願い事。紙に書くと叶うのはなぜ?

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

昨夜は新月でしたね。

願い事は書かれましたか?

 

今回の新月は、現実化のパワーがありますよ。

ぜひ月のエネルギーを活用してくださいね。

 

 

 

 

さて、願い事を新月に書くこと、

日本ではいつから始まったのでしょう?

 

私の記憶では14,5年ほど前からでしょうか。

 

 

 

 

そしてまた、

私たちは古来から紙に願いを書いてきてもいます。

 

お正月の書初めで一年の抱負を書いたり、

七夕の笹に願い事を書いた短冊を飾ったり、

紙ではありませんが神社では絵馬に願い事を書くこともします。

 

 

 

 

この書くという行為、

願いを叶えるパワーある行為なのです。

 

頭の中にあるイメージを、

紙という物質に書き移しています。

 

イメージは手で触れることはできませんが、

紙に書くことで手で触れられる物質次元に落とし込んでいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、紙は木(パルプ)で出来ています。

 

木は、種から芽が出て枝を伸ばし葉を茂らせ成長する存在。

 

木は、成長拡大のエネルギーを持っているのです。

 

紙に願いを書くことは、

 

・願いを物質次元に落とし込む

 

・成長拡大のエネルギーを宿す 行為なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、紙に書いても叶わないこともあります。

 

なぜなら、この世界で最も強いパワーを持つのは心の力だからです。

 

紙に願いを書いたとしても、

心から叶えたい願いでなけれな現実化はしないのです。

 

 

 

 

こんなことありませんか?

 

新月のたびに願いを書いているけれど叶わないこと。

 

これは、願いに心の力が加わっていないからです。

 

また、願っていると思ってはいても、

心の奥では「叶っては困る」と阻む方向に心の力を使っていることもあるからです。

 

 

 

 

 

 

もし、叶わない願いがあるなら、

こう自分に聴いてみてください。

 

「願いが叶わないことで得ているものは何?」と。

 

 

 

 

私たちの心は、質問をすると答えを探し始めます。

 

この質問は、心の奥の願いを阻んでいる気持ちに気づかせてくれます。

 

すぐには気づかないかもしれませんが、

ふと閃くように気づいていけますから活用してくださいね。

 

 

 

 

そして、願いを叶えるために大切なことは、

人に願いを話さないということ。

 

意外と嫉妬エネルギーで妨害されることもありますから。

 

繊細な願いほど、大切にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

願い事、ぜひ紙に書いて

 

・願いを物質次元に落とし込む

 

・成長拡大のエネルギーを宿していきましょう。

 

そして、それが叶ったらどんな気持ちになるのか先取りして味わってみてください。

 

あなたが心から望むことは叶っていきますよ。

 

 

 

 

 

 

2016年もあと1ヶ月。

今は、世界レベルでどんどん変わる時。

世界が変わる時、必ず個人レベルでも変化が起こります。

 

 

どうぞ、ご自分の中をしっかり感じて、

より自由でパワフルな自分になっていけるよう、

ご自分をサポートしてあげてくださいね。

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ

しあわせのヒント集

 

セッションはこちらを。

 

個人セッション

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。