友人という悩み 自分の幸せ基準を作る

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

8月の終わりだというのに、

随分と涼しくて秋の空気ですね。

 

 

 

ブログもご無沙汰してしまってごめんなさい。

身体のメンテナンスをと思い、

東京まで友人セラピストの施術を受けに行ってきました。

 

 

友人セラピストは、

リラクゼーション催眠というオリジナルのセッションをしていて、

催眠で身体をコアから緩めてくれるのです。

何より、催眠で潜在意識までアプローチするので心も緩んで心地いいのです。

 

今回も、潜在意識の浄化まで出来て、いろんなことが軽やかになりました。

 

 

 

 

 

エネルギーを繊細に感じる私は、

誰のセッションでもいいということが出来なくて、

安心して委ねることができる唯一のセラピストが友人です。

 

彼の無意識の透明さに安心して委ねられるのです。

 

そんな頼れる人がひとりでも居てくれる心強さは計り知れないもの。

いつもつくづく思うことです。

 

 

 

そんなこともあり、

今回は、「友人」という人間関係のお話をしようと思います。

 

ちょうど先日、facebookにもこんなことを書いたのです。

 

 

 

 

*****

 

 

友人関係の悩み、よく聞きます。

 

聞いていると、

 

「みんなと仲良くしましょう」

 

「友達いっぱい作りましょう」って、

 

学校の標語ならぬ思い込みに支配されていること多し。

 

 

 

みんなと仲良くなんて無理なこと。

 

友達いっぱいも人によっては辛いのでは?

 

 

 

それに、友達といっても人によって友達の基準が違うもの。

 

みんなが同じ基準で友達としてるわけじゃない。

 

顔見知り、知人。友人。親友。仲間とカテゴリーもいろいろある。

 

 

 

自分の基準がないと、悩みを持ちやすい。

 

悩むのは、自分らしくない選択を無理してしようとしてるから。

 

自分に無理させてるから悩む。

 

 

 

俳優の松ケンが「家族と仲が良かったら、他人に嫌われてもいい」って言ってて、

 

これぐらい自分の幸せの形がクリアになっていて、

 

大切な存在が誰なのかわかってることは、

 

エネルギーを何に注げばいいか明瞭だし、幸せだと思う。

 

 

 

人生の時間も、エネルギーも有限だから、

 

どう使うのが自分らしい幸せになるのか決められるといいね。

 

 

 

*****

 

 

 

 

この投稿、多くの方にタイムリーだったのか、

コメントや個人メッセージを何人もの人からもらいました。

 

私も、少し失礼では?というメールをもらい、

改めて「友人の基準」を考えていたのです。

 

 

 

私にとって失礼と感じる時は、

 

・相手の一方的な価値観で批判される

・個人の大切な場所にまで無遠慮に入ってくる

・自分の要求を相手の状況を考えること無く求める

 

こういうことが起こっている時。

 

 

 

これを構図にすると

 

自分 < 相手

 

 

 

「友人」「友達」と簡単に口にするけれど、

 

私は、

 

自分=相手 の関係が心地よくて好きです。

 

 

なので、対等さがある関係を「友達」としています。

 

そしてまた、関係をより良いものに育てていこう、

そんな関わり方を意識している人を友達と思っています。

 

 

 

 

 

なので、

そうでない人や、

自分が得ることばかり考えている人とは適切な距離を取るようにしています。

 

なぜなら、その選択が私の心地良い幸せを創るからです。

 

 

 

 

でも、この基準でお付き合いをし始めた頃は、

心はざわざわ、とても怖かったです。

 

嫌われたらどうしよう。

影で悪口言われたら、、と。

 

(そして、同時にそういう人を受け入れられない自分を責めてもいました。

これは、また別の機会に書いていきますね。)

 

 

でも、

私が私の幸せを選ぶことで嫌う人・悪口を言う人と一緒にいて幸せかしら?と思ったら、

やはりこの選択で自分の世界を創造しようと思えたのです。

 

 

 

 

 

 

人をコントロールしようとする。

悪口や批判をいう。

相手の選ぶことを尊重できない。

自分が得ることばかり要求する。

 

 

 

よく考えてみると、幸せな人はこういうことはしないものです。

 

こういうことをするのは幸せではないからなんですね。

 

そして、幸せでないのは、その人自身が向き合い解決することで、

こちらが解決してあげることではないのです。

 

 

そう理解できると、やはり距離を取ったほうが良いことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

世の中には、いろいろな人がいます。

 

価値観も違うし、世界の見方も、お付き合いの仕方も人それぞれ。

 

自分を幸せにするのが上手な人もいれば、そうでない人もいます。

 

そして、ひとりひとりが選択という力を持っています。

 

何を選び、何を行動してもいいのです。

(自己責任が伴いますけど)

 

 

 

 

なので、自分の幸せってどんなものだろう?と考え、

それに沿った選択をしていくことが幸せを創ることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとっての心地いい友人関係って、どんなものですか?

 

 

何かしら悩むことがあるならば、

あなたが心地よくいられる基準を考えてみてくださいね。

 

 

私の基準、

よかったら参考にしてください。

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。