自分の人生を愛おしむ生き方

 

 

春分の日が過ぎ、
宇宙の暦では新しい年が開けた時間だそうです。
みなさんの時間はどのような流れでしょう?

 

 

さて、私はというと、

21日春分の日に、セッションのステージアップをさせていただきました。


正直なところ、
21日まではうんうん唸って悩んで迷って、
恥ずかしいのですが、夜も眠れない・・こともあって、

それでもやってみようと決断したのです。

そして、実際にアップしてみると、
不思議と心は落ち着き、
その後、「ご自身の人生を尊び愛おしむ方々にお会いすることになる。」と、
不意に腑に落ち、

涙があふれるということが起こりました。

 

この一ヶ月、
実は私自身、

今までの自分を超えるような、

ある意味、壊すようなトライ&トライで、
自分の世界観を大きく変える中にいます。
(まだ、しばらくは続きそうですが・・)

 

ほんとうに眠れない日もあり、
皆さんの夢をサポートするお仕事をしているのに、
情けない自分だな~と思っています。

そしてまた、
その情けない自分もOKして、
迷い不安いっぱいの最低な自分も抱えて、

目指すものに進んでいる自分を大好きだなとも思うのです。

 

 

人は完璧ではないし、
完璧であろうとするのは苦しい生き方ではないかなと思います。

そして、
完璧であろうとすると、人にも完璧を求めてしまうし、
それでは、心から寛げる関係からは遠ざかってしまう。

(自分自身とも大切な人とも)

 

 

命の時間は有限で、
その有限の時間の中で出会っているのだからこそ、
幸せを選びたいなと私は思うのだけど、

これは私の選択。

誰かに押し付けることは出来ないことなんですけれども。

 

 

ただ、人生を尊び愛しむ生き方もあること、
そこからの幸せが素晴らしいことをお伝えしていきたいなと思うのです。

 

 

亡くなった母が、
「元気な時にしか出来ないことがある。」と、
晩年よく言っていました。

 

それは、

「おしゃれ」や「いきたいところに出かける」ことを言っていたのだけど、

私も年齢を重ねてきて、

母の言っていたことがよく分かるようになってきました。

 

今だからできるのだし、

先延ばしして、後悔したくないな、と。

 

 

幸せを選んで、

自分が歓ぶ幸せを慈しみ味わい、

そして、積み重ねていきたいとつくづく思う今日このごろです。

 

 

人生という時間、

長いようで短いですしね。

 

 

 

あなたが幸せの中にありますように。