女性性開花は、ただ女性である自分を愛おしむこと

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、女性性のお話をしていこうと思います。

 

ここ数年、女性性が話題になることが多くなりました。

 

また、女性性開花のセミナーもすごく増えていて、

 

その増え方に驚きながら世の中の動きを見ています。

 

 

 

 

そして、情報が多いせいでしょうか、

 

情報に翻弄され、開花をしなければと「~すべき」思考になり、

 

無理な行動をされている方もみうけられます。

 

 

 

 

本来、女性性開花は自分を愛おしむ豊かで心地いいもの。

 

でも、愛おしむどころか自傷のような行動をしている方もあり気になります。

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

自分を愛おしみながら心地よく女性性開花 されていますか?

 

 

 

 

私の経験からお話させていただくと、

 

女性性開花は、自分という花がゆっくりと開いていく感じです。

 

また、私と共に女性開花していった女性たちは、

 

その方独自の香りがふんわり香るように開いていかれる感じであったり、

 

温泉のお湯が豊かに静かに優しく大きく広がっていくようでもあります。

 

イメージできるでしょうか?

 

 

 

 

もし、心地よさもなく、こういったイメージとも違うのなら、

違う方向になっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

女性性は歓び。

 

歓びだけです。

 

女性性の開花は簡単です。

 

女性である自分を愛おしんでいく。

 

それだけですから。

 

愛おしむのですから歓びしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

私の体験をひとつ。

 

以前、ある著名なセラピストの方に、

 

「何事も経験だから、飛び込んでみては?」とアドバイスされたことがあります。

 

でも、私はアドバイスを受け取りませんでした。

 

なぜなら、それをすることが心地いいとは感じなかったからです。

 

幸せは、心地いいと感じる方向にあります。

 

特に女性性の心地よさや歓びを知っていると、幸せにならないものがよく分かるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

女性性開花は頑張ることは逆効果です。

 

まずは、ゆったりとご自身の子宮スペースに寛いでいきましょう。

 

自分を愛おしむ時間を楽しみましょう。

 

女性である自分を愛おしめば、女性性開花はしていきますから。

 

 

 

セッションはこちらをどうぞ。

個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

しあわせのヒント集

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。