愛を選びたいのに出来ないあなたへ。

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。



このところ、セッションを終えた方々から、
その後のご報告をいただいていて、
とても嬉しく思っています。

 


それは、ご自分の幸せだけでなく、
お子様やご主人様にも幸せの循環が生まれていて、
さらに、ご両親にまで幸せが広がっているとお知らせくださっているから。



「まるで、奇跡のようです。」


そうおっしゃる方もあり、
人の可能性は無限だと改めて実感しています。

 

 

人は愛に繋がると奇跡が起こるのです。

ほんとうに。

 

 

 

 

さて今日は「愛を選びたいのに愛を選べないのはどうしてでしょう?」

そうご質問をいただきました。

 

 

 なので、今日はそのお返事も兼ねてお話をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

「愛を選びたいのに愛を選べないのはどうしてでしょう?」




どうしてだと思いますか?

 

 

まず、お聞きしたいのは、

愛を選べない自分をダメだと否定してはいませんか?

 

 

 

そして、

 

愛を選べなくていいのです。



人生には、そんな時もあるものです。



愛を選べない自分もそのままでいいと受け入れてあげましょう。


 

 

 

 

 

そして、

愛を選べない時というのは、



愛以外の他の感情が心にある時。

 

 

心を覗いてみると、愛以外の感情がありませんか?

 

 

 

 

 



怒りであったり、



悲しみであったり、



嫉妬や口惜しさであったりと、

 

 

”ネガティブ感情”があるのではないでしょうか。

 

 


そしてまた、
これらの感情をいけないと否定していませんか?


 

 

 

 

 

愛は自分の中から生まれるもの。

 

 

 

そして、
ネガティブと言われる感情もまた自分の中から生まれるもの。

 




自分の中から生まれてくるものに良い悪いはありません。


どれも素直な感情なのですから。

 

 





でも、愛ならば受け入れ、

そうでないと否定する。

 

 

 

愛を生み出す自分は愛せるけど、
ネガティブ感情を生み出す自分は否定している。

 

 

 

 

 


愛が生まれない原因はこれ。


自己否定。



心の中で、
ネガティブ感情があることを否定してしまうから、
愛が生まれなくなるのです。

 

 

 

 

 

 

セッションでよくお話することに、

 

「ネガティブ感情は生まれてもいいんです。
素直な感情ですし、生まれたのですからそれでいいんです。
そんな自分もいいんだって そのまま受け入れてください。」

 

そうお伝えするのです。

 

 

だって、生まれてきたのですから。

仕方ないです。

 

 

 

 

 

赤ちゃんや小さい子供を見てください。

 

怒っている自分を否定していますか?

 

悲しみも拗ねるのもそのまま。

 

ありのまま泣いたり怒ったり、寂しかったら甘えてきます。

彼らに自己否定は無いのです。

 


自己否定が生まれるのは、
親にそのままの自分を否定されたり怒られた時なのです。

 

人は、そもそも自己否定を持っていないのです。

 

 

 

 



ネガティブ感情もOKできると、
心と身体が楽になります。


なぜなら、自分をまるごと愛しているから。


そして、この楽の感覚が、

愛が生まれている証拠。

 

愛の状態の時、身体は楽なのです。

 





愛を選んでいきたいのなら、
ネガティブな自分もまるごと愛してみてください。

 

 

「怒ってる私もかわいいね。」

 

「嫉妬しちゃう私ってかわいいじゃない♡」

 

「拗ねてる私、子供みたいでかわいいかも♪」

 

こんなふうに声に出して、

自分をよしよししながら言ってあげるといいですよ。

 

 

すると楽になって、

自然に愛が生まれるあなたに戻っていきます。

 

 

 

 

 

 

人間ですもの、いろんな感情が生まれて当然。

それが、この肉体で体験できる楽しみ!でもあります。

なので、魂のお楽しみを否定しないでそのまま楽しみましょう。

 

 

 

 

 

愛の自分でいられないと悩む人は、
大きな愛の持ち主です。


なぜなら、悩まない人もいますから。


なので、悩むならば大きな愛を持っている証拠。

安心してください。

 

 

 

ネガティブ感情もOK。

 



愛に繋がるならば、

奇跡は簡単に起こるものなのですから。

 

 

 

 

こちらも参考に

幸せのヒント集 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。