良縁・悪縁。良縁を見極めていきましょう

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、ご縁のお話をしていこうと思います。

 

ご縁は、大切にしたいですね。

 

そして、適切な距離を取ったほうがいい縁や、

終えていくほうがいい縁もあります。

 

 

 

 

セッションでも、

人間関係が幸せを阻んでいる時は、

「ご縁を終わらせていきませんか?」とお話しています。

 

ご縁を終えることで幸せになることも、

実に多いことなのです。

 

 

 

 

縁には、

 

大切に育てていく『良縁』と

 

手放し終えていく『悪縁』があるのです。

(あえて悪縁とさせていただきます。)

 

 

 

 

手放すと、空間が生まれます。

幸せには、その空いた空間に、『良縁』を引き寄せることが大切です。

 

 

 

 

 

セッションして感じることに、

 

『悪縁』を手放せない人がいる、ということ。

 

優しい人・思いやりのある人と言われる人ほど手放せません。

そして、それが原因で幸せを阻んでいます。

 

 

 

 

優しい人ほど、

 

「むげに突き放せない・・」

「私が支えてあげないと・・」

「私が見捨てたら・・」

 

こう言われます。

 

でも、現実は、そこにつけ込まれているのです。

 

そして、目には見えないのですが、

生命力や運まで吸い取られているのです。

 

これが、幸せを阻んでいる原因です。

 

 

 

 

 

『仏の顔も3度まで』

 

日本には良いことわざがありますね。

 

仏さまでも3度まで なのです。

 

 

でも、3度どころか、何度も関わっていませんか?

 

「むげに突き放せない・・」

「私が支えてあげないと・・」

「私が見捨てたら・・」と。

 

 

 

 

 

 

 

ご縁で大事なことは、

『人付き合いの基準』を明確にしておくこと。

 

仏の顔も3度までと、自分の幸せ基準を持つことです。

 

人付き合いの基準を明確にできると、自分の幸せも明確にできます。

 

(逆もしかり。自分の幸せを明確に出来ると、人付き合いも明確にできます)

 

 

 

 

 

 

 

どんな人と一緒だと幸せを感じるのか?

 

そして、どんな人と一緒だと不幸せなのか?

 

今までの人間関係を棚卸しましょう。

幸せ基準を明確にしておくのです。

 

自分の幸せ基準を知っていると、

良縁か悪縁か、情に流されることなく見分けられます。

 

 

 

 

 

 

 

世の中には、いろんな人がいます。

 

魂の視点で観るなら、

あらゆる経験を積んだことで、

相手の立場に立ち、思いやりや良心から行動できる魂の人もいれば、

 

経験も気づきも未熟なため、

自己中心的で良心の育っていない魂の人もいます。

 

また、相手の生命力・運・財産を奪ってやろうという魂レベルの人も残念ながらいます。

 

 

 

 

それは、幼稚園生の魂もいれば、

大学院卒業の成熟した魂もいるということ。

 

あらゆるレベルの魂がこの世界にいて、それが社会となっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

優しさは、とても素晴らしい資質だけれど、

 

過ぎてしまってはいけません。

 

あらゆる魂のレベルが混在するこの世界ですから、

 

自分が望む幸せを創造していくためには、人を見る眼は大事なのです。

 

 

良いご縁を見極めて、どうぞ大切に育ててください。

 

 

 

セッションはこちらを。
個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。