10月16日 光の庭 満月のお茶会、ご感想いただきました。

 

 

花ひらき
今ここを天国に。


お茶会のご感想を頂きました。

ほんとうに、そのままの自分でいていいんです。


そして、

そのままの自分でいることは、
始めは怖く感じるものでもあるのだけど、
実際に、そのままの自分で在れるととても安心感がある自由になった歓びを感じられます。


ご感想をくださったMさんは、
まさにその変化が起こりました。

 

そして、ご感想を送ってくださった後も変化が起こり続けているそうです。

 

 

「私の体験が、誰かの役に立つならとても嬉しいです。」とご快諾くださいましたので、
そのまま掲載させていただきますね。

 

 

***

 

 

 

 

直子さん

 

昨日は、素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

とにかく幸せで幸せで…。

お茶会の感想送りますので、長くなりますが読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

数年前にネットで何かを検索していた時に、直子さんのブログに出会いました。

 

直子さんの言葉の一つひとつから、溢れ出る愛が伝わってくるように感じて、

お会いしたことはないけれど、私にとってとても大切な存在の方でした。

 

いつかお会いするんだと心に決めていたのですが、

今回のお茶会はすぐに「行く!」と決めて、なんの迷いもありませんでした。

時が来たという感じです。

 

 

 

お会いする直前まで、わくわくドキドキ…。

 

誰かに会うのをこんなに楽しみにしたのは、夫との初デート以来かな、なんて思いながら向かいました。

 

お会いしてみたら、他のお三方も含めて、初めましてなのに、初めてではないような、初対面ではないような不思議な調和を感じました。

緊張しているようなリラックスしているような不思議な感じでした。

 

直子さんが、(とてもいい意味で)想像以上に普通の女性で驚きました。

参加者の方々も、みなさんとても素敵な女性で、

たぶんテーマも4人とも近かったので、他の方のお話を聞くのもとても楽しく意義がありました。

 

 

 

幼い頃からよく、

地球にいるのは夢みたいなおもちゃみたいなもので、

本当のことではないって感覚があって、

色々悩むと地球はもうやだっていつも思っていました。

なんで地球にいるんだろうって。

 

お茶会の冒頭に「地球にいることを、肉体を持っていることを、味わって楽しんでください」と言われ、

ああ、バレてるって密かに思いました。

 

 

 

個人的な質問にも答えていただきましたが、

私自身のことは、直子さんは名前くらいしか知らないはずなのに、

それはまあ、たくさん言い当てられました。

 

なんとなく自分で気づいていたけど受け入れきれなかったことも、

直子さんに言われると魂レベルで納得しているような感じで、スッと入ってきました。

 

 

 

頭では「なんのことだろう?」と考える反面、

胸が熱くなったり、泣きそうになったりして、

頭ではなく心と魂が「ああ、やっと気づいてくれた。」と言っていました。

 

 

ゆっくり消化しようと思い、1日経ちましたが、

忘れていた記憶や封じ込めた感情が続々と出てきました。

 

 

早速、夢の中で直子さんにアドバイスされたNo!が言えました。

夢ですが、とてもリアルで、一番言いにくい状況でNo!と言えた快感と言ったら…笑。

 

私、本当は嫌なことにはNo!と言いたくて堪らなかったんですね。

これからオススメしていただいた、No!トレーニングがんばって、境界線を引ける自分になります。

 

 

 

お茶会の後から、ふとした瞬間に、

いろんな記憶や気持ちを思い出しました。

 

特に強く感じたのは、私は母親に好かれたかった。愛されたかった。という想いです。

 

 

母からはとっても愛情を注いで育ててもらっていたと思います。

だからこそ、母の愛情をもっと感じたかったなんて、

少しでも思うのはいけないことだと思ってました。

 

だって、本当にちょっとしたことばかりなんです。

 

 

幼稚園の母親同伴の遠足で、

おやつのアンパンマングミを全部食べてしまって、

「お母さんの分ないの?他の子はみんなお母さんにおやつくれて優しいのに」って言われて、

ものすごーーーくショックだったんです。

 

子供の頃の記憶は殆どないのにそれだけ覚えていて。

でも今までは、ただの記憶でした。

 

でも昨日直子さんに会って、その時どれ程ショックで傷ついたか、

同時に「お母さんが言うから、きっと私は優しくない子なんだ」ってインプットしたのを感情もまるごと思い出して、涙が止まらなくなりました。

 

 

 

子供の頃から母と姉に「あなたは本当に何もできないね」と言われ続けててきたことを思い出しました。

母も姉もなんの悪意もなく、むしろ幼い私に対する愛情が込められていた言葉だったのだと思います。

でも、私は褒められたかった。

「すごいね、愛してるよ。」って言ってもらいたかった。

 

 

それで創り上げたのが、「クールでなんでもできる子」というイメージ。笑

でも本当の私と恐ろしいくらい正反対なんですね。

 

だからか、誰も本心からは信頼できなかったし、頼れなかった。

そりゃ、苦しいよって自分で笑っちゃいます。

 

 

 

これまでに

心理学や引き寄せ、スピリチュアルなことやフラワーエッセンスやホメオパシーなど、色んなことをやってきて、

分厚く硬くなった自分の殻が、随分剥けてきたなって、思っていたのですが、

薄皮みたいなものに阻まれて、

本当の自分が見えるようで見えなくて、

本当の自分に触れられるようで触れられないような感じでした。

 

 

それが、直子さんと一緒に参加した方々の力を借りて、

自分の核心に、ほんの少し触れられた気がします。

 

 

 

夫との関係も、

愛されているとわかっているのに不安で、

でも愛されているんだとわかって、

愛しても、自分をさらけ出してもいいのかもしれないって

頭ではなく、心と魂が揺さぶられました。

 

 

私の繊細さをそこまで感じ取ってくれる人は、

これまでいなかったかもしれません。

とても深い愛を注いでくれているんですね。

もっともっと、心から信頼してみようと思います。

 

 

 

他にも、もっと豊かさを受取るためにするべきことは、

「何もしないこと」というのは目から鱗でした。

完全に盲点でした。

 

受け取ろうともがきまくって、自分で受け取れなくしていたんですね。

 

 

 

私のハートは綺麗なダイヤモンドで、

ピカピカ輝いていて傷つくことはないと表現してもらって、とても嬉しかったです。

 

肩肘張って強くみせているんじゃなくて、元から強くて美しいのだと思ったら、気が楽になりました。

 

 

 

潜在意識レベルの自信のなさも、いい加減もう手放したいので、

早速新しいフラワーエッセンスを買って飲み始めました。

 

ヒドゥン・スプレンダー というエッセンスで、

「内なる美と皇帝を呼び起こします。生まれながらにして持つ権利を取り戻します。自分が無価値であるとか、小さく取るに足らない存在であると感じられる時に助けてくれます。」

というエッセンスだそうです。

 

 

 

なんだか取り留めもなくなりましたが、

私は私のまんまでいること。

それだけをすればいいんだって思いました。

 

 

よく本やネットにも書いてあることだけれど、

頭ではわかっていて、やろうとしているつもりでも、

なかなかできなかったのですが、

直子さんの言葉とエネルギー、お茶会全体のエネルギーが

私の深いところに、理解させてくれました。

 

 

 

今回のお茶会のメンバーでまた集まれたら嬉しいです。

みなさんとても素敵な女性ですね。

 

 

 

すべてに感謝します。

ありがとうございます。

 

 

 

 

***

 

 

Mさん、丁寧なご感想ありがとうございます。



うふふ。私は普通の女性ですよ。
ただただ自分でいようと自分を感じ愛していることをしています。
なので、そう感じていただけてよかったです。

 

 

 

そして、Mさんが書いてくださったように、

>他にも、もっと豊かさを受取るためにするべきことは、

「何もしないこと」というのは目から鱗でした。

完全に盲点でした。

 

 

「何もしないこと」が豊かさで在り、
そこに愛があること 気づいていないかた多いですね。。

 

 

 

 

 

女性性は、ただただ愛されていることに気づき受け取ること。

愛されるために与えようと頑張ったり、
時には、獲得しようと”狩りに行く”人もいらっしゃいますが、
これは、未熟な男性性。

女性性ではありません。

 

そして、そのままの自分では得られない・与えられないという無価値観から起こることなのです。

 

 

 

 

女性性を開き、成熟していくことは、
そのままの自分ですでに愛され与えられていることを知っていること、
そして、それを歓び受け取って、ただただ歓びを溢れさせることなのです。

 

 

 

 

この数年、女性性が注目されていますが、
どこかはき違えてみえないかしら?と思うこともあり、
むやみやたらに動き、疲れますます迷子になっている方がみうけられます。

 

これでは自分を擦り減らし、豊かさも愛も遠のいてしまいます。

 

もしそうなら、立ち止まり、ご自分を感じ大切にしてあげてくださいね。

 

 

「何もしない」

そこにある豊かさを受け取れた時、
豊かさと愛の扉が開くのですから。

 

 

 

 

 

 

あと2名様のみお席がご用意できます。

 

11月1日
光の庭 新月のお茶会(名古屋)

詳細はこちら 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。