【 神旅 】 京都へ、そして出雲へ

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。


皆さん、いかがお過ごしですか?

 

さて、私は神旅から帰ってきました。

 

今回は、前世の記憶を確認するために京都へ。
そして、出雲の神様へご挨拶に出雲大社へと行ってきました。




二日間という短い時間でしたが、
ほんとうに清らかな愛と光があふれた幸せな時間で、
神様といることが、しみじみしみじみ・・私の魂の幸せだと実感しました。

 

 

 

 

先月の伊勢神宮への参拝をしたときに、
「今度は出雲の神様にもご挨拶しにいかないと」と思い、
気づけば、ちょうど3週間後には出雲に出かけていました。

 

 

 

基本、引きこもりな私にしては珍しいことなのですが、
神様の導きには、さっと動けるのだと実感もしています。



それは、「動けないのは動かなくていい」という導きでもあるから。

それを、みんなは動いている、行動している、人に会っていると『比較』となると、
動けない自分を無理に動かし導きに反することをすることになって、
魂の幸せからズレていってしまうのだとも実感したのです。

 

 

 

 

 

京都、出雲の旅は友人としてきました。



友人も霊的感度が高い人。
その彼女と共にする今回の旅は、
天の意図があるのだろうと感じていました。


そして、それは旅の前日から起こり、
幼い霊を天国に帰すというお役目を私に采配してこられました。

 

 

 

 

実は、友人が体調を崩し、
なにかおかしいと思い霊視したところ、

彼女の部屋に幼い霊が迷い込んでいたのです。

旅の前日に、まさか迷える霊を神様とともに天に帰すお仕事をすることになろうとは。。。


そして、この時もまた瞬時に動きお役目をしていました。

 

 




魂で決めてきたことは、
ほんとうに動けるものです。
動かされます。



思考の枠を超えたところで知らないうちに自分を活かせているものです。

 

 

 

 

 

そして、今はこんなふうに書いている私ですが、
京都で落ち合った友人からは、
「ちゃんとその凄い霊能力を受け取るように」と言われたのです。



除霊の話をしたところ、除霊後、身体が回復したこと、
その土地であった事故のことなどから、
以前から幼い霊を感じていた彼女は、除霊は凄いこと。

これは「受け取るように」と伝えてくれたというわけです。

 

 

 

 

 

才能のお話を皆さんにしながら、
私自身もまだまだ自分の才能を受け取れていなかったわけです。

 

 

そうですよね。。。
霊視して迷っている幼い霊がいるなんて普通はわからないし、
それを天に帰すなんてことも普通はできないことですもの。。。

 

 

これぐらい、私も受け取れていなかったのです。


でも、
受け取れていなくても、その場になれば、なぜか出来てしまう。


それが、魂が決めて来たお役目であり、

魂がしたいことなのだと思います。

 

 

 

※私の場合は霊能力ですが、皆さんにも必ずそういった才能あります。
どうぞ、気づいて受け取っていってくださいね。

 

 

 

 

 

 

そんな旅のスタートの中、京都は御所へ。

 

過去世で思い出したことがほんとうかどうか確認をしたかったのです。

 


その地に実際に立つことで、
土地のエネルギー、空間のエネルギーで魂の記憶が呼び覚まされると思ったからです。

 

 

 

そして、思い出しました。
1000年以上前の過去の私をそこに感じ、
今生の私としっかり繋げることができました。

 

 

ずいぶんとお転婆で周りの大人たちの手を焼かせていたこと。
でも、とても愛されていて純粋で真っ直ぐで好奇心旺盛で、
天の声、精霊の声、花や木々の声を遊ぶように伝えていた子供でした。

 

でも、わずか5歳でこの世を去っています。

 

 

 

 

実際に行き、その場所で思い出せてよかったです。
どこかで本当?と疑っていたことが、
リアルに腑に落ち、遥か過去の自分と21世紀に生きる自分が繋がったのですから。


あの時の私が成しえなかったこと、
今生ではやっていこう!

そして、あの頃のように無邪気に楽しもう!そう思いましたから。

 

 

 

 

 

そして、これは皆さんも同じ。

 

 

誰もが何度も何度も生まれ死ぬことを繰り返し、
女も男も経験し、
あらゆる国であらゆる人生を経験してきた魂の存在であること。



それは、数十年の経験しか持たない私たちではなくて、
何百年、何千年の経験を持つ素晴らしい存在の私たちなのです。

 

 

お互い、なんて素晴らしい存在なんでしょう!

しみじみ そう思います。

 

 

 

過去世を思い出している方があれば、
機会があれば、ぜひ、その地に立ってみてください。
ご自分の命、魂の営み、その素晴らしさを受け取れると思いますから。

 

 

 

なんだか長くなってしまいました。

出雲のことは、次回のお話にしますね。



私の拙い気づきにお付き合いくださってありがとうございます。

あなたの才能が花開きますように。

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

除霊のご依頼はお受けしておりません。
どうぞご了承ください。