【ワーク】 頑張ってきた自分を受け取る

 

 

花ひらき今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日、またエネルギーが変わりました。

どんどん加速的に波動が上がっています。

 

心も身体も軽くし、この流れに乗ってくださいね。

 

 

 

 

さて、12月4日の花ひらく女性性WSが近づいてきました。

 

実は、お申込みくださった皆さんに事前ワークをお出ししているんです。

 

女性性の"受け取り力"をアップしていただくために。

 

今日は、そのワークをされた方のご感想をシェアさせていただきますね。

 

どんなワークか、考えながら読んでみてください。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

WSまでの課題、ありがとうございます。

 

直子さんの文章を読んだだけで、

 

今まで頑張ってきた自分を認められたようで、

 

張りつめた心の糸が緩むような気持ちになりました。

 

でも、いざ自分で自分の頑張ったこと一つ一つを受け取ろうとすると、

 

それはなかなかできない自分がいます。

 

 

 

 

頑張っても他人から認められないと、

 

目に見える成果がないと、

 

意味がないんだと思ってしまいます。

 

そして、ずっとお母さんの期待に応えたくて頑張ってきた自分にも気づきました。

 

まだまだ自分を認めてあげられてないんだなぁと思いました。

 

WSまでに少しずつでも、自分の頑張りを受け取ってみますね。

 

 

 

 

********

 

そして、私からはこのようにお返事させていただきました。

 

********

 

 

 

 

頑張った自分を、自分ではなかなか認められないのも当然だと思います。

 

今まで外側に認められることを頑張ってきたのですから。

 

そんなにすぐに心は方向転換できませんから。

 

なので、「Kちゃん、よくがんばったね」

 

そう声に出して自分に言うことお勧めします。

 

これをすること、受け取っていけるようになりますから。

 

 

 

 

お母さんの期待に応えたい思い。

 

これは、Kさんがそれだけお母さんが大好きな証拠です。

 

それだけ、お母さんが大好きで愛しているから。

 

これが、Kさんが愛をいっぱい持って生まれてきた証拠でもあるんです。

 

 

 

 

そして、親は子に期待もしますが、それは愛ゆえの信頼です。

 

そしてまた、期待に添う添わないは関係なく、

 

子供が幸せであることが親の1番の望みです。

 

私も母親ですからわかるのです。

 

Kさんが幸せで笑顔でいることが、お母さんの1番の幸せです。

 

なので、頑張ったこと、受け取っていってくださいね。

 

 

 

 

********

 

Kさん、掲載のご快諾ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

お母さんに認められたい。

 

この思いは誰の中にもあるものです。

 

そして、この思いを持つのは、

 

お母さんを愛しているから、そう気づけると気持ちは和らいでいきます。

 

 

 

 

お返事にも書きましたが、

親は子供が幸せでいてくれることが幸せです。

 

なので、自分を責める必要などないのです。

 

 

 

 

********

 

 

出させていただいたワークは、

 

『頑張ってきたことを受け取るワーク』

 

やり方は、

 

今まで頑張ったことを思い出してノートに書き出し、

 

頑張りを受け取るというものです。

 

受け取り方は、

「○○ちゃん、よく頑張った!」と声に出すといいですよ。

 

声に出して、自分に言ってあげると、

不思議ですが受け取れていきますから。

 

 

 

 

私たちの誰もが『承認欲求』を持っています。

 

認めてもらいたい。

 

凄い!と言ってもらいたい。

 

褒めてもらいたいという気持ちがあります。

 

そして、親・社会に褒められること認められることが良いことだと思い込んでもいます。

 

そしてまた、承認欲求を外側に求め続けると心は疲弊していきます

 

なぜなら、親や社会がいつも承認してくれるとは限らないからです。

 

そして、承認欲求を外側に求めるのは男性性なのです。

 

 

 

 

 

女性性は受け取る性です。

 

今回のワークは、

 

・頑張った自分に気づく。

 

・頑張りを誰でもない自分で認め自分で受け取る。

 

自分で自分に与える、自分で自分を満たすワークなのです。

 

 

 

 

女性性開花は、自分で自分に与える、自分で自分を満たすことで成されていきます。

 

女性性が花ひらいている情勢は、これをしています。

 

だから、外側から与えられ、満たされる現実を惹きつけてもいくのです。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。