自分を愛する方法

 

 

花ひらき
今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私は、「はっ!!10日!!早い!!早すぎる!!( ゚Д゚)」と驚いています。(笑)

 

 

ここ最近、マインドの変容がありすぎて、
それに伴う現実変化も心地よさが加速しています。
有難いことです。

 

 

 

そして、現実がさらに心地いい世界に変化しているのも、
感覚を大切に『自分を愛する』ことを丁寧に選び実践してきたから。

 

ほんとうによくやった自分!と褒めています。

 

 

 

ちょうど今、個人セッションのクライアントさん達が契約を終えられていて、
彼女達からも「自分の内側が外側に映し出されている」ことを体得されていて、
ほんとうによく頑張られたと思うのです。

(そんな方々に来ていただけることも光栄です。)

 

 

 

 

 

 

 

自分を愛することって、
自分の中の微かな感覚や小さな声に気づいてあげること。

そして、その声を受容していくこと。

 

 

 

 

 

ちょうど昨日のブログで、
”かぶせの言葉” という表現をしたのだけど、

 

 

人には必ず『本音(本当の望み)』があります。

 

 

そして、ここがエゴの凄いところだと思うのだけど、

 

『本音』のすぐ後に、

 

「でも・・」

 

「常識では・・」

 

「そんなことしたら人(お母さんに、お父さんにetc)に何て言われるか・・」

 

などなど、『本音』の言葉の上にかぶせるような抑えつけるような言葉が出て来て、

『本音』を抑え込んでしまうのです。

 

 

 

 

 

例えば、

「あの人が好き」という『本音』があります。

 

 

でも、いろいろな事情から「好き」と言えないこともありますね。

こんなふうに。

 

 

「でも、私は可愛くないし(相応しくない)・・」

 

「でも、既婚者だし・・(略奪になっちゃう)・・」

 

「そんなことをしたら世間になんて言われるか・・」

 

 

これらが、本音を抑え込むかぶせの言葉たち。

 

そして、多くの人が『本音』を無かったことにしようと、
心の中の『本音』の存在を消すことにエネルギーを注ぎます。

 

 

 

すると、本音を否定したことに対して、

自分の中で自分に対する怒りが生まれます。

(人によっては、悲しみの場合もあります)

 

 

「どうして私を大事にしてくれないの?」って怒ったり悲しんだり・・。

 

 

 

感情解放を深いレベルですると気づけるのですが、

人に対して感じていた怒りや悲しみなどの感情は、
実は、自分に向けていたものだと気づけていきます。

 

  

 

 

 

 

「あの人が好き」

 

好きでいいんです。

気持ちを持つのもダメでしょうか?

 

 

好きという気持ちを持てること素敵なことです。

そんな素敵な気持ちを持てる自分を愛しく思いませんか?

受け入れてあげませんか?

 

 

 

好きという思いが叶う叶わないではなく、
好きというあたたかな愛を持てる自分をなんて素敵と抱きしめてあげる。



皆さん、それに気づかず、
本音を無いものとして消そうとすることにエネルギーを注ぐから満たされないのです。

 

 

どんな気持ちであれ、

その気持ちを持った自分を受容していく。

それだけで私たちは満たされていくのです。

 

 

そして、満たされると叶う叶わないはどうでもいいことになってしまいます。

 



そしてまた、宇宙は素晴らしい働きをしてくれます。

 

 

満たされ、叶う叶わないはどうでもいいことになってしまうとミラクルが起こるんです。

 

それが、叶うことが幸せなことなら叶いますし、
さらに違うお相手の方が幸せなことならば、そのお相手が現れてもくるのです。

 

 

 

満たされた心でいると満たされた波動を発するのでミラクルが起こるのです。

 

そして、満たされた心でいるとどんなことも喜んでみることができますから、

さらに幸せなことが起こり続けます。

 

 

 

自分を否定していると否定の波動を発するので否定の現実が起こります。

 

そして、否定の心でいるといろんなことも否定されていると見てしまいます。
さらに不幸せなことが起こるのです。

 

 

 

【自分の心が外側に現れる】のですから。

 

 

 

 

 

 

否定しそうな小さな思いも受容してあげること。

これが、自分を愛するということです。

 

満たされた幸せな自分を選ぶというのは、

自分の中に起こる小さな声(否定したいような声も)も受容することを選ぶということです。

 

 

 

 

 

 

この小さな思いに気づき受容することを続けていると、
とっても心が満たされて穏やかな状態に変化していきます。

 

成熟した女性性とは、この小さな本音も受容し続けてできた満たされた心を持つ女性でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

自分の中の小さな声が聞けないという方も多いのですが、

もしかして、自分の本音を否定し続けてきていませんか?

 

 

その場合は、エゴの声である”かぶせの言葉”が大きくなっていると思います。

 

 

そうならば、ゆっくり呼吸をして頭の中(エゴ)を静めて、

ゆっくりと吐く息とともに意識を子宮に降ろし
本音が身体の中から聴こえてくるのをじっくり待ってあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

自分を愛するというのは、
自分の中に生まれる小さな感覚や声が求める思いも大切にして、

そのありのままの自分を抱きしめていくこと。

 

 

 

そして、

満たすというのは、

外から何かを持って来て与えるということと思っている人も多いのだけど、
自分で自分の心を受容することが満ちていくことでもあるのです。

 

 

 

心の中で自分を否定しているならば、
いろんなイベントに参加したり、
物を買ったり、
スイーツを食べても心は満たされないのです。

 

 

 

 

あなたがありのままの自分を大切に抱きしめるならば、
外側の世界からもありのままのあなたを抱きしめる現実が起こってきます。

 

幸せは向こうからやってくるようになるのです。

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。