嫉妬してしまうことが苦しいあなたへ

 

 

今日は、昨日の嫉妬のお話から、
また別の嫉妬の心についてお話ししたいと思います。

 

昨日は、嫉妬からの悪口などから傷ついたとき、

どうしたらいいか、

どう選択していったら自分らしく輝いて進めるかでした。

 

今日は、また別パターン。

嫉妬してしまう自分が嫌いで苦しいという人へ。

 

 

嫉妬されたり嫉妬したり、
感情はコロコロと変わりますね。
なので、大好きな自分でいられることもあれば、
嫌いな自分になってしまうこともあって当然なんです。

 

そして、嫉妬してしまう自分が苦しいという人は、
心が繊細で優しい人でもあります。

昨日の、嫉妬からのイジメで苦しむ人にも、

「自分がいけなかったのかな。。。」と、自分を責める人がいます。

こういった人も優しくて繊細な人だからそうしてしまう。
誰かが悪い!ではなく、自分が悪い!と。

 

だからまず、そんな自分を優しく受け止めてあげて欲しいと思います。

「大丈夫だよ。」って。

 

 

感情には、いろいろな感情があります。
ポジティブといわれるもの。

ネガティブといわれるもの。

多くの人がポジティブは良い感情で、ネガティブは悪い感情と思っています。

でも、それはほんとう?

 

 

ブログにも何度も書いていますが、感情はエネルギー。

車でいえば動くためのガソリン・燃料なんです。
その燃料をどう使っていくのかは、

ひとりひとりが自由に選べるのです。

 

この自由に選べるっていうこと、気づいていましたか?

 

 

もし、嫉妬して苦しくなるなら、

使い方がちょっと違っていると思います。

 

苦しい、辛いは、
本来のじぶんの幸せからズレているから。

 

なので、

そのズレを幸せの方向に戻してあげればいいのです。

 

 

では、どのように?

 

嫉妬している自分をよく見てみてあげてください。

嫉妬が生まれる前に、
他の感情がありませんでしたか?

 

「いいな~」とか、

「うらやましいな~」とか、

「自分もああなりたいな~」とか思っていたのではないかな。

 

 

嫉妬という心に向き合うと、

自分もそれが欲しいと思っていたことに気づきます。

 

嫉妬で苦しいのは、
欲しいと思っているのに、それを否定してるから。

自分で自分を小さくしたり、輝きを奪っているからなんです。
誰もが、大きくて豊かで輝いているものなのに・・・。

 

自分には得られない。

自分はあんなふうになれないと。。。

自分の幸せを自分で無くしていたのですから苦しいのです。

 

 

 

では、どうしたら本来の幸せに向かえるのでしょう。

 

それは、1番初めに思ったキモチのまま、

「いいな~」

「うらやましいな~」

「自分もああなりたいな~」って、

そのまま言葉にしてみるといいんです。

素直に♪

 

 

この「いいな~」と言うこと、

すごく抵抗が起こるかもしれません。

 

なぜなら、蓋をしてきた素直な気持ちだから。

 

でもね、やってみて欲しいんです。

「いいな~」って。

 

すると、

泣いちゃうかもしれない。
笑えちゃうかもしれない。

そして、

びっくりするぐらい楽になっていきます。

だって、素直な自分をそのまま出しているから。

それが、ほんとうの自分だから。

 

 

 

嫉妬するのは、
ほんとうはそうなりたい自分がいるということ。
そして、ほんとうはなれるのになれないと思い込んでいるだけです。

無意識にね。

 

 

なりたい自分になること、
もっと豊かさを受け取っていくこと。

もっときらきらした自分になっていくこと、

いっぱいいっぱい自分に許してあげてくださいね。

 

 

 

あなたが笑顔あふれ、幸せに満ちていきますように。