感情のゴミ箱にならないように。困った人への対処

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

みなさま、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 



さて今日は、

「感情を丸投げしてくる人にどう対処したらいいですか?」と、
ご質問をいただきましたのでお答えしていきたいと思います。

 

 

 

たまにいらっしゃいますね、こういう人。(笑)

 

 

まず覚えておいて頂きたい大切なことに、

 

相手の感情は相手のものということ。

 

 


なので、
あなたは、相手の人の感情を受け取る必要はないのです。

それは、

あなたは、人の感情のゴミ箱になる必要はないということ。

 

このこと覚えておいてください。

 

 

 

 

 

例えば、
誰かが鼻を噛んだテッシュをあなたに投げてきたらどうします?

 

 

避けますよね。

 

 

わざわざキャッチ!なんてことはしないと思うんです。 

これと同じです。

 


感情は相手のもの。

避けていいんです。

 

 

 

 

ただ、怒っていたりすると、
こちらも嫌な気分になったりすることのあるのですが、

 


この こちらの嫌な気分というのも、
自分のものだということ。

 

 

 

相手の感情は相手のものと同じように、


自分の感情は自分のものなのです。

 

 

 

 

 

怒っている人がいると、
嫌だな~と感じる人もいれば、
何とも思わない人もいます。

 

 

 

同じ出来事でも、
ひとりひとりの反応は違うのです。

 



これは、その人によって怒るということをどう捉えているか、
その違いで感じ方や反応が変わってくるということ。



怒ることはいけないことと思っていれば、
嫌だな~と感じるでしょう。

 

 

 

怒ることは普通のことと思っていれば、
そんなこともあるよね~と何とも思わないのです。

 

 

 

 

これは、

『投影』という心の働きによるもの。


外側の出来事で何らかの反応をしているとき、


その反応するものが自分の中にもあるということ なんです。

 

 

自分の中に反応するものが無ければ、
なんとも思わなくなるのです。

 

 

 

 

 

お仕事の場で感情を丸投げしてくるのは、
随分と幼い人とも思えますが、
それにどう反応するかは自分で選んでいけるということです。

 

 


自分の中の『投影』に気づいて、
自分を縛っている思い込みを外してあげるチャンスとも言えます。

 

そうすると、次からは反応ひませんから楽な自分でいられます。

 

 

 

 

 

ご質問をくださったのですから、

「どう対処するのが自分の幸せな在り方なのか?」
この機会に考えてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

そして、

幼い人というのは、

自分のことしか考えられていないことも多いものです。

 



人の成長には、3つのステージがあります。

 


1. 自分のことしか考えられない。

 

2. 自分と相手の両方に配慮できる。

 

3. 自分と相手と、さらにふたりを取り囲む人間関係・環境まで配慮できる。

 

 



ですので、
1のステージの人に、2や3のステージの人は苦慮することも多いのです。

 

 

 

職場での人間関係を考える時、
相手がどのステージの人か考えてみるのも対処方法だと思います。

 

 

 

  

 

 

最後に、

あなたは感情のゴミ箱になる必要はありませんから。

 

 

あなたはあなたを大切にしましょう。


どんな人が周りにいても。

そして、自分を大切にしている人の周りにはあなたを大切にしてくれる人が集まるものですから。

 

 

 

投影や成長のステージお伝えしました。


どうぞ参考になさってください。

 

 

 

 

こちらもどうぞ


天貯金・愛情銀行

愛の自分でいたいのにできないあなたへ。

共振し引き寄せ合うから

 

 

 

 

こちらもどうぞ 

しあわせのヒント

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。