【ワーク】困った人間関係を改善する方法

 

※2017、11,8に加筆修正しました。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 


気温がぐんと下がり寒くなってきましたね。
そして、今年もあと2ヶ月。
2ヶ月後にはニューイヤーです。

 

 

どんな2015年の締めくくりにしますか?
どんな2016年のスタートにしたいですか?


さて、そんな時ですので、
悩んでいる人間関係を改善したい、

そう思っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

そんなこともあり、
今日はワークをひとつご紹介したいと思います。

 

 

とても深い癒やしや気づき起こるワークです。

 

気がかりな関係や大切にしたい関係をより深く豊かに変容させていけますので、
トライしてみてください。

 

 

 

では、ワークをご紹介します。

 

 

 

********

 

 

ゆったり椅子に腰掛け、
深呼吸を何度となくしてリラックスしてから始めてください。

 

 

 

1、あなたが対立を改善したいと思っている人のことを思い浮かべてください。

 

その人と対立した時の状況を思いおこしたり、

その人が今、目の前に立っているところを想像したりしてください。

 

 

何か見えますか?

心の中でどんな会話を交わしているのが聞こえますか?

 

あなたの気持ちを書きとめてみましょう。
ではここで、自分の身体を抜けだして、今の気持ちを忘れましょう。

 

 

 

 

2、次に、対立している相手の立場に立ってみましょう。
バーチャル・リアリティのヘッドギアのように相手の頭をかぶったところを想像してもいいでしょう。
または、かぶりもので相手の頭をかぶるようなイメージでもいいでしょうね。

 

 

相手の目をとおして見た世界はどのように見えますか?

 

その同じ目であなたの方を向き、あなた自身も見てください。
相手はふたりの状況をどう見ているでしょう。

 

相手の立場に立って見ると、どんな気持ちになりますか?

 

ではここで、かぶった相手の頭を外し相手の気持も横に置きましょう。

 

 

 

 

3、今度はあなたが尊敬するような知恵と知性の持ち主を思い浮かべてください。
友人でも、頼りになる師でも、歴史上の人物でもいいですよ。
その人になったつもりで、あなたと相手のやりとりを見ているところを想像します。

 

 

あなたと対立している相手の両方が見える位置に移動しましょう。

中立の第三者として、その人はこの状況をどう捉えるでしょうか。

『そこのふたり』に起きていることを観察してください。

 

 

ふたりは何をしていますか?
どんなことを言い合っていますか?


賢い師の目を通すと、どんな洞察が得られますか?
賢い師は、どんなアドバイスをするでしょう?

 

 

 

 

4、最後に、今悟ったことを念頭に置いて、自分自身の立場に戻りましょう。

そして、対立している相手を新しい見方で眺め、

円満な解決に向けて出来ることを少なくともひとつ見つけましょう。

 

 

 

 

(NLPのポジションチェンジワークから)

 

********

 

 

 

 

私たちは互いを理解することがほんとうにできるのでしょうか?



理解していると思っているだけで、
ほんとうは理解できていない。
それがほんとうのところなのだと思います。

 

 

 

自分の視点だけでは、

理解し合えていると思い込んでいるだけで、

 

すれ違いや喧嘩になってみて初めて、

理解されていないと相手が感じていたことや、
大切にされていないと思われていたことに気づくのではないでしょうか?

 

 

 

 

私たちは理解し合うことは難しい。


だから、思いがすれ違うことも起こる。

喧嘩になることもあって当然なのです。

 

そして、それでいいのです。



そして、

そこから、理解していこうと一歩歩み寄る。



相手を理解しよう。

 

大切なあなただから、

もっと理解していきたい、

幸せな関係を育んでいきたいと近づいていく。



それでいいのだと思いますし、

それが関係を育てることで、信頼を育てることだと思います。

 

 

そしてまた、このプロセスが自分と相手の成長となり成熟になるのだと思うのです。

 




人はそれぞれ大切にしている価値観や思いがあります。


育ってきた環境などもまったく違いますから、


『自分とはまったく違う人』という視点を持って、
(パートナーシップでは、男女の違い(脳の構造も違います)もありますから)


相手の立場にも立って、

相手の目を通して見てみることで、

相手の大切にしている価値観や思いがわかる。

 

 

食い違いや喧嘩になった原因もよくわかり、

望む関係を育むにはどうすればいいのか気づいていけるのです。

 

 

 

 

 

このワークは、相手の立場に入って相手の目から見ることで深く理解するもの。


ここでは対立する相手としましたが、

より仲良くなりたいと思う相手でも、
新しい視点が得られより親密感がますことも起こります。

 

 

また、亡くなった方をお相手にした場合は深い癒やしが起こってくるでしょう。

また、子供の頃の自分に戻り(過去に戻り)、

親と子供の自分とふたりを見守る大人の自分でワークをしても、

深い癒やしが起き記憶が新しいものに書き換えられることも起こります。

この「過去を変え・・」のお話がそうですね。

 

 

 


あなたの心に浮かぶ人でぜひしてみていただければと思います。


 

  

 

このワークの素敵なところは、

ほんとうに相手の立場になり考えることができた時、
自分の中に優しさや愛があることを感じられること。

 

そして、相手に優しさで愛で関わっていこうと思えるように変容できるところなのです。

そして、なぜか相手も変わってしまう、そんなミラクルも起こるのです。

 

 

 

 

 

 

あなたはどんなあなたで人と関わってきたいですか?

どんな人間関係を持ちたいですか?

 

そのためにあなたが出来る愛の選択は、どんなことがありますか?

 

 

 

 

そんなことも思いながら、
幸せな人間関係のためにワークしていただければと思います。

 

 

 

 

こちらの本もお勧めです
愛を伝える5つの方法

 

 

こちらも合わせてどうぞ
しあわせのヒント

 

 

個人セッションこちらから

ソウル・コーチング 

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。