感情は望みを教えてくれるサイン

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

新しい一週間が始まりました!

 

お盆休みが終わり、今日からお仕事という方も多いと思います。

 

充分に休息できましたか?

エネルギーも変わってきますから軽やかなマインドでスタートしてくださいね。

 

 

 

 

そして、お仕事だった方は、

ご自分に「よく頑張った!」と褒めて労ってあげてくださいね。

 

休日の中、働いてくださる方がいてくださるから世の中が回っているのですから。

有難いことだと感謝しています。

 

 

 

 

さて、私はというと、

天とガイドと話し、いろいろ反省しつつ、

新しい目標を決め、一歩進むことができました。

 

自分の魂の望みに向けて一歩進めることができました。

 

ちょっと安心&進めた自分によくやった!です。

 

 

 

 

 

 

この『魂の望み』、とよく聞かれるのです。

 

どうしたら『魂の望み』がわかりますか?と。

 

 

 

 

皆さん、難しく思ってみえるようなのですが、

 

実は、とっても簡単にわかります。

 

悩んだり苦しんだりしていることが教えてくれているんです。

 

 

 

 

私たちは、悩んだり、怒ったり、泣いたり、喜んだり、安心したりといろんな感情が湧きます。

 

この感情がサイン。

 

感情は、魂が望んでいるのはこちらだよと教えてくれているのです。

 

 

 

 

喜んだり、安心したりのポジティブな感情はサインだと理解できると思いますが、

 

悩んだり、怒ったり、悲しんだりのネガティブな感情がサインだと思えないかもしれませんね。

 

でも、ネガティブな感情もサインなのです。

 

魂の望みを教えてくれているサインなのです。

 

 

 

 

ネガティブな感情は感じたくない。

 

ネガティブな感情はあってはいけない。

 

こう思っていると、サインと気づかないでしょう。

 

サインとして、感情を活用するには至らないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

どんな感情にも役割があります。

 

その役割のひとつが、魂の望み(幸せ)はこちらだよと差し示してくれているのです。

 

 

 

 

感情を認めて、

 

感情が起こったきっかけを紐解いていくのです。

 

 

 

 

悩んだり、怒ったり、悲しんだりするのは、

 

ほんとうはこうであったら嬉しいという望みが叶わなかったから、

 

悩み、怒り、悲しんでいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

望むものがある。

 

でも、望みが叶わないから、

 

悩み、怒り、悲しみになっているのです。

 

 

 

 

ネガティブな感情が湧いてきたら、

 

望みを知るチャンス。

 

望みを知り、その望みを叶えるために出来ることは何か考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

自分らしい生き方(幸せ)をしている時、

 

心地いいです。

 

笑っています。

 

満ちたりています。

 

パワーがみなぎります。

 

自信を感じます。

 

一緒にいる人を自然に笑顔にします。

 

 

 

 

 

 

 

悩んでいる時、

自分に向きあおうとする人は、

その在り方で周りの人を勇気づけます。

 

自分に向き合おうとすると、内側から光が顕れます。

だから、天も手を差し伸べてくれるのです。

 

 

 

 

時々、悩みを人のせいにして、黒いエネルギーになっている人がいます。

 

誰かのせいにすると、自分に返ってくるからです。

自分で自分を蝕むことになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

人のせいにしたいならそれもOKです。

 

人生には、そんな時もありますから。

 

 

 

 

そして、人のせいにすることを選んでいること、

 

その行為は自分に返ってくること、気づけるといいと思います。

 

 

 

 

どんな感情も、自分の望みを明らかにしてくれるサインです。

 

感情が起こったら、チャンスです。

 

向き合っていきましょう。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。