愛の自分でいたいのに出来ないあなたへ。

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。




このところ、セッションを終えた方々から、
その後のご報告をいただいていて、
とても嬉しく思っています。

 


それは、ご自分の幸せだけでなく、
お子様やご主人様にも幸せの循環が生まれていて、
さらに、ご両親にまで幸せが広がっているとお知らせくださっているから。



「まるで、奇跡が普通のことのように起こっています。」


そう言われる方もあり、
人の可能性は無限だと改めて実感しています。

 

 

ほんとうに、人は愛に繋がると奇跡を起こすものなのです。

 




ご感想の掲載を了承くださった方もありますので、
次回、ご紹介していこうと思います。
どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

さて、

先日のお話「それは愛?それとも欲?」いかがでしたか?

 

 

 

そして、
先日のお話に「愛を選びたいのに愛を選べないのはどうしてでしょう?」

とご質問をいただきました。

 

 

 

なので、今日はそのお返事も含め、

自分を愛するお話をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

「愛を選びたいのに愛を選べないのはどうしてでしょう?」




さて、どうしてだと思いますか?

 

 

まず、お聞きしたいのは、

愛を選べない自分をダメだと否定してはいませんか?

 

 

 

そして、

 

愛を選べなくていいのです。



人生には、そんな時もあるものです。



愛を選べない自分もそのままでいいと受け入れてあげましょう。


 

 

 

 

 

そして、

愛を選べない時というのは、



愛以外の他の感情が心にある時。

 

 

どうでしょう?

心を覗いてみると、愛以外の感情がありませんか?

 

 

 

 

 

 

それは、



怒りであったり、



悲しみであったり、



嫉妬や口惜しさであったりと、

 

 

”ネガティブと言われる感情”があるのではないでしょうか。

 

 


そしてまた、
これらの感情があってはいけないと自分を否定していませんか?


 

 

 

 

 

愛は自分の中から生まれるもの。

 

 

 

そして、
ネガティブと言われる感情もまた自分の中から生まれるもの。

 




自分の中から生まれてくるものに良い悪いはありません。


どれも素直な感情なのですから。

 

 





でも、愛ならば受け入れ、

そうでないと否定する。

 

 

 

愛を生み出す自分は愛せるけど、
ネガティブ感情を生み出す自分は否定している。

 

 

 

 

 


愛が生まれない原因はこれなのです。


自己否定。



心の中で、
ネガティブ感情があることを否定してしまうからなのです。

 

 

 

 

 

 

これは、セッションをしていてよくお話すること。

 

「ネガティブ感情は生まれてもいいんですよ。
 素直な感情ですし、出て来たんですから仕方ありませんよ。
 ですから、否定しないで、
 そんな自分もいいんだよって そのまま受け入れてください。」とお伝えするのです。

 

 

だって、出てきちゃったのですものね。

仕方ないです。

 

 

 

 そして、

「赤ちゃんや小さい子供は怒っている自分を否定していますか?
 悲しみも拗ねていることもそのまま。
 ありのまま泣いたり怒ったり、寂しかったら甘えてきますよね。
 だから、赤ちゃんや小さい子供お手本にしてくださいね。」と。

 

 

 

 




ネガティブ感情の自分にOKすると、
不思議と心と身体が楽~になるはず。


なぜなら、それは自分をまるごと愛することだから。


この楽~の感覚が、

愛が生まれている証拠。

 

愛の状態の時、身体は楽なのです。

 





愛を選んでいきたいのなら、
ネガティブな自分もまるごと愛してみてください。

 

 

「怒ってる私もかわいいね。」

 

「嫉妬しちゃう私ってかわいいじゃない♡」

 

「拗ねてる私、子供みたいでかわいいかも♪」

 

こんなふうに声に出して自分に言ってあげるのもいいですよ。

 

 

これをすると楽になって、

自然に愛が生まれてきますから。

 

 

 

 

 

 

人間ですもの、いろんな感情が生まれて当然。

それが、この肉体で体験できる楽しみ!です。

なので、魂のお楽しみを否定しないでそのまま楽しみましょう。

 

 





そして、ネガティブ感情が生まれるということは、
自分が望んでいないことが起こったということ。

魂の愛の方向ではないということ。




なので、

自分が望んでないものがクリアになることで、

ほんとうに望んでいることがクリアになるということなんです。

 

 

↑ 自分が望んでいることがわからない、

魂の望む方向がわからないという方がいますが、

ネガティブ感情から見つけることできるんです。

 

 

 

 

 

愛が選べないと悩む人は、
大きな愛の持ち主です。


だって、現実には悩まない人もいますよ。

 

愛じゃないこと平気でする人いるでしょう?


なので、悩むことじたいが大きな愛がある人。

安心してくださいね。

 




そして、ネガティブ感情があってもいいんだと思えたら、

 

 


「怒ったということは、私の幸せじゃないってことだから、

 じゃあ、ほんとうはどんな世界が私の幸せなのかな?」

 



「悲しかったということは、大切に思ってることを大切にされなかったからだな。

 なら、私はどんなことを大切にしたいんだろう?」

 

 

 

「私の望みを叶えるためにできることって何があるかな?」

 

 

 

 

こんなふうに 自分の幸せの種を見つけて進んでみてください。

 

 

 

ネガティブ感情もOK。

 



愛に繋がるならば、

奇跡は簡単に起こるものなのですから。

 

 

 

 

こちらも参考に

幸せのヒント集 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。