【子育て】頼りないお母さんだから。頑張らなくてもそのままで愛されているのです。

 

 

花ひらき
今ここを天国に。


先日のお話のお母様から、
今朝、メールが届きました。

 

 


・・・・・・



昨日、子供と話をしました。
思い切って、
「頼りないお母さんでごめんね」と子供に言ってみると、
「それがお母さんじゃん。そこが可愛いんでしょ。」と言われました。

 

 


その後に、「抱っこ」って言ってきたので、
久しぶりに抱っこをしたら
忙しさからゆっくり子供と触れ合えていないことに気づきました。
ただ、子供を抱いているだけで幸せでした。

 

 


直子さんの罪悪感があると

愛を受け取れないっておっしゃっていた意味わかりました。

 

 


「抱っこ」って言われて自然にしていました。
以前は、忙しいからとかめんどくさいと思ってしないと思っていたんです。
でも、それは子供からの愛情を受けとらないことをしていたんだと気づきました。
受け取るのが怖くて避けていたんです。

 

 


勇気を出して、自分から受け取ると腕を広げていく。


こういうことなんだと思いました。
子供が素直に抱っこっていうのは、
自分から受け取りにいっている自然な姿なんですね。

 

 


直子さんの「子供が先生」と言ってたこともわかりました。
思い切って、子供に話してよかったです。
直子さん、ほんとうにありがとうございます。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

先日書いた、対話のお話も読んでくださって、
お子さんと対話しようと思ったことも書いてありました。

 

 


Mさん、ありがとうございます。
頼りないお母さんが可愛いんです♡

 

 


完璧なお母さんより、
頼りないお母さんであることが子供さんの幸せだったのではないかな?

 

 


すでに愛はありましたね。
あること体験できてよかったです。

 

 


そして、子供は親にとって「先生」です。
教えることより教えられることのほうが多いものです。

 



感情解放も世界を楽しむことも子供が先生です。
親は、忘れてしまったそのことを子供を見ながら思い出していけばいいのです。

 

 

 

そのことがわかると、親はゆるむことが出来て

子供をコントロールしようなんて、
まったく必要ないこと実感できていきますから。

 

 

 


宝物、見つけられましたね。
これからは宝物を持っているMさんで、さらに望む夢、叶えていきましょう!

 

 

 

 

 

子供は親を選んで生まれてきます。
そして、私自身も子育てをしてみて、
親は子供によって育てられると実感しています。

 

 

 


時に、親の生きづらさを癒してくれる存在にもなってくれ、
子供が親に与えてくれる無条件の愛は

天からの贈り物ではないかと思うほどです。

 

 

 


魂のレベルでも、すでに親を超えている魂であることが多く、
親が何かを子供に教えるものではなのだろうなとも思うのです。

 

 

 

 

(親である自分が完璧かどうか?と思ったら

恥ずかしくて教えれないな~と私は思うんです。

だからこそ、対話がとてもいいのです。)

 

 

 

 

 

 

愛に気づいていくには、
罪悪感など愛を気づかないようにしているものに
気づいていく必要があります。

 

 


そして、
誰もが既に愛されているということを受け入れていくことも大切なこと。

 

 

 


頼りなくても、
完璧でなくても愛されている。

 

 


むしろ、完璧でないほうが愛しやすいのです。

 




こんなことを心の隅に置いておくだけでも、
日々の中で大切なこと、気づいていけるのではないかと思います。

 

 


Mさん親子のことから、
何かしら思うこと気づくことがあれば幸いです。

 

 

 


Mさん、ブログでのご紹介させていただいてありがとうございます。
楽しんで進みましょうね♡

 

 

 

こちらもどうぞ

進化した魂の子供たち

 

生まれてきた理由がわかる本

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

幸せのヒント集

 

 

 

 

 




花ひらき
今ここを天国に。