罪悪感が手放せないあなたへ そこに愛があるって気づきますか?

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 


私のところは雨。
今日は、お出かけの予定だったのですが変更。
溜まっていたデスクワークをすることにしました。

 

 

 

さて今日は、「罪悪感を手放せないあなたへ」というテーマでお話していきますね。

 

 

 

先日、facebookに、

罪悪感のことでこんな記事をアップしました。

 

 

・・・・・・・・

 

 

罪悪感って愛だね。

 

 

友人が親の役に立てない自分を「申し訳ない」「罪悪感だ」っていうから、

「親の役に立ちたいなんて親思いだね。愛だね。」って答えたんだけど。

「愛?」って驚いてた。

 

 

すぐには受け取れないかもだけど、きっと気づくな。

自分がめっちゃ親を愛してるってこと。

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

すると、犬飼ターボさんも、
ご自身のFBサイトにこう書かれてみえました。

 



・・・・・・・・

 

罪悪感があるから大きな怒りが生まれているんだよね。

罪悪感っていうのは、期待に応えたい、期待に沿いたいという思い。

 

そのために頑張ってるのに、ふざけんな!

と怒りに変わっていくんだね。

 

でも、なぜそんなに頑張っているんだろう?

 

愛しているからだよね。

期待を寄せてくれる人を愛しているから。

 

結局、罪悪感も、怒りも愛から生まれているんだよ。

 


ターボさんのFBサイト

 https://www.facebook.com/turboinukai?fref=nf

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

これを読んで、その通り!って感動していました。

 

 

そして、ターボさん自身がこう書けるのは、
感情開放のプロセスをしっかり体験してきてるからなのだと思います。

 

 

怒りを感じて感じて感じ尽して、
怒りを感じ尽すとその下の悲しみや寂しさも浮上してくるのだけど、
それらを感じ尽していった先にわかることがあるのです。

 

 

それが、
罪悪感も愛だったと。

 

 



私も、ここを体験し尽してきたから言えるのです。
怒りも寂しさも罪悪感も全ての感情の先にあるのは「愛」って。

 

 

 

 

 

初めに書いた私の友人とのやり取りからも、
罪悪感って「愛」だったんだって気づいていただけるのではないかな。

 



怒りや罪悪感を感じるのは、
その相手を愛しているから。

 

 


その人の期待に応えられないから。


その人を幸せに出来ないから。


その人を笑顔にできないから。

 

 


だから、罪の意識を感じてしまう。


愛しているがゆえ なのです。

 

 

 

 

 

だからこそ、
怒りや罪悪感にフォーカスするのではなく、

 

「ああ、愛してるんだ」

「なんだかんだ、愛してるからなんだよな~」って、

 

自分の中にある愛にフォーカスして欲しいんです。

 


すると、楽になりますから。


冷たく固くなってた心があたたかくなっていきますから。

 

 

 

 

 

 

罪悪感を持つ自分を嫌ったり落ち込んだり。

 


自分ジャッジをする必要なんてどこにもないのです。

 

 



あなたはいつも愛せているんです。

 

そして、いつも愛されています。

 

だから安心してほしいのです。

 

 

 

 

 

罪悪感が「愛」だったなんて。

 

 

 

罪悪感を手放すのは簡単です。
ただ、罪悪感が愛だと知らなければ、
なかなか手放せない・・

難しい・・になるかもしれません。

 

 

 

覚えておいてくださいね、
罪悪感は愛だと。

 

 

 

そして、

そのことに気づいたならば、
あなたが見る世界は、

きっと明るくあたたかで、

あらゆるところに愛があると感じられると思います。

 

 

 

 

 

 

落ち込んだり、自分ジャッジしないように。
大切なあなたですから。

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。