セッション前後のセルフ・ケア

 

 

【セッション前後のセルフケア】

 

 

心と身体は、とても不思議なものです。

お互いがとても密接に関係し合っています。

 

 

心が開くと身体も開き、

身体が閉じると心も閉じるというように、

お互いがとても密接に関係し合っています。

 

 

私たちは、素晴らしいシステムを持っているのです。

 

 

 

殆どの方が、セッションを受ける前に何かしら変化を感じられます。

 

それは、「セッションを受ける」と決めたことで、

新しい自分へと移行の流れに入るからです。

 

 

 

セッション前に、

受けていいのだろうか?と迷いが出ることがあります。

 

この迷いは、変化への抵抗です。

幸せな自分になることへの抵抗。

 

 

人は心の深い所で「変わりたくない」と思っています。

そのため、抵抗が生まれるのです。

 

迷いを感じたら、そのままのご自分を受容してあげてください。

安心感が出てきますから。

 

抵抗は、すでに変化が起こり始めている証拠です。

どうぞ安心していてくださいね。

 

 

セッション後は、心と身体の解放がぐっと進みます。

心と身体を縛っていたものが外れ、本来の幸せな自分に戻っていっている状態です。

ですので、セッション前後は、丁寧なセルフケアをなさってください。

 

 

 

では、セルフケアをお伝えしますね。

 

 

・ゆっくりあたたかなお風呂にはいる。

 

湯船にゆったり浸かることで身体が開きます。
すると、心も開きますからセッションの効果が上がります。

 

 

・十分な睡眠を取る。 

 

睡眠は、脳(心)のクリーニングと再編成がなされます。

 

セッション後は、心のクリーニングと整理整頓が加速していますので、
十分な睡眠を取ってください。

 

 

・リラックスできるひとりの静かな環境ですごす。

 

ひとりで過ごす時間は、自分を丁寧に感じ見つめるためには必要です。

 

いつも大勢でいる人には寂しいかもしれませんが、
セッション後数日は自分を感じてあげることを優先してください。

 

 

・自然に触れる。

 

自然は、エネルギーが綺麗で調和しています。

 

その中にいることで、エネルギーが整い充電もできますのでお勧めです。

 

 

・ヨガやストレッチなど身体をゆったりとほぐす。

 

身体がほぐれると心もほぐれます。
セッションの気づきが起こりやすくなります。

 

 

・食べたいと思う物をゆっくり味わって食べる。

心と身体の感覚が繊細になりますので、身体が欲するものを味わって食べてください。
満たされる体験をしていただけると思います。

 

ジャンクフードが食べたくなることもあるのですが、
その時は、少量をゆっくり味わって食べるようにしてください。

 

 

・アルコール・喫煙・刺激物・カフェイン・白砂糖を多く含む食品を控える。

 

白砂糖を使った食品は、血糖値の急激な上昇を起こします。
血糖値の急激な上昇は、感情に起伏も大きくなり不安感も生みます。

 

セッション後は、心と身体が本来の機能で健やかになるよう、
白砂糖・カフェイン・アルコール・刺激物は避けてください。

 また、甘いものが食べたい時はフルーツがお勧めです。 

 

 

・ネットサーフィンなど、多量な情報に触れることを控える。

 

セッション後は、心のクリーニングと再構築が行われていますので、
心地いい情報だけに適度に触れるようにしてください。

 

 

 

 

ご自分をケアすることは自分を愛すること。

 

せっかくのセッションの効果を最大にするためにも、
セッション前後のケアをなさってください。

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。