最低な自分だとあなたが思っても、そのままのあなたを愛している人がいます。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

桜が咲いたと思ったのに冬のような寒さがやってきています。

あたたかくしてお過ごしてくださいね。

 

 

 

 

今日は、あなたが自分をどんなに最低だ!

そう思っても、そのままのあなたを愛している人もいる、ことお話しようと思います。

 

 

 

 

思い出して欲しいのです。

 

今までの人生の中で、

寄り添ってくれたり、見守ってくれた人がいたのではないでしょうか?

 

たとえ、それが、

自分を最低な奴だと嫌っていても、

寄り添い、見守ってくれた人がいたと思うのです。

 

 

 

 

それは、

家族かもしれないし、

友達かもしれないし、

お付き合いしていた人かもしれないけれど。

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらにもっと昔、

あなたが幼い頃、泣きじゃくったり、

拗ねたり、癇癪をおこしても、あなたの側にはあなたを愛していた人がいたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションで感じるのは、

悩みを抱える人は、

人生の中に望んでいるものは「ない」と思い込んでいるということ。

 

前も「ありません」今も「ないんです」

「ほら、ないんです。私は不幸です。愛されてないんです。」と証明しようとされるということ。

 

 

 

 

でも、今までの人生を紐解いてみると、

必ず、愛されていて、望んでいたものも「ある」事実が現れるのです。

 

 

 

 

「ない」と思い込んでいると、

「ない」のメガネをかけて見るので、

「ある」のに見えなくなるからなのですが。。

 

実は、私たちの人生には、望むものはすでに現れてもいるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、もしかしたら、

人間は不幸を体験したいのかもしれません。

 

不幸な物語のドラマや映画がヒットするのは、

不幸はイヤだと言いつつも、意外に不幸が好きなのかもしれません。

魂としては、とっても感情が揺さぶられる体験ですしね。

 

 

 

 

「ない」の思い込みと、

意外と人間は不幸の体験をしたいのかもしれないけど、

 

人生には、望んでいるものがすでに現れています。

 

見つけるには、実は、目を開くだけでもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

もし、愛はない、愛されていない、、

 

そう思うのなら、

目を開いて、それはほんとうなのか?

今までの人生を丁寧に振り返ってみてください。

 

そして、自分では見つけられないのなら、

愛を見つけることが上手な人に手伝ってもらってください。

 

きっと、愛がすでにあること、

どんなあなたでも愛し、見守ってくれていた人がいたことに気づいていけるでしょう。

 

その時、あなたの心は安心し、

望んでいたものもすでに現れていることに気づけるでしょう。

 

 

 

 

どんなあなたでも愛されていますよ。

そのことを、どこかで知ってもいるのだと思います。

 

 

 

セッションはこちらを。
個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。