セッションは、愛に気づき扉を開けるパワフルな時間

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今、東京でのセッションを思い出しています。

 

おひとりおひとりのお顔を思い浮かべながら、

りんごをむいて食べていただいた方、

『福の神』のような笑顔になられた方がいらっしゃったな・・と。

 

 

 

 

私にとって、

りんごをむいて食べていただくのもセッションうち。

 

その人の為にだけりんごをむくことで、

「あなたは、愛されていますよ」とお伝えしているのです。

 

 

 

 

人が幸せで満ちる時、

 

それは「愛されている」と実感できるときなのだと思います。

 

 

 

 

 

そんな思いもあって、

 

セッションという時間は、

 

 

「愛されていた!」と気づく時間であり、

 

それは、

 

愛されることを許すことであり、

 

愛を受け取る時間でもあると思っています。

 

 

 

 

 

 

私達はすでに溢れるほど愛されています。

 

ただ、身近な人の言葉や行動が

 

自分が求めている愛の形でない時、

 

「愛されていない」と受け取ってしまいます。

 

 

 

 

そしてそれが、

否定的なセルフイメージをつくり、

上手くいかない現実を作り出し、悩みまで作り出しています。

 

 

 

 

でも、

この世に生まれてきたということは、

天からも地からも無条件に愛されているということ。

 

 

 

 

見えない世界からは、

いつも溢れるほどの愛とサポートが届いています。

 

 

 

 

そしてまた、見える世界の人々の愛もあるのです。

 

ただ、人の愛情表現は素直な表現ではないこともあるため、

(自分が望む愛の言葉・形でないこともありますし)

 

愛に気づくのは少し努力がいるのです。

 

 

 

 

 

今回のセッションでは、

すでに『望むものが現れている』のに、

見落としている方も数名いらっしゃいました。

 

 

 

 

愛されていないという思い込みは、

受け取らないという心の姿勢をつくります。

 

 

受け取らない心の姿勢があると、

望むものが現れていることにも気づけなくなります。

 

 

そして、自分には与えられないのだ・・と思い込み、

その思い込みによって、さらに気づけなくなるのです。

 

 

 

 

セッションを受けることは、

 

「愛に気づいていこう」

 

「受け取っていこう」ということと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今回、貯金をしてセッションを受けてくださったお嬢さんがいました。

 

貯金までしてきてくださったことが嬉しく、

 

また、彼女の行動は、自分を愛する行動であり、

 

自分に与え受け取るという愛と豊かさの循環でもありました。

 

結果、彼女は自分がすでに持っている可能性と、

 

その可能性を活かして望みを叶えるための行動に気づいていきました。

 

(その後、夢だったオーディションに合格されたと報告を頂きました。)

 

 

 

 

 

 

 

セッションは、愛に気づき受け取る時間です。

 

愛されている自分というセルフイメージは、

自分の中にすでにある可能性や才能に気づかせてくれます。

 

そして、自然な行動力も引き出してくれます。

 

 

 

 

受け取るということは、

すでに現実化し始めている望みの兆しに気づけるようになり、

望みを現実化するエネルギーを得ることです。

 

 

 

 

セッションという時間は、

こういったことから扉を開くパワフルな時間ともいえると私は感じます。

 

 

 

 

 

最後に、

我が家のようなあたたかな場所を提供してくれているセラピーWINGさんに感謝です。

(セラピストさんのお名前載せたかったのですが、恐縮されてしまいました。)

 

 

 

 

今年も、東京での対面セッションを幸せに満ち終えられたこと、

有難く思います。

 

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

 

来年もまた、愛と豊かさを両手に溢れるほど受け取り、

幸せをさらに大きく育んでいきましょう。

 

 

 

 

セッションはこちらを。

個人セッション

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。