あなたをブスにする人と一緒にいませんか?

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

 

さて今日は、「あなたをブスにする人と一緒にいませんか?」

お話していきます。

 

 

 

私のブログを読んでくれている人は、

優しい人が多いように感じています。

 

そしてね、時に、優しすぎないかな?

 

 

 

 

人間関係の悩み。

 

多いですね。

 

そして、悩みをみてみると、

「そんなに優しくなくていい」ことも、実際すごくあります。

 

 

 

 

 

女性同士の関係はいろいろあります。

 

特に嫉妬。

 

 

 

シンプルに憧れて、

憧れの人みたいになりたい!私も頑張る!

と幸せに心を持っていけるといいのだけれど、

 

中には嫉妬の炎を燃やす人も。

 

 

さらに、その相手に嫌な言葉や行為をする人も残念ながらいます。

 

 

 

 

 

 

心の仕組みとしては、

憧れは、ポジティブな投影と言われるもの。

 

 

憧れの人に感じた素晴らしさと、

同じものが自分の中にあると受け取れているもの。

素直に、あんな素敵な人になりたいと思えること。

 

 

 

 

そして、嫉妬はネガティブな投影と言われるもの。

 

 

憧れと同じように、

同じものが自分の中にあるから相手の中に見たのだけど、

素直に、同じようになりたい!と思えない。

自分の中に同じ素晴らしさがあると思えない状態。

 

 

 

心が栄養不足だと、憧れではなく嫉妬になります。

私は持ってないのに、あの人は持ってるなんて!!と嫉妬のネガティブ反応になるのです。

 

 

 

 

この2つ、実は、根っこにあるものは同じ。

 

自分の中に素晴らしさがある。

 

ただ、心の栄養が満たされているかどうかで、

憧れになったり嫉妬になったりと分かれるのです。

 

 

 

 

 

今日のテーマである、あなたをブスにする人。

 

 

嫉妬から嫌味を言ったり、

幸せを阻もうとする行為までして、

あなたの笑顔を曇らせる人がいるのも現実。

 

 

 

 

 

セッションをしていると、

優しい方ほど、こういったことに悩み、

せっかくの輝きを小さくしてしまっています。

 

 

 

そして、

なぜ嫉妬されるのだろう?

私にどこか悪いところがあるのかな?と、

自分を不必要に反省していることも多いのです。

 

 

 

でも、投影で憧れと嫉妬を説明したように、

嫉妬される人に悪いところはないのです。

 

 

相手が勝手に投影しただけ。

その人の心の中にある「私は持っていない」という不足感を投影して、

勝手にネガティブをぶつけてきただけ。

 

 

あなたは、全然悪くない ということ知っていてください。

 

 

 

そして、あなたの繊細な心と幸せを大切にするため、

相手と距離を取りましょう。

 

 

距離を取っていいのです。

(心理学的には、健康な境界線を引くといいます)

 

 

 

 

 

優しい人の中には、

相手を思いやって優しい言葉を掛けたり気遣ったりする人もいますが、

その必要はありません。

 

 

なぜなら、それをすると相手から不健康な心理ゲームをさらに仕掛けられ、

健康な境界線が引けなくなるからです。

 

 

 

あなたがすることは、あなたを大切にすることだけ。

 

相手を大切にするのは、相手の人がすること、なのです。

 

 

 

 

 

私も、こういった経験が何度かあります。

 

友人からは、「あなたは優しいから、やり返さないと思ってるんじゃない?」と。

 

まさに!!です。

そして、やり返すという発想がない自分に驚きました。。

 

 

 

また、ある方からは、

「器が大きいと、良いことと一緒に嫌なことも来るものですよ。」と教えていただいたり、

 

そして、ある方には、

「失礼なことをされたら、失礼なことして返していいよ♪」と。

 

 

 

 

 

そして思ったのは、

悩んでいる時間がもったいないってこと。

 

 

人生の時間は短いし、

悩むより笑って幸せでいるほうが私は幸せだなって。

 

そして、ネガティブな投影は、投影をする人自身が乗り越える課題。

 

 

だから、私ができることなんて無いって気づいたんです。

そうしたら、その人が気づくためのスペースとして距離を取ることが良いと思えたんです。

 

 

 

 

 

 

何かしら人前に出るお仕事や役割を担うと、

多かれ少なかれ、こういったことに出会います。

 

日本では、出る杭は打たれる諺もありますから。

 

 

 

でも、もう時代は違います。

 

どんどん出る杭になって行く時代です。

 

人の嫉妬で輝きを抑えるなんてもったいないこと。

 

社会の損失です。

 

 

 

 

あなたは輝いていい。

 

もっともっと素敵に本来の輝きを溢れさせていいんです。

 

あなたが輝けば、

あなたに憧れ、輝こう!とする人が出てくるし、

それがさらに幸せな世界を作ることにも繋がっていくのですから。

 

 

 

 

 

私の大好きな高倉健さんも、

ファンの方の「どうしたら健さんみたいに素敵な人になれますか?」という質問に、

「素敵な人達と一緒にいるといいよ。」と答えてみえます。

 

そして、幸せな人にお聞きすると、

皆さん、同じことをお話しくださる。

 

 

 

 

 

これからは、悩むことなく即!

あなたをブスにする人からは距離を取りましょう。

 

自分を大切にしてくれる素敵な人たちと一緒にいましょう。

 

 

 

そして、憧れの時もあれば嫉妬の時もあるのが私たち。

 

嫉妬している自分に気づいたら、

自分の中にある素晴らしさを素直に受け取っていきましょう。

 

 

 

自分を幸せにできるのは、

誰でもない自分にしかできないこと。

 

1番に大切なのは、自分を愛して満たしていく。

心の栄養満点!にしておくこと。

 

 

 

こんなにも豊かな世界に生まれたのです。

嫉妬で汚いオーラでいるより、

きらきら光るオーラで幸せに生きていきましょう。

 

 

 

 

 

こちらも参考に。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。