っていけるようサポートができる。

 

・子どもも自分に正直に、いま感じている喜び(歓喜)を大切に、自分らしく生きていくサポートができる。

 

 

 

 

 

************ 

 

 

 

Mさん、丁寧にお答えいただきありがとうございました。

 

質問は、Mさんが感情解放を振り返ることでご自分が頑張ったことを受け取っていただきたい、

そう思い考えました。(ほんとうに頑張られたんですよ)

 

すると、Mさんからも(お伝えしてないのに)「振り返ることで、また受け取れるので」

そう言っていただいて、なんだか以心伝心を感じました。

 

感情解放をするとピュアな心になるので以心伝心が起こりやすくなるんです。

 

 

そして、そのピュアな心で関わるためパートナーも子供も楽になり家族の絆は深まるのですね。


お仕事のストレスがいっぱいだったご主人がジョークを言ってくるようになったなんて、
奥様が、ご家庭が心地いい場になったことをしっかり教えてくれています。

 

 

 

 

お読みいただいた皆さん、いかがでしょう?

 

感情解放は、自分を深く愛することであり、本来の自分に戻っていく道。

世界を見ている眼鏡のレンズの汚れもとれるので、愛も豊かさもいっぱいだったと気づかせてくれます。

 

 

どうぞ、ネガティブ感情を嫌わないでくださいね。

それも大切な自分から生まれた大切なもの。

見てあげてくださいね。

 

 

スピリットワールドは無条件の愛の世界。

喜怒哀楽は人間の時しか体験できないことでもありますから♡

 

 

 

明日は、感情の層のことや感情解放していった先にあるギフトを心の構造からお話したいと思います。
お楽しみに。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。