子育てのお話も

 

 

花ひらき今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

今日は少し、子育てについて書いていこうと思います。

 

 

この数年、クライアントさんの妊娠出産が続いています。

 

クライアントさんが結婚、出産していかれることと、
お申し込み時に「実は、妊娠しているんです。」と伝えてくださる方もあり、

ほんとうにおめでたが続いています。

 


中には、娘が妊娠したのでとお母様がセッションを勧めてくださったり、
赤ちゃんエネルギーが溢れていて幸せを感じさせていただいています。

 

 

 

私は子供が大好きです。

また、有難いことに成人した息子の母でもあります。


プロフィールには書いてあるのですが、
大きな息子がいるとお話すると驚かれることが多く、
母らしさがないのかしら?なんて思うことも。。。



でも、皆さんが子育ての不安を打ち明けてくださるたびに、
私の経験がお役にたてること、嬉しくなります。

 

 

 


子育てのご相談を受けると、
自分が不安でオロオロしながら必死に頑張ったことを思い出します。

もうね、ほんとうに頼りない母でしたから。

 


そして、幼い息子との幸せな日常を思い出し平和な気持ちにもなるのです。

 


そしてまた、不安でいっぱいだった時に出逢ったドクターや幼稚園の先生のお顔が浮かび、
出会う方々に助けられた日々だったと感謝の気持ちになるのです。

 

 

 

 

 

セッションの中でよくお伝えすることに、


「お母さんも初めてのことばかりだから不安で当たり前なんですよ。」

 

「赤ちゃんが1歳なら、お母さんもお母さんの1歳。完璧になど出来なくて当然なの。」と。

 

 

 

実はこれ、私自身が子育てで悩んだ時にいつも心の中で言っていた言葉。

 

今でも、大人になった息子に内心ハラハラドキドキです。(笑)

 


いつまでも、親として熟練者にはならないな、、と思います。


そして、親として熟練者でないからこそ、

子供と対等でいられるのだと思っています。

 

 

 

 

 

もちろん、”ここぞ”という時は、
親として大事にしていること、しっかり伝えます。

 

 

そして、親として大事にしていることとは、

 

ひとりの人間として大事にしている”生き方”だと思っています。

 

 

 

 

誰にもこれだけは大事にしたいという思いや考えがあると思います。


その思いは自然に ”生き方” に現れてくるもの。


それが、子育てでも現れてくると思うのです。

 

 

 

 

 

育児は育自とよく言われますが、

 

我が子を育てていく中で親は育てられます。

 

それは、子育ての悩みの中で、

親自身が ”生き方”を問われ、育てられていると思うのです。

 

 

 

 

完璧な人は、この世に誰一人としていません。

誰もが未熟であり、だから成長でき、それが素晴らしさなのです。

 

 

 

子育てに完璧なマニュアルはなく、
子どもと触れ合うことから気づいていく中にあると思っています。

 

 

 

 

私がお母さんにお伝えしたいのは、

子育てに頑張りすぎなくていいということ。


 

なぜなら、子供の中に生きる力があるから。


生まれてくるだけでも、すでに奇跡。


その奇跡の力を持っている子供たちなのです。

 

お母さんも、以前は赤ちゃん。
だから、お母さんの中にも奇跡の力があるのです。

 

 

 


お母さんは、

自分と子供の中にあるその力を信頼して、

 

安心していることから始めてはどうでしょう?

 

大丈夫です。

 

 

 




今まで、子育てについては、
講座やセッション以外ではお話してきませんでした。


実は、思春期の息子の気持ちを考えてのこと。

でも、すっかり大人になり、息子からの了承ももらいましたので、
ブログにも書いていこうと思います。


何より、読んでくださっている皆さんのご参考になればと思います。

 

 

 

 

 

子育ての時間はあっという間に過ぎていきます。

そして、これほどキラキラした時間はありません。
(その最中は、大変ですが)


私の経験が少しでもお役立てできればと思います。

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 




花ひらき今ここを天国に。