女性性開花は、ただ女性である自分を愛おしむこと

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

 

 

 

さて今日は、女性性のお話をしていこうと思います。

 

ここ数年、女性性が話題になることが多くなりました。

 

また、女性性開花のセミナーなども増え、

その増え方に驚きつつ世の中を見ています。

 

 

 

そして、情報が多いせいでしょうか、

情報に翻弄され自分を見失い、

女性性開花をしなければと無理な行動をされている方もみうけられます。

 

本来、女性性開花は自分を愛おしむとても豊かで心地いいもの。

 

ですが、現状は、愛おしむどころか自傷では?と感じる逆の行動をしていることも。

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

自分を大切に心地よく女性性開花 されていますか?

 

私の経験からお話させていただくと、

 

女性性開花は、

 

おひとりおひとりの美しい花がゆっくりと開いていく感じです。

 

それは、その方独自の香りがふんわり香るような花ひらく感じ。

 

または、豊かな温泉のお湯が静かに優しく大きく広がっていくようでもあります。

 

イメージできるでしょうか?

 

 

 

 

私は、子宮に灯りを灯すことを中心に、

 

女性性開花ワークやセッションをしています。

 

皆さん、お花がゆっくり開き、

豊かなお湯が静かに優しく広がっていくような開花をされています。

 

その時間は、滋養に富んだ至福そのものです。

 

なので、もしこういったものとはかけ離れているのなら、

ご自分を無理させる方向になっているのかもしれません。

 

 

 

 

女性性は歓び。

歓びだけですから。

 

女性性を開花していくのは、とても簡単です。

 

女性である自分を丁寧に愛おしんでいく。

それだけなのです。

 

愛おしむのですから歓びしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

これは私の体験ですが、

以前、あるセクシャリティ専門のヒーラーの方に、

「何事も経験だから、飛び込んでみては?」とアドバイスされたことがあります。

 

でも、私はアドバイスを受け取りませんでした。

なぜなら、それをすることが心地いいとは感じなかったからです。

 

女性の幸せは、心地いいと感じる方向にありまから。

 

女性性の心地よさ、歓びを知っていると、幸せにならないものが分かるのです。

 

 

 

 

子宮に灯りを灯し、

すでに自分の中に歓びも豊かさも心地よさもあると感じられていると、

やって来たものが自分らしい幸せを創り出すものかどうかわかるのですね。

 

 

 

 

女性性は、受け取ること。

 

女性性を開くというのは、

ただただそのままの自分で豊かに愛され与えられることを知っているということ。

 

 

 

 

頭(思考)ではなく、

心と身体の感覚として、

そのままで愛されることを知っている状態なのです。

 

なので、与える性である男性が与えたくて集まって来ます。

 

自分から取りにいくことも、

競争したり駆け引きをして勝ち取る必要はないのです。

 

ただ咲いているお花に蝶が来るように、惹きつけられて来るのです。

 

 

 

 

女性性開花。

 

頑張ることは逆効果です。

 

まずは、ゆったりとご自身の子宮スペースに寛いでいきましょう。

 

自分を愛おしむ時間を楽しみましょう。

 

女性である自分を愛おしめば、女性性開花はしていきますから。

 

 

 

個人セッションはこちらです。

個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。