天職、天命ということ。

 

先日、素敵なエネルギーの人に出会いました。

その人は、まっすぐな光の柱の持ち主さん。

その姿から、天職ということ、天命を生きるということを、
エネルギーとしてみせていただきました。

以下は、そのことをFacebookに書いたものです。
こちらでもシェアさせていただきますね。

 

・・・・・・・・

 

今日はとっても気持ちいい人を見た。
といってもほんの数分(1分
かな)なのだけど。
でもね、あれが天職であり天命を生きるってこ
とだなって。
すごく大きなことや有名なことや難しいことではなくて、
ああいう
一瞬にあるんだって思わせてもらえたこと。

帰りの電車である駅に停車した時のこと、

その駅は工事中で、

電車を降りた人々が安全にホームを歩けるように誘導していた駅員さんがいて。
20代半ばぐらいかな。

スピーカー片手にお客様の安全を守るのが『私の役目だ』って

すごく誠実にお仕事されてるようで、

それが素敵なエネルギーとして私には見えて♪
きれいなエネルギーの柱が真っ直ぐ立っていたのです、その駅員さんに。
そして、笑っちゃったのが

お客様がみんな安全にホームを後にされたことを確認した途端、

ほ~としてエネルギーもふんわりにかわっていって。

ほんの数分の出来事なのだけど、

彼はその数分に全身のパワーをお客様の安全の為に集中してて、

安全を守れた安堵にも包まれて、

1日に何度も何度もしていることなんだろうけど、

すてきなエネルギーの柱とほわほわエネルギーにニッコリな私でした。

天職や天命について質問いただくこともあるのだけど、

今日出会った駅員さんの姿が答だな~って思いました。


そう、目の前にあることに自分を全て投げ入れて体験する。

それが何であれ、それが天職であり天命なんですね。

なにより、あのきれいなエネルギーの柱が答。

大きなことや有名なことや難しいことでなくてもいいんです。

自分が自分として一生懸命に在ることなのだと。

 


エネルギーって、ほんとうに見せてくれます。
素敵な駅員さんに出会って幸せでした。
駅員さん、ありがとうございます。
見せてくれた天にありがとうございます。

 

・・・・・・・・

 

 

天職や天命って特別なことではないことを見せてもらったようです。

そして、私が天職や天命でのご相談にお答えするのは、
「今、自分の目の前にあることを精一杯してみてください。」ということ。
悩んでいるエネルギーも全て目の前のことに注いでみる。
すると不思議なぐらいに奇跡的なことが起こってきます。
天からのご褒美のように望んでいたことがあちらからやってきたりとか。

 

頭でいろいろ考えて悩んでいては未来は開いてはいきません。

せっかく身体という素晴らしいものがあるのですから、動いて自分を活かしましょう。

 

 

 

さて、明日からの東京にむけて準備をしています。
今回も有難いことに全て満席となりました。感謝です。
おひとりおひとりのお顔を思い浮かべながら最善のものをお渡しできるよう整えています。
お越しくださる皆様、どうぞお楽しみになさってくださいね。

また、9月のお話会&個人セッションの受付もスタートしています。
こちらもどうぞお楽しみに。