ハートの直感で受け取るもの。女性性のお話会、幸せでした。

 

3月6日、満月のエネルギーの中、
女性性をテーマにしたお話会、

とっても幸せに終了いたしました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。


お話会スタート時と終了時で、
皆様の表情もお肌の透明感もまったく違って、

びっくりするほど素敵に変わられましたね。

女性性を開くって、
内なる変化とともに外側の綺麗もいっぱい受け取れるのです。

なので、やめられないのだけど♪



今回は、半数の方が東京からいらっしゃいました。
お仕事を休まれたり、お子様を預かってもらったりと、
参加までの調整にいろいろなチャレンジをされたと思います。

 

お話会の中でも、

「初めは行きたい!って申し込んだけど、その後でいろいろ悩みました。」と

告白される方があり、多くの方が頷かれていましたね。


ハートの直感に素直になることが幸せの扉を開くことなのだけど、
多くの人が、そのハートの直感を思考で抑えてしまう。

ハートの直感。
頭の思考。

 

このどちらを優先するかで人生の輝きはまったく違ってきます。

 

 

ご参加くださった皆様からは、

ほんとうに濃密な時間で幸せでした。

いろいろ心配なことがあったけど、それでも行ってよかった。
なかなかお友達とも話せない女性性を、共感して話せる人と出会えて嬉しい。
女性性って、こんなに心地よくて寛げることなんですね。
与えるのが女性性だと聞いていたのに真逆だったなんて!
でも、ただただ受け取り愛される女性性のほうが幸せです♡

迷いはあったけど、思い切って来てよかった。

 

それぞれ素敵なご感想をいただきました。


そして、ご感想の中にある、
思い切って来てよかった。

このご感想にとても嬉しくなりました。


女性性がテーマとなると、
ほんと抵抗が生まれるんです。


それは、多くの(ほとんどと言っていいかも)女性が、
女性性に蓋をしているから。


なので、行きたい!と思っても頭の思考がいろいろ不安なことを言い始めるのです。
(強く蓋をしている人は、行きたいではなく無視や必要が無いと抵抗されます)

でも、
ハートの直感に素直に行動した、

だから、おひとりおひとりが望むものを得られたのです。

 

そして、
実際には、頭の思考が言ってきた不安なことは起こらなかったのです。


ハートの直感に従ってみて、

欲しい!と思ったものが得られる『体験』をされたのです。


そして、これはご参加された皆様が『体験』されたと思います。

(私が皆さんにプレゼントしたかったことのひとつなのです♪)

 

 

 

女性性は、ハートとともに子宮の声を聞いて自分を愛していくこと。
お話会では子宮のワークもしながら、
美味しいイタリアンをゆっくり味わう、
幸せ感度アップの方法もお伝えしました。

 

実はこれ、
ある意味、とっても官能センサーをアップすることにもなるのです。

生きることはエクスタシー。
身体を持って生きるということは、歓びに溢れる体験ができるということ。

思考の声に従ってしまうと、
歓びに溢れた人生からは遠ざかってしまいます。

 

それが、多くの人の悩みのもと。

 

 

お話会の帰路で、
さっそく嬉しい出来事を引き寄せた方もあり、
その喜びの波動から、

やっぱり!子宮パワーってすごい!!って感じました。

 

 

女性性を開く。
セクシャリティ。
女性として幸せに生きていきたいならば、
必須なポイント。
私はそう思っています。
なぜなら、私自身が多くのミラクルとプレゼントを受け取ってきたから。
そして、今も続いているから。よりパワフルに。

なので、多くの女性にプレゼントしたいことなのです。

 

 

 

 

最後に、

「いつか女性性のこと知りたいです。」って言われる方があります。
でもね、いつかは来ませんよ。

いつかって言う人は先延ばしする人だから。
そした、いつかいつかって言っているうちにおばあちゃんになっちゃうかも☆

 

なので、
望むものは、『今』望んでください。
そして、『即!行動!』です。
それが、人生を望むものにすることなのです。

 

人生という時間は、あっという間です。
1番望むことは、1番傷つくことだから怖いのです。
だからこそ、『今』『即!行動!』してくださいね。
自分を大切にしたいのならば。

 

 

 

女性性という抵抗が出るテーマのお話会に、
ハートの直感で参加された皆様、

私は敬意をはらいたいと思います。
皆さん、素敵な女性です。

これからも一緒に、
素敵な女性である自分をいっぱい味わって寛いでいきましょうね。

 

 

 

主催くださった~紡喜(つむぎ)~の津田さんとも、
次回のわくわく妄想を膨らましています。

どうぞ、おたのしみに♡


 

皆様、ほんとうにありがとうございました。

また、お逢いしましょう♪

 

 

 

 

下の写真は、頂いたお料理のいくつか。
味も香りも至福でした。
個人的にも大好きな場所なので、また行っちゃいます♡