願い事。紙に書くと叶うのはなぜ?

 

 

花ひらき

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?


昨夜は新月でしたね。
願い事は書かれましたか?

 

今回の新月、現実力のパワーがありますから、
ぜひ新月エネルギーを活用してください。

 

 

 

 

さて、新月に願い事を書くという習慣、日本ではいつから始まったのでしょうね。

私の記憶では14,5年ほど前からでしょうか。

 

 

そして、考えてみると、
新月に限らず、私たちは昔から叶えたい願いを紙に書くことをしてきています。

 

 

お正月の書初めで一年の抱負を書いたり、

紙ではありませんが、神社の絵馬に願い事を書いたりしています。

 

 

 

 

実は、この書くという行為は願いを叶えるパワーを持っています。

 

それは、頭の中にあるイメージを書くという行為で物質に現しているから。

 

 

イメージは手で触れることはできません。

 

でも、紙に書くことで手で触れることができる物質次元のものになります。

 

 

 

そして、紙は木(パルプ)からできています。

木は、種が芽を出し枝を伸ばし成長する存在。

なので、育つ・成長のエネルギーを持つ物質ということ。

 

 

そのエネルギーを持つ紙に願いを書くということは、
その願いが芽を出し育ち成長するエネルギーを持つということなんです。

 

 

 

 

ただ、パワーが最も強いのが人の心の力。

紙に願いを書いたとしても、

そこに叶えたい!という心の力が加わっていなければ、
願いが叶うまでのエネルギーとはならない・・ということでもあるのです。

 

 

 

 

 

こんなことありませんか?

新月のたびにある願い事を書くのだけど、いつまでも叶わない・・ということ。

 

これは、心の力が加わっていないということ。

時には、気づいていないだけで心の力が願いが叶わないように作用していることもあるのです。

 

 

 

もし、なかなか叶わない願いがあるなら、こう自分に聴いてみましょう。

 

「願いが叶わないことで得ているものはなあに?」と。

 

 

 

 

 

お金が欲しいと願いながら、
その人をよく見ていると豊かさが来ているのに受け取っていなかったり、

 

恋人が欲しいと願いながら、
人の好意や気遣いを受け取っていなかったりしています。

 

 

 

 

望むものが近づいて来てくれているのに受け取り拒否をしている場合、

 

この「願いが叶わないことで得ているものはなあに?」の問いをすることで

受け取り拒否の原因がわかると思いますよ。

 

 

 

 

 

そして大事なのは、
あなたの願いが叶うと心から見守ってくれる人たちの中にいること。



あなたの願いを否定したりするような人と一緒にいると、
心は折れてしまいます。

 

 

すると、望みを叶えるための心の力も弱くなってしまうのです。

 



心の力は、紙に書いた願いが芽を出し成長していく時に、
お水となり太陽の光となり芽を育てていくエネルギーでもあるんです。

お水や太陽の光がないと、木の芽も枯れてしまうのと同じなのです。

 

心の力が1番パワフルなエネルギーですから。

 

 

 

 

 

今回は、新月エネルギーメッセージの代わりに願いを叶えるためのいくつかお話しました。

 

どうぞ参考にしてくださいね。

 

 

 

 

2016年もあと1ヶ月。


世界レベルで大きく変わろうとしていることは、
個人レベルでも必ず起こっているはずです。

 

どうぞ、ご自分の中をしっかり感じて、

より自由でパワフルな自分になっていくようにご自分をサポートしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも参考に


*受け取ることは与えること

*幸せでないものを自分の世界に入れていませんか?
*愛の波動が最高の引き寄せ*

*愛の循環あるところに豊かさは引き寄せられます

 

 

合わせてどうぞ
しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。