【エネルギー】サイキック・アタックの正体と対処法

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

毎日暑いですね。

体調を整え心地よくお過ごしくださいね。

 

 

 

 

今日は、サイキックアタックのことお話していこうと思います。

 

昨夜、facebookに書いたものをこちらでも。

 

サイキック・アタックに悩まれている方は参考になさってください。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

今日は1日、ある方の想念を何度も感じて、

ちょっと困った・・。

 

サイキック・アタックとも言われもので、

ネガティブな感情・思念が飛んでくるので心地いいものではない。

そして、人の感情を紐解けば、愛されたいという気持ちがある。

 

 

 

 

お寂しいのだろうなと思うのだけど、

これは、その方がご自身で乗り越える課題で私が関わるものではない。

 

そして、本当に愛されたいのは他でもない自分自身に愛されたのだ。

 

他者に求めても、

自分で自分を愛さない限り同じことを繰り返すだけ。

辛い状況から脱することは出来ない。

 

いつか気づかれることを信頼して、この関わりは終わり。

 

 

 

 

サイキック・アタックは、

こちらがスルーすれば相手に返っていきます。

 

特に敏感に感じる方は拒否出来ることを知ってください。

 

幸せだけ受け取ればいいのです。

波動を上げていきましょう。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

サイキック・アタックというと、

アタックという言葉から攻撃のように考えがちです。

 

でも、ネガティブな感情を紐解くと、

愛されたいという寂しさから生まれていることがわかります。

 

 

 

 

これが理解できると、

サイキックアタックしてくる相手を敵視するのではなく、

寂しさを抱える人(弱い人)と捉えることも出来ます。

 

もちろん、敵視したいのであれば、それでもいいのです。

 

ただ、敵視の選択は勝ち負けのパワーゲームを繰り返すことになり、

幸せからは遠ざかってしまいます。

 

 

 

 

そして全て相手が乗り越えていく人生の課題であり、

こちらが対応する必要はない、

受け取らない、関わらない、選択もあるのです。

 

サイキックアタックは、受け取らなければ全て相手に戻っていきます。

 

相手に戻るのですから、

その人は自分が送ったネガティブエネルギーを自らが被ることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

お釈迦様のお話にもサイキックアタックに通じるものがあります。

 

どうぞ。

 

********

 

 

 

 

ある所に男がいました。

 

お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、

 

「どうしてあんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい。」

 

とひがんでいました。

 

 

 

 

ある日、お釈迦様が毎日、同じ道を散歩に出かけているのを知り、

 

男は群衆の前で悪口を言うことを思いつきました。

 

「きっと、汚い言葉で言い返してくるだろう。

 

その様子を人々が見たら、みな離れていくことだろう。」

 

 

 

 

お釈迦様が通りかかると、男は前に立ちはだかり罵詈雑言を投げつけました。

 

お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。

 

弟子たちが、

 

「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」

 

と尋ねても、ただその場に佇んでおられました。

 

一方、男は悪口を言うのに疲れ、その場に座り込んでしまいました。

 

 

 

 

お釈迦様は静かに言われました。

 

「もし、誰かに贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかったとき、

 

その贈り物は一体誰のものだろうか」

 

男は、

 

「そりゃ、贈り物をした者のものだろう」

 

と言い、はっと何かに気づいた顔をしました。

 

 

 

 

お釈迦様は言いました。

 

「あなたは、ひどくののしりました。

 

しかし、私は、そのののしりを少しも受け取らなかった。

 

だから、あなたの言ったことは全てあなたが受け取ることになるのです。」

 

 

 

 

********

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

私は、そのののしりを少しも受け取らなかった。

 

だから、あなたの言ったことは全てあなたが受け取ることになるのです。

 

サイキックアタックも同じなのです。

 

相手のネガティブ感情は相手もの。

 

相手が向き合う課題でしかないのですね。

 

 

 

 

そしてまた、潜在意識の仕組みも、

誰かへの罵りは自分への罵りとしてインストールされるのです。

 

潜在意識には人称の区別がないので、

相手に向けた罵詈雑言は私に向けて言ったことになり、

潜在意識では、罵詈雑言というマイナスエネルギーが溜まり、

幸せになることは難しい・・ということになるのです。

 

 

 

 

幸せな人は、愛や感謝をよく口にされます。

そして、愚痴や批判、悪口を言うことはありません。

 

潜在意識に愛や感謝のプラスエネルギーが溜まるのですから、

幸せになっていくのは当然なのですね。

 

 

 

 

もしサイキックアタックに気づいてもスルーでいいのです。

 

お釈迦さまのお話を思い出してくださいね。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。