2017年

6月

25日

魂の伴侶

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

先日は、蟹座の新月ということでお話させていただきましたが、

今、魂のコールを受け取っている人がとても多いですね。

 

 

 

魂のコールは、

魂が決めてきたことに気づきなさい。

あなたが心の奥に押しやってしまったほんとうの望みがあるでしょう?

怖れず実行していきなさいということ。

 

 

なのだけど、、

 

そのこの時に入って来た、

小林麻央さんの訃報。。

 

そして、

お辛いなか気丈に会見される市川海老蔵さんのお姿と、

 

まさに、

魂で決めて来た伴侶、

素晴らしい姿を見せてくださる おふたりと感じたのでした。

 

 

 

おふたりの姿に、

「愛」とはこういうものなのだと、

ハッキリとわかった人も多いことと思います。

 

私もそのひとり。

 

そして、

魂の伴侶を生きるとは、

こんなにも力強く、

多くの方の心に清らかなものを届けるのだと、

改めて見せていただきました。

 

 

 

 

 

亡くなる時に、

「愛している」と海老蔵さんに伝えられた麻央さん。

 

 

海老蔵さんが最も欲したのは、

家柄でも、仕事でもなく、

素の自分をまっすぐに愛してくれる人。

もがき苦しんでいる自分に寄り添ってくれる人。

 

 

そして、麻央さんは、

素のその人を見抜く人であり、

純粋に愛を与えようとする人。

美しい光の愛を発する人。

 

 

 

 

海老蔵さんの会見を拝見しながら、

側に寄り添う麻央さんがみえて、

これからは海老蔵さんの守護をされるのだとわかりました。

 

 

 

魂の伴侶、ソウルメイトとスピリチュアルでは言われますが、

おふたりの生き方あり方から、

魂の伴侶、ソウルメイトとの関係は、

まさにおふたりの関係、

そう思いました。

 

 

 

互いを誠実に見て、

理解しようと努力し、

互いの違いを受け入れ、

互いの違いを活かし合い補い合い支え合い、

魂の成長を手を繋ぎ歩んでいく。

 

 

そして、その為に、

自分自身にも誠実に向き合っていたことは、

おふたりの姿からよくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、おふたりのブログが大好きで、

時々、読ませていただいていたのです。

 

でも、

この1ヶ月ほど辛くて読むことができなくて、

そこに訃報のニュースでした。

 

 

多くの方に、麻央さんは大きなメッセージを残されました。

 

そして、

海老蔵さんは、

今まではもちろん、

これから、歌舞伎役者として素晴らしい才能を発揮していくでしょう。

 

 

彼自身もその生き方で大きなメッセージを世に送り続けるでしょう。

守護の麻央さんとおふたりで。。。

 

 

 

 

 

 

この世界には、

いろいろな生き方をしている人たち(魂の仲間)がいます。

 

 

その生き方を見せていただくことで、

気づくこと、

反省すること、

見習いたいと思うことあるものです。

 

 

 

 

 

私自身、海老蔵さん麻央さんの在り方生き方から、

多くを教えてもらい受け取らせていただきました。

 

これからは、受け取ったこと

しっかり現していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

誰にも魂の伴侶はいます。

 

 

そして、魂の伴侶との出会いは、

否が応でも自分自身と向き合うこと、

変わることを促されていくもの。

 

 

海老蔵さんも、

「私を変えた女性」と言ってみえましたが、

魂の伴侶に出逢うということは、そういうことなのです。

 

 

 

 

 

 

最後に、

麻央さん、お疲れ様でした。

そして、純粋で美しい愛を見せてくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

6月

23日

蟹座の新月に寄せて

 

 

花ひらき

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
今日は、蟹座の新月ですね。

 

 

21日の夏至の日から、
とてもパワフルなエネルギーが続いています。

 

 

その影響で、
今までになく体調を崩したり、
イライラモヤモヤが納まらない!状態だったり、

思ってもない問題勃発なんて人もいると思います。

 

 

そして、

その反面、どんどんステージを上げ、
思ってもいないような幸せが、

自然に惹きつけられるようにやってきている人もいます。

 

 

すでに、流れがおおきくふたつに分かれていますね。

 

 

 

 

この新月、

さらに大きな分かれ目になります。

 

今までにも分かれ目はありましたが、

最後の大きなターニングポイントと言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

体調を崩すのも、

イライラモヤモヤが納まらない!のも、

思ってもない問題勃発するのも、

 

それは、

本来の自分を生きていないから。

 

 

本来の自分のエネルギーとズレているから、

そのズレによって起こることなのです。

 

 

本来の自分のエネルギーとズレるのは、

自分の心を聞いていないとズレます。

 

聞いていても無視していたらズレますよ。

 

 

自分が真に望むことと違うことをしているとズレるのです。

 

 

 

どんどんステージを上げ、

思ってもいないような幸せが自然に惹きつけられるようにやってきている人は、

自分が望んでいることを素直に受け入れた人。

 

 

ズレが無いのです。

一致しているのです。

自分と調和しているのでスムーズに進むのです。

 

 

 

 

 

 

今回の新月は、

  

「もう時が来ているよ」

 

こう伝えてくれています。

 

 

そして、

 

「もうほんとうにあなたが望んでいる生き方をしていきなさい。

宇宙はちゃんとサポートするから大丈夫。」

 

そう伝えてくれているのです。

 

 

 

 

自分らしくないこと、
自分に我慢させていることは、

 

どんなに小さなことも、

もう終わりにしていく時が来ています。

 

 

 

自分らしくあればあるほど、
自分のエネルギーと宇宙のエネルギーは共振し、

宇宙の応援が入ります。

 

ほんらいの幸せの流れに乗れるようになるのです。

大丈夫なのです。

 

 

 

 

 

幸せの流れに乗るには、

頑張ってオールを漕ぐ必要はありません。

 

ただ、流れに委ねていればいいだけ。

 

急ぐことも、

焦ることも、

心配することも、

まったくいりません。

 

むしろ不要です。

 

 

ただ、

ゆったりと自分の船に乗り、流れを信頼していればいいのです。

 

それだけで、ちゃんと幸せになっていく。

それが宇宙の、この世界の仕組みなのです。

 

 

 

 

自分らしくあることにトライしてきた人は、

流れを信頼すればいいこと、

もう実感になっていると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

無理したり、

自己犠牲をしたり、

ほんとうの気持ちを言わないでいたり、

意地を張ったり、

罪悪感を持ったり、

拗ねたり、

諦めたり、

誰かに変えてもらおうと期待したり、

しているのなら、

 

 

それは、自分を粗末に扱っています。

 

自分の光を汚すこと。

 

 

なので、もうそれをする時は終わりなのです。

 

 

 

 

 

今日の蟹座の新月を機に、自分を大切に扱うことを始めましょう。

 

丁寧に丁寧に、

大切に大切に、

心地よく心地よくです。

 

 

 

傷つかないように着ていた、

蟹の殻は脱いでも大丈夫。

その時がきているのです。

 

 

 

 

自分らしく幸せであることトライしてきた人は、

いま一度、しっかり自分を感じて、

小さなズレがあるようなら修正をしてくださいね。

 

この蟹座のエネルギーはパワフルな応援になります。

なので、おもいっきり自分の望む幸せの方向に活用してください。

 

 

どんどんスピードアップしてステージが変わっていきますから、

驚かないように。

 

 

 

夏以降は、変わるのが難しくなります。

 

どうぞ今、勇気をだして進んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも参考に。

幸せはプラスエネルギーで出来ている

 

 

ご両親との葛藤がある方は、もう時が来ていますよ。
お手紙セラピー

 

 

こちらには幸せへのヒントが集めてあります。

参考にしてくださいね。

しあわせのヒント集 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

 

 

2017年

6月

20日

あらためて女性性を大切にするということ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

ブログがなかなか書けなくて、
お待たせしてしまってごめんなさい。

 

 

このところの波動のアップで、
私自身が大きなプロセスを迎えていたことに加え、
セッションやお話会にWSの準備と大忙ししています。

 

 

 

お話会、WSはご依頼を受けてのクローズ開催。

 

ですので、

HPでの公開はないので申し訳ないのですが、

 

ご案内文を天と繋がり文字に起こしたところ、

私自身、とても気づくことが多く、

ブログでもシェアしたいと思い、今日はそちらを皆さんに。

 

 

 

 

お話会もWSも女性性がテーマなのですが、

なんというのか、

あらためて今だなって。

 

あらためて今、自分の女性性を丁寧に愛でていく時が来ている、

そう感じるのです。

 

 

 

よかったら、お読みいただき、

ご自身の女性性を受け取っていただけたらと思います。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

女性性と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょう?

 

 

また、こんなことを考えたことはありますか?

 

 

どうして女性を選んで生まれて来たのだろう?

 

 

 

 

ここ数年、女性性という言葉をよく耳にするようになってもいて、

 

女性性って何だろう?と思ったり、

 

女性としての自分を意識したいと思われることもあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

でも、女性性ってどういうものなのでしょう?

 

こうお聞きすると、多くの方がはっきりとした答を持っていないようにも感じます。

 

そして、はっきりとした答を持ててなくてもいいとも思います。

 

 

 

なぜならば、

 

女性性は感覚だから、感じる感性だから、

 

ひとりひとりがこれが私の女性性というオリジナルな答を持っていいのだと思うのです。

 

 

 

 

私の女性性は、

ただただそのままの私で愛されていることを大きく手を広げ受け取ること。

 

そう感じています。

 

 

 

それは、

 

ただただありのままでいて愛され、

 

この世界の豊かさをあふれるほど受け取る存在としての輝きだと思っています。

 

 

 

それは、

 

女性を楽しむためにおしゃれをしたりお化粧をしたりするということもあるのだけど、

 

 

何もしなくても、

 

ただたたずんでいるだけで、

 

内面から静かに光を放つような、

 

豊かな香りがほのかに香ってくるような、

 

あたたかなやわらかな愛が湧き出てくるような。。。

 

 

 

 

そんな存在としての輝きが女性性であり、

 

その女性性を受け取り、

 

愛しみ始めた時に、

 

蕾が花ひらくように女性性が豊かに花ひらいていくのだと思っているのです。

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

女性性は、

 

ひとりひとりの存在としての輝き。

 

 

 

そして、

 

女性性をひらいていくと、

 

ひとりひとりがまったく違う輝きを放っていき、

 

誰一人として、同じ輝きはなく、

 

だからこそ、この世界が豊かになっていく。

 

 

そしてまた、これは男性性でも同じだと感じてもいるところです。

 

 

 

 

 

 

ひとりひとりがとても美しい輝きを内包しているのです。

 

 

輝きを放っていくというのは、

 

お花が花ひらくさまと似ています。

 

 

お花が咲くと、蝶が蜜に誘われ寄ってきますが、

 

女性性がひらくと、愛や豊かさ、望むものが引き付けられてきます。

 

これが、私たちが存在として持つギフト。

 

 

 

 

何かを得ようと頑張ることも、

 

ましてや自己犠牲をしなくとも、

 

自然に望むものは惹きつけられてくるのです。

 

 

 

これが、女性性のパワーであり、

 

女性には、すでにそのパワーを内包しているということなのです。

 

 

 

 

望みを引き寄せたい、

 

現実化したいと思うのならば、

 

あなたの内包する輝きを発していけばいいのです。

 

歓び楽しみながら。

 

 

 

 

 

あなたのハートの奥にある繊細な望みも、

 

「持っていい」

 

「望んでいい」と自分に優しくして、

 

自分をただただ慈しみ愛していくと、

 

望んでいたことが気づけば叶っている、

 

ということがことが起こるのが女性性のギフトなのです。

 

 

 

 

 

女性性をひらくというのは、

 

ありのままで愛されていることを受け取ること。

 

 

自分が素晴らしい輝きを内包していると受け取ること。

 

 

 

頑張らなくても、

 

ましてや自己犠牲などする必要などまったくなく、

 

幸せに溢れていくことはできる、

 

と知っていくことなのです。

 

 

 

 

********

 

 

 

いかがですか?

 

 

なんというのかな、

この天と繋がり言葉を紡ぎながら、

 

私自身が 改めて自分をもっと大切にしたい、、と思いました。

 

 


ちょうど外側に予想外のことが現れてきて、

まだまだ自分を大切にできていないことがあるのかな?と思ってもいたところだったからです。

 

『外側に現れることは、自分が自分にしていること』ですから。

 

 

 

なので、丁寧に心を観ていったのです。

 

すると、まだしていました。。。
自分のこと認めていないことしていました。

 

きづいたら、やっぱりね、

ちょっと落ち込みましたけど、
そんな自分もまるっとOK!だよと抱きしめていきました。

 

 

どんな私も私ですから。

私が愛して抱きしめてあげないと可哀想ですものね。

 

すると、心の中にまたひとつ天国マインドが生まれて、

ゆったり心地よくなったのです。

 

 

 

 

 

女性性って、

このまるごとの自分にOKして抱きしめていくことで、
育ってもいくもの。

 

 

誰の中にも女性性という感じる感性があり、

それがあるから世界の美しさや細やかな愛まで気づき受け取れるのです。

 

 

そしてまた、
その感性があるからこそ、

 

今回の私のように、

自分を大切にしていないことにも気づけていける。

 

だから、

女性性があるからこそ、

繊細な諦めてしまうような望みさえ気づいて、

人生を豊かに創造できるのだと思うのです。

 

 

 

 

今のあなたは、

自分を大切にしていますか?

 

丁寧に愛でていますか?

 

 

 

6月も後半です。

 

素敵な毎日をクリエイションしてくださいね。

 

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションページオープンが遅れていてごめんなさい。

そろそろオープンしてまいります。

 

また、お話会やWSなどご依頼も受けています。
愛のリーダーシップから開催したいと思われる方がありましたら、

どうぞお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

6月

09日

愛に心を向けるのか、愛でないものに心を費やすのか

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?




私はというと、

実は先日、

前世の記憶がクリアに蘇ってきたことから、
その人生にあったギフトを受け取るプロセスをしていました。

 

(前世療法家の友人にセッションをお願いした直後に起こりました・・)

 

 

落ち着きましたら、また、お話していければと思っています。

 

 

 

このところ、私たちは誰もが 人生という物語 を持っている存在とお話していますが、


魂の輪廻から観ると、
「いくつもの人生を体験してきた魂の存在の私」でもあるのです。

 

 

女性の時もあれば、男性の時もあり、
農民である時もあれば、戦士であった時もあり、


人に傷つけられた人生の時もあれば、人を傷つけた人生の時もあり、

魂の輪廻は、その時々であらゆる体験をしてきているのです。

 

 

 

 

先日、クライアントさんから、

 

 

・・・

 

どこを切り取るか、どこをみるか、何を選ぶ、、、かで、

自分が変わるが、浮かびました。

 

・・・

 

 

こう気づいたとご報告いただきました。

 

 

 

私自身は、物事は「陰」と「陽」で出来ていると思っています。

 

オセロゲームの白と黒のコマのようなものとイメージしてもいいかもしれません。

 

 

「陰」が良いわけでも悪いわけでもないし、

「陽」が良いわけでも悪いわけでもない。

 

 

どちらもあって成り立つニュートラルなものだと捉えているのです。

 

 

 

 

ただ、心の癖で、

 

「陰・黒」にフォーカスしやすい、

 

「陽・白」にフォーカスしやすい、

 

という "反応" を誰もが持っていて、

 

 

癖の為、どちらのフォーカスしやすいのか気づいていないことが多いのです。

 

 

 

 

そして、それが、人生を創造するパターンにもなっていて、

 

幸せの波にすんなり乗れていく人生と、

 

幸せの波はあるのに、

気づけなかったり、

流れに逆らってみたり、

すんなり乗れない人生とにわかれる原因にもなっているのです。

 

 

 

 

もし、

気づけていないな、

流れに逆らっているのかも、、

 

そう思うのであれば、

 

 

 

どんな見方をしているのだろう?

 

何に心を向けているのだろう?

 

心のパワーを何に費やしているのだろう?と、

 

 

自分を ”観察” してみるといいと思います。

 

 

 

 

 

人を一側面で見る見方を選ぶより、

 

「人生という物語」で多面的に大きく見る見方を選ぶほうが、

 

愛の在り方で見ることができます。

 

 

 

愛で見ることができると、

 

愛に心を向けることになり、

 

心のパワーを愛に費やすことになり、

 

 

愛のエネルギーを発するようになり、

 

愛を引き寄せ、

 

愛の現実を創造することになる、のです。

 

 

 

 

 

 

何を創造するかは、選べます。

 

 

そして、何を創造しているのか気づけていないことも多い。

 

 

それは、癖になっているから。

 

だけど、

癖は治せます。

 

意識すれば、変えていけるのです。

 

 

 

 

心の癖に気づいて、

 

ハートに「私は、何を創造したいのだろう?」と聞いて、

 

創造したいものに心を向けていけばいいのです。

 

 

 

 

 

 

物事は、ニュートラルです。

 

 

どこを切り取り、どう見ていくのか、それは、自分で決められるのです。

 

 

 

 

これが、ひとりひとりが創造主ということなのです。

 

 

 

 

 

 

 

今は波動が上がっているので、

無意識にしている心の癖にとても気づきやすくなっています。

 

(5年前とは、まったく気づきのスピードが違います!)

 

 

 

それだけ、現実創造は簡単にできるということ。

 

 

 

 

 

私は、マイガイドに「笑え!喜べ!楽しめ!」といつも言われます。

 

それは、前世の経験から「闇」にフォーカスしがちだったから。

 

 

 

でもそれは、「闇」にフォーカスしがちだったから、

 

今生でのコーチングや心理学を学ぶ流れになり、

 

 「闇」の奥にあったギフトに気づき、

 

歩みを進める魂のパワーに変換できるまでになったのだと思います。

 

(まあ、転んでもただは起きぬという訳です 笑)

 

 

この体験があったから、

「闇」も抱きしめれば「光」となるのだと知ることができたわけです。

 

 

 

 

 

 

どんなことにも両面があり、

どちらに心を向けるか、

それは、意識し選べます。

 

 

 

どんな人生を送りたいのか?

 

 

どんな私で生きていきたいのか?

 


ハートを感じ、

魂の声を受け取り生きていくなら歓びとパワーが溢れてきます。

 

 

 

 

どうぞ、人生という時間を大切に歓びを体験し続けていただければと思います。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

6月

08日

人間関係の悩み。心のパワーの使い方

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?


さて、先日は人間関係の秘訣をお話しました。

いかがでしたか?

 

 

私たちは、おうおうにして、

人を一側面からの見方をし「あの人はこういう人」と判断しがちです。

 

 

そしてまた、

私たちは一側面だけの存在ではなく、

 

人生の時間の中でいろいろな経験し、

多面的でありあらゆる深さもある私という存在を創ってきています。

 

意識的にも無意識的にも創ってきています。

 

 

 

それは、

誰にも何十年という「人生という物語」があるということであり、

その時間の中でいろんな喜怒哀楽を体験してきているということ。

 

 

その「物語」にまで思いを広げ人を観ていくと、

今までとは違った現実を創造することもできますよという、

見方のご提案だったのです。

 

 

 

 

 

 

私たちは、フォーカスするものを現実化する力を持っています。

 

 

このことを、

 

引き寄せの法則といったり、

 

思考は現実化するといったりしますが、

 

 

私たちの心にはとても大きなパワーがあって、

 

いつも心の中でフォーカスしているもの、

 

いつも焦点を当てているものを現実化させる力を持っているのです。

 

 

 

 

 

人間関係の悩みを持った時、

 

その人がどのような人生経験をしてきた人なのか?まで、

 

思いを広げていくと、

 

自分と同じように傷ついたこともある人であり、

 

悩んだり間違ったりもする人なのだと気づいていけます。

 

 

 

 

 

心が成長していくというのは、

 

嫌いな人の嫌いな所ばかりにフォーカスするのではなく、

 

嫌いだけど、

 

こういう良いところもある、

 

こういう面もある人だと、

 

その人全体をニュートラルに観察できるようになる。

 

こういうことが出来ることだと思うのです。

 

 

 

 

 

嫌いな人だからと、スパッとご縁を切ることもできます。

 

嫌いな人がいるからと、会社を辞めるということもできる。

 

 

 

そしてまた、

 

幸せな関係を創るために、

 

心の成長という意図を持ち、

 

その人の「人生という物語」まで思いを広げ、

 

自分なりにいろいろと考えてみることもできる。

 

 

 

 

嫌いな人とのご縁をどうすることが、自分らしいのだろう?

 

 

どんな現実を創りたいのだろう?

 

 

あとで振り返った時、

よくやったと思える関わり方はどんなものだろう?

 

 

こんなふうに自分に質問し、

自分が納得できる答を見つけていく。

 

 

 

こういった積み重ねが、
心がフォーカスするものを変えることになり、

心のパワーを望むものに使えるようになり、

 

結果、

良縁を引き寄せ、

幸せな人間関係の現実を創り出していくのです。

 

 

 

 

 

 

縁を切った人のことを酷く悪口を言う人がいますが、

それは、心が幼いことを公言しているようなもの。


気心のしれた友人の中だけで、
気持ちを整理するためならいいかと思います。

 

 

でも、いつまでも言っているようでは、
自分をネガティブなエネルギーの檻に入れていることであり、

 

それは、悪縁を引き寄せるエネルギー状態を創り出すこと。

新たな嫌いな人を引き寄せているのです。

 

 

 

 

なので、

もし、良いご縁を引き寄せたいと思うなら、

 

なるべく早くに気持ちが楽になるよう感情解放をし、

「人生という物語」に思いを広げ

心を心地いいと感じる状態に戻していくことがいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、ご縁を切ってはいけないと言っているのではありませんし、

 

どんな人にも良い面を観ようと、

無理やりポジティブシンキングしましょうと言っているのでもありません。

 

 

 

 

この人と関わっていたら、人生が悪いほうに行ってしまうと思うなら、

スパッと!

バッサリ!と切るべきなのです。

 

 

 

また、自分が関わっていては相手は自立しないと思う時も、
やはり心を鬼にして、

スパッと!

バッサリ!と手放していくことも大切なこと。

 

 

 

 

優しい人や心の痛みを感じる人、

また、自身が寂しさに耐えられない人は、

このスパッ!バッサリ!がなかなか出来ないのですが、

 

 

そんな時は、

お互いの魂の成長の為に、

『強さという愛』でご縁を終わらせていくと考えてみてください。

 

 

 

愛を知る人でないと、

ほんとうの強さを出すことはできません。

 

 

相手を思い、関係を終えていけるのは成熟した愛を持つ人なのです。

 

 

 

 

サイキックアタックをしそうな人の場合、
徐々にご縁を離していくほうが良い場合があります。

エネルギーに敏感な方は特に、ご縁を切る時、熟慮されることお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

人間関係の悩みは多いのですが、

 

その悩みが成長させてもくれますし、

 

愛のステージを上がってもいけるのです。

 

 

 

それに、

人間関係で傷つくのは、

 

あなたの中に愛があるからでしょう。

 

 

 

なので、

痛みにフォーカスするのもいいのだけど、

(感情解放になるのでね)

 

痛みの奥にある愛にもフォーカスしていくことも幸せの波に乗る秘訣です。

 

 

 

 

 

罪悪感も愛があるから起こる感情ですしね。

 

 

 

心のパワーをどのように使うのか、

 

また、どこにフォーカスさせるのかで現実は変わっていきます。

 

 

 

あなたの望む現実が創造(クリエイション)されるよう心のパワーを使っていきましょう。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

2017年

6月

06日

幸せな人間関係の秘訣

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

あなたは今、花ひらいていますか?

 

今ここが天国のような心地いい自分でいられていますか?

 

 

 

 

さて、今日は幸せな人間関係の秘訣をお話していこうと思います。

 

 

人間関係がお悩みという人も多いもの。

 

私も、ずいぶんと悩んできたのですが、
今は、悩むということがまずありません。


さらに、出逢う方が皆さんほんとうにいい方ばかり。

ご縁に感謝いっぱいの日々になっています。

 

 

 

 

 

あなたには苦手な人は いますか?

 

その苦手な人の、どういう所が苦手だと感じるのでしょう?

 




クライアントさんのおひとりに上司の方が会社で1番苦手という方がいました。

 

 

その苦手な所というのは、

『 目の奥が笑わない感じ 』

 

 

そして、その目の奥が笑わないと感じることから、

彼女は、怯えて言いたいことが言えなくなり、悩みとなっていました。

 

 

 

でも、あることをしていただいたら、
わずか数週間で上司との関係は激変。

180度変わってしまったのです。

 

 

今日は、その あること 皆さんにご紹介していきますね。

 

 

了承いただいたので、メールをそのまま掲載させていただきます。

Aさんありがとうございます。

 

 

Aさんから、悩める上司のことでこんなメールをいただきました。

 

 

 

***

 

 

 

彼が嫌いではないし、

いいところがあるのもわかってるんですが、

頭のキレるビジネスマンであり、

目の奥が笑わない感じのする、一見温かみのない人です。

 

 

でも、ほんとはそんなことなくて、

実はすごく臆病だから牽制してるだけなのもどこかでわかってるんです。

表には出さないけど、愛のある人なのもわかってるつもりです。

 

 

でも過去何年かの付き合いの中で傷ついたこともあり、

言い返すのが苦手なわたしは、彼の前では昔は今よりもっと怯えていました。

 



***

 

 

そして、このお悩みにした私のお返事は。

 

 

***

 

 

 

上司の方のこと、Aさんはよく理解できています。

 

そしてね、Aさんは傷ついたかもしれないけど考えてみてもらえる?

 

 

Aさんならできるから、提案しますね。

 

 

目の奥が笑ってない人って他にも世の中にいますよね。

 

でも、赤ちゃんで目の奥が笑ってない子はいないわよね。

 

どうして、彼らは目の奥が笑わなくなったのかしら?

 

にこにこしてたはずの赤ちゃんが、

大人になる間に何があって、

目の奥の温かさを無くすのかしらね。

 

 

Aさんだから、考えてみてもらいたいと思います。

 

 

***

 

 

そして、Aさんからこのようにお返事をいただきました。

 

 

***

 

 

 

いただいたメール、落ち着いて、お部屋で考えてみました。

 

目の奥が笑っていない人。

 

愛が足りていないんだと思います。

子どもの頃に、たっぷりの愛情を感じられなかったとか、

大人になって人に裏切られたとか、どこかで人が信じられない。

 

信じることへ怖さがある。

こころを解放できない人だと思います。

 

ありのままの自分を愛されていると感じられない。

ありのままの自分を解放できない。したことがない。

 

 

根本は家族、特にご両親との関係で愛情が足りなかったのかなと。

 

 

 

***

 

 

 

Aさん、初めのメールに書かれているように、
上司の方の良い所もちゃんと観えていました。

 

 

でも、目の奥が笑っていないと感じたことで、

Aさんには、その人の良い所より苦手な所の方に意識が向いてしまい、

怯えるという反応をしていました。

 

 

 

良い所 < 悪い所

 

悪い所にフォーカス。

 

怯えるという反応。

 

 

 

なので、

目の奥が笑っていない人が、なぜそうなったのか?考えてもらったのです。

 

 

 

 

それは、人は言わないだけでそれぞれの人生という物語を持っているから。

 

冷たい人が、生まれた時から冷たい赤ちゃんではないのです。

 

冷たくなってしまったのには、そのわけがあるのです。

 

 

 

 

 

私たちは、おうおうにして、その人の一面だけを見て、

「この人はこういう人」と決めつけがちです。

 

 

だけど、

その決めつけは、ほんとうにその人を理解して言っているのだろうか?ということなのです。

 

 

そして、

その決めつけが原因で、

人間関係を幸せでないものにしていることもあるのです。

 

 

 

 

 

なので、

 

一側面の見方から、

人生の物語という見方にシフトして頂いたという訳なのです。

 

 

 

 

 

その後、「まるでラブラブな相手のこと話すようね」とお伝えするぐらいに、

上司の方が大好きで尊敬できるまでにAさんは変わられました。

 

 

そして、Aさんの上司の方の見方が変わったので、

上司の方も激変され、
今までにないような優しい応援メールを出張先に送ってこられたり、
Aさん自身、ありえない!と思うようなサポートをしてくださったりと、

数週間の間に、まったく違う信頼関係を築かれたのです。

 

 

 

 

 

 

私たちは、「この人はこういう人」という見方をしてます。

 

それは、その人に向けてそのエネルギー発していること。

 

そのエネルギーが怯えであれば怯える状態を引き出し現実を創りだします。

 

 

 

でも、人生の物語まで思うことができると、

見方が変わります。

 

 

殆どの方が、優しい「愛の見方」に変わられます。

 

愛の見方を向ければ、愛の状態を引き出し、愛の現実を創り出せるのです。

 

 

 

 

 

その時にAさんに送ったメールも載せますね。

 

 

***

 

 

Aさんが、上司の方の生きてきた物語にまで考えることができたので、

Aさんの気持ちが変わり、

上司の方との間に流れるエネルギーが変わり、

彼の優しい心遣いの場面にもAさんは気づけました。

 

 

これは、Aさんが上司の方に向けて発していたエネルギーが変わったので

彼のエネルギーも変わったんです。

 

人間関係は、エネルギーで見ると化学反応と似ているんです。

 

 

 

***

 

 

 

人間関係は、化学反応と似ているのです。

 

 

こちらの見方が、相手との関係を創造(クリエイション)しています。

 

なぜなら、現実を創造(クリエイション)しているのは自分ですから。

 

 

 

 

幸せな人間関係の秘訣は、

 

 

この人はこういう人という『一側面の見方』から、

 

この人は、どういう人生を経験してきた人なのだろう?という『人生の物語という見方』にシフト。

 

 

なのです。

 

 

 

 

 

あなたが苦手だと感じる人、

その人が人生でどんな経験してきた人なのかまで想像してみること、

いかがでしょう?

 

 

 

その人の人生の物語まで思いやれるようになると、
不思議なほど、愛で人と関われるようになるのです。

 

すると、関係がまったく違うものにシフトするのです。

 

 

 

 

頂いているご縁。


どんなご縁にするのか、実は自分で創造していくことが出来るのです。

 

 

 

 

 

Aさん、初めは転職までお考えでしたが、
今では、会社で新しいプロジェクトを任され生き生きと働いていらっしゃいます。

 

あなたがいると安らぐとまで言われる癒しの存在にもなられています。

 

 

 

 

 

あなたはどんな現実を創造(クリエイション)していきたいですか?

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

*困った人間関係を改善する方法(ワーク)

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

6月

01日

6月 エネルギーメッセージ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

 

さて、今日から6月が始まりました。

 

このところの波動の上がり方から、

一見 問題と捉えがちなことが起こっている方も多いようです。

 

 

ですので、久しぶりに世界のエネルギーを読みながら、

天からのメッセージをお伝えしていきたいと思います。

 

 

6月の指針にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

********

 

 

目の前のことを見なさい。

 

足元を見なさい。

 

そして、心の中にあるほんとうの望みに自ら光を与えるように。

 

 

 

あなたは大切な私の愛し子です。

 

あなたの望みは叶えられます。

 

 

 

ですが、

目の前のことを見ず、

 

足元も見ず、

 

心の中で声を発しているほんとうの望みに光を当てることをせずに望みは叶わないのです。

 

 

 

目の前のことを見て愛を込めなさい。

 

足元を見て、自らの立ち位置を確認し、

 

これまでの歩みを感謝なさい。

 

 

 

さすれば、どれほどの愛に幸運に恵まれてきたか気づけるでしょう。

 

 

あなたの心の中にあるほんとうの望みに光を当てるのはあなたなのです。

 

自分を信じて、ほんとうの望みを体験していくこと許していきましょう。

 

 

 

もう、あなたはその場所にいるのですから。

 

 

 

********

 

 

 

 

波動の上がり方が今までにないスピードになっています。

 

ですから、物事の変化も今までのスピードではないということ。

 

 

愛から、ほんの少しズレていても、

今までならなんとなく上手くできたものが、

まったく上手くいかないという現実を生み出してきます。

 

 

波動が上がるとは、そういったことがハッキリと起こるということ。




なので、問題と思うようなことが起こったならば、

 

愛の立ち位置に戻りなさいということ。

 

 

愛の立ち位置に戻り、

 

ハートを感じハートの奥から湧き出ている優しい愛を感じ、

 

そこからの選択行動を勇気を持ってするということです。

 

 

 

 

すでに、この数か月だけでも大きなエネルギーの変化をこの世界はしています。

 

他者の責任ややるべきことを背負っている人は、

 

他者の境界線を越え、相手の課題を奪っていないか注意してください。

 

 

他者のものまで背負っている人は手放し、

 

自分の幸せを創造することにエネルギーを注ぎましょう。

 

 

ひとりひとりが心から穏やかに自立しサポートし合うことで生まれる幸せを享受していきましょう。

 

 

 

この世界は、ひとりひとりがそのままで輝く存在です。

 

相手を信じることは自分を信じられるから。

 

 

自分を信じられる人は、相手を信じ、世界を信じ、この世界に輝く光をもたらします。

 

あなたはそれが出来る人なのです。

 

 

 

 

6月、まだまだ波動は上がり続けます。

 

いろいろなことが起こってもきます。

 

だからこそ、落ち着いて愛の立ち位置からの行動を選んでください。

 

 

 

身体のケアも大切に。

 

心臓、肺、肝臓が弱い方は、特にケアを大切に。

 

親御さんは、お子様の体調も観てあげてしっかり抱きしめてあげてくださいね。

寂しがっているお子様が多いようです。

 

 

 

 

愛の立ち位置でいれば、今日の写真のように雲の上に出て太陽の光を浴びれます。

 

 

7月、さらに忙しくなってきますので6月を大切にお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

個人の方には、さらに細かくメッセージをお伝えしています。

ご希望の方はお問い合わせください。

近日中にセッションページもオープン致します。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

5月

31日

幸せはプラスエネルギーで出来ている

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。

 

皆さんこんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

さて今日は、幸せのカラクリをお話したいと思います。



幸せにも不幸せにも

実は、とっても簡単なカラクリがあるのです。

 



そのカラクリはエネルギーの違い。

 

なのでとってもシンプル。


「ほんとうに、たったそれだけのこと?」って言われてしまうぐらい。


ほんとうにとっても簡単なことなのです。

 

 

 

 

 

それは、

幸せはプラスエネルギーで出来ている。

 

ということ。

 

 

 

そして、

不幸せはマイナスエネルギーで出来ている。

 

ということ。

 

 

 

 

 

なので、

いつも幸せでラッキーな人はプラスエネルギーをいっぱい持ってる人。

 

いつもアンラッキーな人はマイナスエネルギーをいっぱい持っている人。

 

 

 

幸せの流れに乗りたい!そう思うのなら、


プラスエネルギーが生まれる自分になってしまえばいいのです。

 

 

 

 

以前、天貯金・愛情銀行のお話をしましたが、
エネルギーは見えない空間で貯金されています。

 

 

プラスエネルギーは「徳」マイナスエネルギーは「不徳」でもあります。

ご先祖様の徳が多い人は、ご先祖の徳をいただき神仏がお守りくださっていること多いです。

 




たとえ、

マイナスエネルギーばかりかも・・ と思っても、
これからプラスエネルギーを生み出していけばいいのです。

 

借金返済!プラスエネルギー増産!です。

 

 

幸せな成功をしている方は「徳を積むこと」を当たり前にされます。

特に、人の目がないところでする「陰徳」を大切にされています。 

幸せになる原則、よくご存じなのですね。

 

 

 

 

なので、この間の悪縁のお話でしたように、
「自分を労わる」「自分を褒める」ことをして、

プラスエネルギーをいっぱい自分にあげて流れを好転させていけばいいのです。

 

 

 

それに、「自分を労わる」「自分を褒める」こと” 習慣 ”にできれば、
いつもプラスエネルギーが生まれる自分になり、

プラスエネルギー貯金がどんどん増えるので、
良縁にばかりを引き寄せる人になっていけるのです。

(悪縁とは、ご縁がきっぱり無くなります)

 

 

 

 

 

プラスエネルギーは、

 

ほっとする~
幸せだな~

心地いいな~

楽しいな~

大好きだな~
キュンキュンする~

ワクワクする~

落ち着く~

感謝だわ~

 

 

こんな気持ちの時に生まれています。

 

 

 

たとえば、コーヒーを飲んで「あ~、ほっとする~!」なんてことありますよね。

 

あの瞬間、私たちはプラスエネルギーを生んでいるんです。

 

 

 

 

そして、この気持ち、

自分を大切にしている時生まれているのです

 

 

「ほっとしたい。」という気持ちを受け止めて、

自分を大切にするためにコーヒーを飲む行為をしてる。

 

ちゃんと自分を大切にしていますよね。

 

 

 

 

 

自分を大切に。

自分を愛してくださいね。

 

私がこうお話するのは、幸せのプラスエネルギーが生まれるから。

 

 

幸せはプラスエネルギーで出来ている。

 

 

 

 

 

どうぞ、あなたを、

幸せで気持ちいいプラスエネルギーで溢れさせてください。

 

 

 

すると、アンラッキーな人は本来の幸せの流れへと戻っていけます。

 

すでに幸せな人は幸せスパイラルが加速します。

 

 

プラスエネルギーを生めばいいだけ。

だから大丈夫なんです。

 

 

 

 

そして、過去のことを思うとマイナスエネルギーを生んじゃうって場合は、
そのことから感謝できること見つけていきましょう。

 

 

物事は、コインの裏表と同じ。

 

ネガティブな出来事の裏にはポジティブな意味が隠れているからです。

 

 

 

 

そして、ネガティブな面ばかりに意識を向けていたら、

マイナスエネルギーを産み続け、

アンラッキーな状態を継続させるだけ。

 

 

でも、裏にあるポジティブな意味を見つけられたら、

そこからはプラスエネルギーを生むことになる。

 

マイナスからプラスに転換していける。

 

 

選ぶこと出来るんです。

 

 

 

 

実は、幸せスパイラルを加速していく人って、

このポジティブな意味を見つけるのが上手な人なのです。

 

 

 

 「あの時の私にはあれで精いっぱいだった。よくやった。」

 

こうやって、自分を労ってあげられるのです。

 

 

そして、

  

「あれはあれでよかったんだよな。」

 

「あのことがあったから気づいたこともあったし、成長もできたんだしな~」

 

 

こんなふうに思えたり。

 

 

 

その出来事があったからこそ

 

「気づけたこと」

「成長できたこと」

「変われたこと」

 

まで受け取れると、

感謝が湧き出て来てたり、

すんなり手放すことができ、

エネルギーは大きくプラスに転換していきます。

 

 

 

 

これは、プラスエネルギー転換の上級ステップなのだけど、
やりたいと思われた方はぜひチャレンジしてみてください。

 

 

まず頑張った自分を労わる、承認する(ご自愛ですね)

 

ネガティブな出来事の裏にあるポジティブな意味に気づいて受け取る

 

 

ノートに書いていくと気づきも多くなり、ポジティブな意味を受け取れていきますよ。

ノート活用、ぜひ!

 

 

 

注意していただきたのは、無理やりポジティブシンキングしないこと。
無理やりポジティブシンキングは空しいエネルギーでプラスエネルギーではありませんから。
思えない時は、まず、その気持ちをいっぱい肯定(よくがんばったねって)してあげてください。

気持ちが軽くなってきますから。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

幸せな人が持っているプライスレスな想像力

それは愛?それとも欲?
愛の循環あるところに豊かさは引き寄せられます

 

● 幸せのヒント

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

30日

神様に愛される人がしていること。

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。




前回のお話で、



世界は

 

『人がする領域』

 

『見えない世界(神々)がする領域』の2つの領域から成り立っているから、

 

私たちは、人がする領域にエネルギーを注いで、

見えない世界のサポートが入る隙間を作るといいですよ と、お話をしました。

 

 

 

逆に言うなら、

神様の領域まで頑張らなくてもいいですよ~、

 

ということ。

 

 

 

 

頑張る人って、人の仕事や責任まで抱え込んでしまいがち。

 

あれと同じだというのです。

 

 

 

あなたはあなたの領域だけでいいの。

 

神様はちゃんとサポートしてあげるから、

あなたはあなたが心地いいことしていなさいね~、

頑張って神様の領域のことまでしなくていいから委ねてね~。

 

ということなんです。

 

 

 

 

安心しませんか?

 

自分が心地いいことしていたら、

ちゃんとサポートしてあげるから安心しなさいってことなのですから。

 

 

 


では、

どうしてそうなるのか?

この世界の構造からお話していきますね。

 

 

この世界は、いくつかのエネルギーの階層からできています。

 

 

簡単な図にしてみましたのでご覧ください。

 

 

***

 

 

 

 高次元・神々

ーーーーーーー
   魂
ーーーーーーー
心・感情・思考
ーーーーーーー 
 身体(物質)

 

 

 

***

 

 

 

こんなふうに、多重構造になっているんです。

 

 

一番下は身体なのだけど、これは物質だからです。

なので、住環境・自分を置いておく環境も物質ですから含まれます。

 

 

その次が、心・感情・思考。

 

その次が、魂。

 

そして、1番上が高次元で、神様・天・宇宙と言われるものの領域になります。

 

 

 

 

そして、

私たちが意識して変えていけるのが『人がする領域』

 

 

 
 身体(物質)の領域



● 心・感情・思考の領域



● 魂の領域

 

  

この3つ。

 

 

 

この3つの領域を意識して、

 

『心地よく』いられていると、

 

エネルギーが上がり波動も上がります。

 

 

それは、

 

1番上の高次元・神様とエネルギーが近くなるということ。

 

そのため繋がりやすくなり、サポートが入るようになるのです。

 

 

 

心地よくいる 

 ↓ 

エネルギー・波動が上がる 

 ↓ 

繋がりやすくなる

 ↓ 

素直にサポートを受け取れる

 ↓

サポートに感謝する。さらにサポートが入ってくる

 

 

こういうことが起こるのです。

 

 

 

 

 

 

自分を心地よくいさせてあげることしていますか? 

 

 

 

たとえば、

身体が心地いいようにとしていること何かありますか?

 

 

ストレッチで身体のコリをほぐしてあげているとか、
楽しい食事をするようにしているとか、

リラックスできるお部屋に整えているとか。

 

 

 

また、

心が心地よくなるようにと、

イライラすることはその日のうちに気持ちの整理をしているとか、

自分を褒めることを習慣にしているとか。

 

 

 

それなら大丈夫、出来てる、という人もいれば、

ちょっと出来てないかも・・っていう人もいると思うのだけど、

 

 

実は、こういった些細なことが、
神様と繋がりやすくなれるかどうか、になってくるのです。

 

 

 

なので、

大丈夫だと思った人はさらに心地よくすると神様と仲良しになれますし、

 

ちょっと・・と思った人は、出来るところから変えていけばいいのです。

 

自分を心地よく。

 

 

神様は(天・宇宙・ガイド・天使)サポートしたくて仕方がないのですしね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

魂の領域は、

身体と心が健やかで心地よくいると、

自然に魂の領域のことをする流れになっていきます。

 

 

 

「私の天職は何?」

「私の使命は?」と悩まなくていいのです。

 

 

身体と心が心地よくいられていると、

 

 「生きがい」や「やりがい」を感じるものに出逢っていくからです。

 

この「生きがい」「やりがい」を感じるものが天職であり使命。

 

 

ちゃんと出会う流れになっていくのです。

 

 

 

なので、あれこれ心配しているよりも、

「人がする領域」にエネルギーを注いでいれば大丈夫なのです。

  

 

 

 

 

僧侶やお坊さんがそうですね。

 

日々の営みをとても丁寧にされるのは、

それが、神様仏さまと繋がることになるからだとお分かりだからなのです。

 

 

 

 

 

 

そして、身体と心が心地いい状態は、
地に足が着いている状態。

 

 

それは、とても安定した状態で、

 

直観が開く状態でもあるのです。

 

 

 

 

直観が開く

  ↓

見えない世界のサポートに気づく

 ↓

素直に受け取れる

  ↓

感謝できる

 ↓ 

さらにサポートを引き寄せ、幸せの流れにどんどん乗っていく というわけなのです。

 

 

 

 

 

 

実は、

私たちサイキック(霊能者)は、
地に足の着いた安定した状態(グラウンディングが深い状態)でないと、

安定した能力が発揮できないこと知っています。

 

それは、不安定な状態だと低い存在に憑依され翻弄される危険があると知っているのです。

 

 

 

なので、

なにより心身が心地よく安定した状態が幸せへの近道であり、

 

その状態が、

持って生まれた才能を開花させていける状態だと知っているのです。

 

 

 

 

エネルギーに敏感な方や憑依体質でお悩みの方は、

スピリチュアルなことは横に置いて、

(むしろ止めることお勧めします)
まずは身体を整え住環境を整えてください。

身体と住環境が整うだけでもかなり改善できますから。

 

 

 

 

 

 

身体と心を健やかに心地よくしてエネルギーを整えましょう。

 

そして、「生きがい」「やりがい」を感じることにエネルギーを注ぐ。

 

すると、ちゃんと神様と共振する自分になって幸せの流れにどんどん乗っていけるようになるのです。

 

 

 

 

 

こちらも参考に

しあわせのヒント 

 

 

 

 

以前の「世界は多重構造」の記事に加筆してお届けしています。

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

 

 

2017年

5月

29日

全てがリソース宝物

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

さて、新しい一週間が始まりました。

6月のスタートもすぐです。

 

今週からは、どんどん行動をしていきましょう。

夏以降、望んでいた大きな変化が始まります。

そのスタートになっていきますからね。

 

 

 

ちょうど、友人ともそんな話をして盛り上がっていました。

 

そして、その会話の中で「全てはリソース(資源)だね。」って言った言葉がすごく残っています。

 

 

 

 

全てはリソース。

 

人生で起こる全てが幸せへのリソース。

 

一見ネガティブと思うことも、実はポジティブな面がある。

 

 

 

 

友人たちは、同じように心に関わる仕事のプロばかり。

なので、心に向き合うこと生きること 誠実な人ばかり。

 

だから、とてもリソースとは思えないこともリソースだと気づける力がある人たち。

 

(むりやり思考でポジティブシンキングすることではないですよ)

 

 

 

 

それは、人生の中で起こる痛みや理不尽だと怒りを覚えることも、

 

オセロゲームの石のように、

 

黒から白へとひっくり返すことができると知っていることでもあるのです。

 

 

 

 

 

みんな、それぞれの人生ではとても辛い痛みを経験してきているのだけど、

その痛みを体験したからこその思いやりや優しさ洞察力を得ている。

 

 

あなたもそうではないかしら?

 

 

だから、今の自分になれたのはあのことがあったからだと腑に落ちている。

 

 

 

そのプロセスを体験したから言える

 

「全てはリソース」ということなんです。

 

 

 

私ね、ちょっと誇りなんです。

 

こんなふうに言える素敵な仲間を持ててることが。

 

 

 

 

 

辛いこと悲しいこと あるけれど、

 

そのことの裏にあるギフトを受け取れたら、

 

なんて素敵だろうと思います。

 

 

その力を持てたら、とてもパワフル。

 

 

 

世の中は悲喜こもごもだけど、

どんなことがあっても自分は幸せであるって選択できますものね。

 

 

それが、幸せな人生を創造(クリエイション)することだと思うのです。

 

 

 

 

オセロの黒い面ばかり見ていてもね。
白い面にひっくり返すから楽しいわけですもん。

 

 

 

あなたも、あなたの経験から受け取ったリソース宝物があるはず。

しっかり受け取ってくださいね。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

26日

その発言や行動は、恐れから? それとも愛から?

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

今日は、すごく優しいな~と感じたことをシェアしますね。

本田晃一さんがブログで紹介してくれていたのだけど、

この視点を持っていると、

自分にも人にも優しくいられるな~と思ったのです。

 

 

それは、ゲーリー・ズーカフさんのこの言葉。

 

 

・・・

 

 

その発言や行動は、恐れから?

それとも愛から?

 

恐れからの発言や行動だとしても、それは自分の全人格では無い。

同時に愛からの発言や行動している自分もいる。

 

どちらを選ぶかは、毎回できる。

 

 

・・・

 

 

よく怖れからの言葉や行動ではなくて、

愛からの言葉や行動を選びましょう、というけれど、

心がしんどい時って、

なかなか愛からの選択が難しいことがある。

 

 

でも、たとえ怖れからの言葉や行動であったも、

それが自分の全人格ではないでしょう?

愛からの言葉や行動をしている時もあるでしょう?と、

 

とっても優しい自分と人へのまなざしだと思ったのです。

 

 

 

私たちは、人のほんの一部を見て、
それがその人の全てのように評価したり非難したりしやすい。

(自分責めも、自分の一部を見て全否定したりね)

 

でも、

それは、ほんの一部でしかないのよね。

 

 

 

 

私もいろいろな方にお逢いするけど、
まさに その人にはその人の人生の物語があって、
誰もがいつも一生懸命いきているんだと感じるんです。

 

 

魂の視点で観れば、
何度も何度も輪廻を繰り返してきているのですから、

誰もが素晴らしい経験と英知を持った魂ですものね。

 

 

 

 

本田こーちゃん、
優しくて素敵な視点を紹介してくれてありがとう。


こーちゃんとは、2年前にグループコンサルを受けた時からのご縁。

コンサルでは、お仕事の相談に行ったのに、両親との葛藤を泣き笑いでやられました。

おかげでお仕事もプライベートもほんとうに楽になって、

親との関係がいろんなことの大元なんだと深く実感したのでした。
最近は、素敵なマダムを紹介してくれておうちご飯を習い始めたんです。

 

 

 

 

 

この週末は、ゲーリー・ズーカフさんの言葉を心に留めて、
どんなクリエイションをしていこうかワクワクしていきます。

夏のお洋服、買いたいな~♡

 

 

 

皆さんも、幸せをクリエイションしてくださいね~♪

 

 

 

こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

5月

26日

甘えられる人かどうかちゃんと識別しましょう

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

少し間が空いてしまってごめんなさいね。

 

実は、フィットする言葉がなかなか出てこなくて、

 

何度も書いていたんです。。

 

 

 

 

さて今日は、前回のお手紙セラピーのお話の続きです。

 

 

 

前回の最後に、

 

甘えることを許すと、

実際に「甘えてみよう!」と行動に移したくなります。

その時に気を付けること、お話していきたいと思います。

 

 

こう伝えしたのだけど、

あなたは、「甘えよう」と思った時、
どんな人に甘えていますか?

 

ちゃんと甘えられる人かどうか識別すること意識していますか?ということなのです。

 

 

 

お手紙セラピーでは、

お母さんへの気持ちでお話しましたが、

 

 

お母さんに「甘えたかったんだ・・」って気づくと、

甘えたい気持ちを満たそうと「お母さんに甘えよう!」と行動していく人が多い。

 

 

 

でも、その時に、

ちょっと待って!なんです。

 

 

あなたのお母さんは甘えることを受け入れることができる人ですか?

 

もし、今も甘えることを受け入れられない人ならば、

子供の頃と同じ痛みを受けかねない。

 

 

 

 

心身の不調を抱えていたり、

経済的な悩みがあったり、
介護など、すでに誰かの世話で疲弊したいたり、

プライドゆえに、あなたを傷つけたこと認めたくなかったり、

 

こういったことがあるのなら、

自分のことでいっぱいいっぱいです。

 

人の甘えを受け入れる余裕はないからです。

 

 

親も同じ未熟な魂なのですから、

こういうこともあって当然なんですね。

 

 

 

 

 

お手紙セラピーをすると、心の余裕が生まれます。

ネガティブ感情に引っ張られることが無くなるからです。

 

 

自己愛が育ちますから、

相手の状況をちゃんと観て、

甘えられるかどうか『識別』できるようになっていきます。

 

 

 

なので、「甘えたい」と思ったら、

 

その相手の状況をちゃんと識別することにもトライしていってください。

 

 

 

識別というと、

とってもクールな感じがするかもしれないけど、

 

感情に翻弄され動くのではなく、

経験からの智慧でハートから動いていって欲しいからです。

 


幸せを創造(クリエイション)するのは自分です。

 

だから、
智慧を活かし、ハートから動いていくことが望むものが創造(クリエイション)できるからです。

 

 

 

 

 

幸せは、人とのご縁が運んできます。

 

どんな人と縁を結んでいくことが、

あなたの望む幸せを創造(クリエイション)できますか?

 

 

ご縁もまた、自分の望むものを引き寄せることできるのですから。

 

 

 

 

 

お手紙セラピーのお話では、お母さんを入口にしました。

 

それは、お母さんとの関わりで生まれた気持ちが、

身近な人との関わりに大きく影響しているから。

 

身近な人が、新たなご縁を運んできてくれる人。

 

幸せの鍵が、お母さんとの関わりの中にあるため入口にしてお話したのでした。

 

 

 

 

 

縁には良縁と悪縁があることは多くの人が知っているのだけど、

 

人との縁を結ぶ時、
意外と無意識に縁を結んでいるように思います。

 

 

 

 

 

もし、お母さんが甘えられる人になっているのなら、

甘えてみていいと思います。

 

 

でも、お母さんにはその力がないと判断したら、

私が「子どもの私」のお母さんになって甘えさせてあげてください。

 

 

この作業は自己愛を育てますから、

幸せな引き寄せ体質を作りますよ♡

 

 

 

そしてまた、お母さんではないけれど、

お母さんのように思える先輩女性や、

この人なら大丈夫と思える人がいたら、

お母さんの代わりに甘えさせてもらうという選択肢もおおいにありなのです。

 

 

素直にお母さんに甘えたいな~って思ってると、

お母さんの役を引き受けてくれる魂の仲間を引き寄せますしね。

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは、

甘えを優しく受け止めてくれる人に甘えるということ。

 

ちゃんと識別しましょうね、ということ。

 

 

 

自分の中の「子どもの私」の声を聞いていくと、

「子どもの私」は満たされ、成長していきます。

 

 

すると、

ちゃんと識別できて、

相手を観ながらハートからコミュニケーションができるようになっていきます。

 

 

識別できるので、 

この人とは距離を取った方がいいな、

この人は大丈夫だから甘えさせてもらおうというように、

人との距離も上手に取れるようになります。

 

 

 

親との関係も、心地いい距離がわかるようになっていきます。

 

親は親、私は私と心の「自立」が出来ます。

 

親以外の人とも、心地いい距離感がわかるようになっていきます。

 

自分の心を満たすのが上手になります。

 

 

 

モヤモヤイライラが無くなっていきます。

 

気づく力、受け取る力が育ちます。

 

与える力も育ちます。

 

なので、人間関係の悩みが消えていきます。

心地いい自分でいられるので、自然に幸せの波に乗っていけます。

 

 

 

 

 

 

これを実践された皆さんの多くが、
最後には、相手への感謝のお手紙を書かれています。

 

感謝のお手紙は出してもいいのではないかな?

 

相手が受け取れる人なら。

 

 

 

途中の酷い言葉のお手紙は、
燃やして天に帰していくことお勧めします。

 

火は、ネガティブエネルギーを昇華してくれますから。

 

 

 

 

 

どうぞ、お手紙セラピーで心軽やかになって、

笑顔がいっぱいの人生をクリエイションしてくださいね。

 

 

 

お手紙セラピー、今回はお母さんを入口にしましたが、

お父さんやパートナー(別れた彼)など、

すっきりしない気持ちを便箋に受け取ってもらってもらいましょうね。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

お手紙セラピー

お手紙セラピー ステップ編

子供の頃のワクワクを取り戻そう

母の日。素直に感謝できなくても
不安な気持ちで行動しない

 

 

しあわせのヒント集

 

 

 

重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。

トラウマ専門のセラピストのもとでケアなさることお勧めいたします。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

23日

お手紙セラピー ステップアップ編

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

昨日お届けした「お手紙セラピー」

さっそく、「やってみました!」とご連絡くださる方が!

 

嬉しいですね、こうやってすぐに実践してくださる方があって。

 

 

 

その方、とっても行動の早い方で、
のんびり屋の私からは行動の早さが憧れでもあるのだけど、

彼女からは「あなたの時を待てるのんびりさが羨ましい」とのこと。

 

 

世界は、お互いが輝く法則で出来ているので、

お互いに違うからこそ、

自分を知ることができたり、

相手から刺激をもらったりできているのだと改めて感じました。

 

 

 

 

さて、皆さんの中にもお手紙セラピーされたかたがあるかと思いますので、

今日は、さらに子供の私が笑顔になるステップアップ編をお話したいと思います。

 

 

 

 

便箋にお母さんへの気持ちを書いていくと、

 

始めは、

「あんなことされて傷ついた!」

「あんなこと言われて悲しかった!」

「なんでしたのよ!!!」

 

といった怒りが出てくるのですが、
便箋に怒りの気持ちをありったけ書き出していくと、

 

 

「もっと大事にしてほしかった・・」

「もっと優しくしてほしかった・・」

「もっと優しい言葉をかけて欲しかった・・」

 

という寂しかった気持ちがでてくるようになります。

 

 

 

これは、感情は層になっているからで、
「怒り」の下には「寂しい」があるからなのです。

 

 

 

 

そして、寂しい気持ちは、

「甘えたかった・・」けど甘えられなくてひとりで頑張った気持でもあって、

大人になった今も心の奥では子供の私が「甘えたい・・」と思っているんです。

 

 

 

 

便箋に書いていくうちに、
「甘えたかった・・」

「大切にされたかった・・」

という気持ちが出てきたら、

その気持ちもそのまま書いていき、

便箋に受け止めてもらいましょう。

 

 

 

 

そして今度は、

心の中で子供の私に言ってあげてください。

 

「甘えたかったね。」

「大切にされたかったね」

「寂しかったね」

「よく我慢して頑張ったね」って。

 

 

 

そして次は、
声にして私に子供の私に言ってあげてください。

 

「甘えたかったね。」

「大切にされたかったね」

「寂しかったね」

「よく我慢して頑張ったね」って。

 

 

 

 

涙が出てきたら、泣きたいだけ泣いてください。

ひとりだから誰もみていません。

だから安心して泣いていいんです。

 

 

 

頑張って来た自分を、労わって、褒めてあげてください。

 

よくやってきたねって、

まるごと大人の私も子供の私も抱きしめてあげてください。

 

 

 

 

 

泣けると、胸のつかえがとれます。

身体が安心して緩みます。

 

どこか自由で、自分を縛っていたものが消えている感覚も起こります。

 

しばらくゆったりと楽になった自分に浸ってあげてください。

 

 

眠れるのなら、お布団にくるまって、
膝を抱え胎児にようになって眠ってください。

 

 

眠りから目覚めると、心地いい自分がそこにいますから。 

 

 

 

 

私を甘えさせてあげてくださいね。

 

弱い私にも気づいて大切にしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

私たちの社会は長い間、男性性優位できました。

今も、学校、会社、社会では、

甘えること・頼ること・弱いことはいけないとされる風潮が強いです。

 

家庭でもいけないとされてきている場合、
お父さん、お母さんがいけないと思ってみえます。

 

 

なので、子供の頃に「甘えること・頼ること・弱いことはいけない」と思い込んでもきています。

 

 

でも、誰もがいつもいつも甘えず頼らず強くいることなどできないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

私自身、「甘えること・頼ること・弱いことはいけない」と思ってきました。

 

長く頑張る良い子をしてきていましら。

 

そして、15年程前に、

生きずらい自分を見つけ、

それから丸ごとの自分を愛することしてきました。

 

 

 

このお手紙セラピーは、ある時ふと思いつき始めたもの。

 

そして、便箋に書いていくと心の中のモヤモヤが文字になり現れ、

こんなに気持ちを押し込めて来ていたんだと、

便箋を観て気づいていったのです。

 

 

また、自分の心の声に気づいていくとともに、

イライラの気持ちが安心に変わっていきました。

 

 

幸せな気分でいる時間が圧倒的に増え、

天使や精霊といった見えない存在との繋がりが太くなっていきました。

 

 

これは、子供の私を大人の私が育てたことで、
グラウンディングが深くなったからなんです。

 

 

 

今では、愛の私に戻る方法です。

 

この世界での創造を愛で行えるようになる方法です。

 

そして、

「闇も抱きしめると光になる」ことを教えてもらった方法でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

お手紙セラピーは、お母さんへの気持ちからスタートした、

丸ごとの自分を愛して抱きしめ育てる方法です。

 

 

お母さんを入口にお話しましたが、

お父さんでも、

パートナー(別れた人でも)でも、

友達でも、
あなたの心が辛い時にしていただけるセルフセラピーです。

 

 

 

 

どうぞ出さない手紙を書くことで、

心の中にある気持ちを便箋に受け止めてもらって、
笑顔のあなたに戻っていただければと思います。

 

 

 

 

重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。
トラウマ専門のセラピストのもとで時間をかけケアなさることお勧めいたします。

 

 

 

 

 

次回は、甘えることを許すと、

実際に「甘えてみよう!」と行動に移したくなります。

その時に気を付けること、お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

22日

優しい気持ちになるお手紙セラピー

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

私は、この時期のお楽しみ、

裏山の新緑を眺めては幸せになっています。

 

 

今は、山つつじも綺麗でお散歩しながら、

自然の美しさに「神は細部に宿る」と実感しています。

皆さんのところはどうですか?

 

 

自然は調和波動。

心身を整える効果がありますから、

ぜひ足を延ばされることお勧めします。

 

 

 

 

さて、母の日から一週間たちました。


母の日の記事、反響が大きく、

いろいろな方からコメントメッセージをいただきました。

 

皆さん、ありがとうございました。

 

 

そして、それだけ、

誰にとっても母という存在から受ける影響は大きいと、

改めて思いました。

 

 

 

 

セッションをしていても、
「お母さんにこんなことを言われた、された」と言われる方もあり、

 


それは、大人なのだけど、
心の中には「傷ついた・・、愛されたかった・・」子供のままのその方もいるということ。


私には、大人のその方と子供のその方が重なって観えるのだけど、
とっても可愛く観えています。

 

 

そして、その子供の私に気づいてあげると、

幸せの波に一気に乗っていけるので、
ぜひ、気づいてあげてほしいところなのです。

 

 

  

 

 

ということで、
今日は、子供の私を愛する方法を皆さんにお届けしたいと思います。

 

 

※子供の私は、インナーチャイルドと言われるもの。

私はあえて、「子供の私」という言葉を使っています。

それは、「子供の私」だとエネルギーが柔らかいためなのです。

 

 

 

 

これは、私が両親への気持ちを整理でき、

心の中に押し込めて来た感情に気づき愛に戻れた方法でもあります。

 

 

また、セッションでもお勧めする方法で、

継続コースでは、何度も書いて頂きます。

 

書いていくたびに、気づきが深まり、

自分を縛っていたものを手放され、

豊かな深い愛の私に戻っていかれるからなのです。

 

 

 

 

 

 

感情解放の方法で、

気持ちを紙に書き出すことをお勧めしていますが、

この紙を便箋にしていきます。

 

 

実は、『便箋』にすることでより優しい気持ちに戻れるのです。

 

 

 

そして、便箋なので手紙のスタイルになるのだけど、

安心してくださいね。

出さない手紙ですから。

 

 

 

自分の心を整理するための手紙。

自分の心が軽くなるために書く手紙。

自分の心を大切にケアするための手紙。

 

 

自分の為の手紙なんです。

 

 

 

 

用意するのは、ペンと便箋。

 

そして、ひとりになれる空間とゆとりをもった時間も用意してください。

 

 

 

手紙となると、

時には緊張することもあるのだけど、

緊張してもいいですからね。

 

緊張する自分もまるっと大丈夫。

 

 

 

そして、準備が整ったと感じたら、

お母さんに思っていること、

お母さんに伝えたくて言えていないこと、

 

 

子供の頃にお母さんに思っていたこと、

子供の頃にお母さんに言いたかったのに言えなかったこと、

 

 

 

あのことは傷ついた、

寂しかった、

ほんとうはこう言ってほしかった、

こうして欲しかった、

 

 

今の気持ちも、

子供の頃に感じた気持ちも、

出てくるままに全部文字にして便箋に書いていくのです。

 

 

 

出さない手紙だから、どんな酷い言葉を書いても大丈夫。

 

出さないのだから。

 

自分を楽にしてあげるための手紙だから。

 

心の中にしまい込んだ思いを全部、便箋に受け取ってもらいましょう。

 

 

 

 

酷い言葉に、びっくりすることもあるけど大丈夫。

 

どんな自分がいてもいいんです。

 

まるごと全部、どんな自分も宇宙は愛してくれていますから。

 

 

 

気持ちが出てくる間は書いていきましょう。

 

中には、数時間かかる人もいます。

 

書いて、すっきりしたと思ったのに、

数日後、数週間後にまた気持ちが出てきて書く人もいます。

 

 

 

なので、モヤモヤを感じたりお母さんへの思いが出てきたら、

そのたびに便箋に受け止めてもらってください。

 

 

 

 

便箋に書くのは、お父さんのこともいいですよ。
別れた彼への思いを整理するために書いてもいいです。

お相手は、お母さんに限らず、あなたの心を重くしている人でいいですよ。

 

 

重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。
どうぞトラウマ専門のセラピストのもとでケアなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

書くという行為は、

頭や心の中にある触れられないものを紙に文字に現すという行為。

 

 

書いてみた方が皆さん言われるのだけど、

自分がこんなこと思っていたんだとびっくりされます。

 

 

それだけ、自分の気持ち、

わかっているようでわかっていないのですね。

 

 

 

 

そして、

紙に書いたものを客観的に観察できるので、

(第三者の視点で観察できるのです)
自分がどうしていくのがいいのかがわかってもくるのです。

 

 

 

 

日記が、とても良いと言われるのは、

その日にあった記憶を文字にして見るので、

感情の整理ができたり、
今度からはこうしようと考えられたり、

感謝することにも気づけたりするから。

 

 

 

実際に、セラピーではライティング・セラピー(書くセラピー)というものがあるんですよ。

 

 

 

 

 

書くことは、自分をより知ることができる方法。

 

 

 

私も、とにかく書きます。

ちょっとモヤモヤする、ということでも。

ノートにお気に入りの鉛筆で。

 

 

書いてみると、自分が何にモヤモヤしていたのか気づけてスッキリしますし、

何より、私が私の気持ちを丁寧に観てあげたという満足感もありますから。

 

 

 

そして、感情は「自分のほんとうに望んでいること」を教えてもくれているので、

 特にネガティブ感情が起こってきたら、

しっかり自分を感じてみつめます。

 

 

それが、自分の幸せの純度を上げることにもなっていて、
大切な幸せのステップアップ時間になっています。

 

 

 

 

旅行や出張にも持っていきますし、
ベットサイドにもノートは置いてあるんです。

神様から受け取る言葉も書き留めるの為もあるのですが。

 

 

 

 

 

どうぞ、あなたの大切な気持ちを便箋に書いていってくださいね。

 

 

便箋の材料はパルプ(木)です。

木の精霊に、あなたの気持ちを受け止めてもらってくださいね。

 

 

 

次回は、お手紙セラピーステップアップ編です。

もう少し詳しくお話していこうと思います。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ
*自分の気持ちを大切にする方法

*子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

 

こちらも
しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

5月

18日

ともに魂かがやき、 花ひらいて

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私はというと、このところまた霊力がアップしていて、

その為に常に私の周りに神々が守護してくださっている状態です。

 

 

また、前世の妹に再会したり、

ソウルグループの仲間との出会いも続いていて、

みんなで何かをすることになるのだなと、

大切なことをし始めている感じがしています。

 

 

 

 

こう書きながら、

実は、人って変われば変わるものだと笑ってもいるんですよ。

 

 

以前にもお話しているけれど、

何年か前までは「前世?ばかじゃない?」なんて思っていたんですから。

 

 

心理の勉強をしていますから、

仲間に前世療法家もいるわけです。

 

なので、その仲間たちの話も「ふ~ん」だったのに、

ある時から、前世をフラッシュバックのように思い出し、

自分に何が起こっているのかさえわからなくて、

もうぐらぐらになってしまったんです。

 

前世療法家の仲間には、ほんと助けてもらいました。

(前世でも何度も助けてもらっていて、有難いご縁です)

 

 

 

その数年前は、サイキックとエンパス能力が大きく開き大変な時期でした。
あらゆる情報が入ってくるため、

電車には乗れない、お買い物は近くのスーパーに人がいない時間に行く、

なんて有り様でした。

 

 

 

サイキック、霊能力って聞くと、

憧れられたり凄いと思う方もいますけど、

実際は、見たくないものを日常的見るようになるのです。

 

なので、私たちからすれば、見えない人が羨ましくもあるのですよ。

子供の頃は「人間になりたい」って思ってました・・

 

 

 

 

たとえばだけど、

笑顔で良い人に見える前にいる人が、

実は、会社で部下にパワハラをし何人も退職に追い込んできた人だと観える。

 

元気そうな人の寿命が観える。

もうすぐお別れだとわかる。

 

 

 

あなたならどうですか?

こういったことが観えて、

平穏な心持ちで日々を過ごすことできますか?

 

 

 

また逆に、隠していることも観られてしまうのです。

嘘をついていることも隠している本音も。
心地いいとは思えないのではないかな?

 

 

 

なので、私は友人が少ないです。

私に観られて困る方は去っていかれますし、

観られて困るから去っていかれたのにそれは伏せ、

悪口を言われていたこともありました。

 

私の能力が怖くなり潰しにかかってきた方もありました。

人間関係では、ほんとうに悲しい思いをいっぱいしてきています。

 

今は、そういう方が現れてくれたおかげで強くなりましたし、

人を見る眼も養われたと感謝できるまでになれました。

 

 

 

そして、

だからこそでしょうね、

私の友人たちはほんとうに正直で誠実な人ばかり。

「あなたに嘘ついても仕方ないでしょう」って言ってくれる人ばかり。

 

 

ほんと、嘘をついても仕方がないのでいつも本音トーク満載。

そして、私の辛さを側で見て来ているので、

いつも温かい応援してくれて大好きで大切な友人たちです。

 

そんな友人たちがいつも支えてくれたおかげで、今の私はあるのです。

 

 

 

 

 

人の闇と光を観、

幸せになる人、

不幸せになる人を観て来ているので、

私自身は、素直であろう、

人には誠実に愛で関わろうと決めています。

 

 

 

素直であること。

人に誠実に愛で関わることが、

幸せになる1番大切なことです。

 

 

 

 

 

また、亡くなった方ともお話するので、

命が有限だということもより感じています。

 

 

最近は、

「もし、命があと1年ならどうする?」という問いを自分にしています。

 

その時、その時、大切な人に愛が伝わるようにと思いを込めたくてするようになりました。

 

 

 

 

 

霊能者であることを公にして仕事をしてきましたが、

そのおかげで、人の闇も嫌になるほどみてきました。

数か月体調を崩すこともありました。

 

 

でも、ブログには、敢えて書かないできました。

書いても仕方ありません。

私の課題なのですから。

 

 

 

人はフォーカスすることを現実化します。

 

闇を書き、私の愚痴を書いては光にフォーカスできませんから。

 

 

 

 

 

この世界は、「光と闇」のふたつがあると言われますが、

私自身は、「闇も抱きしめれば光となる」と知っています。

 

 

人が持つ闇は、

その人が闇を見つめ光に変えていこうとするならば、

光に変わります。

 

努力しただけ大きな光になります。

 

 

 

なので、

光に変わる方法、

光を増やしたり大きくする方法を書いているのです。

 

 

 

 

神様にも、

 

闇の苦しみを感じなければ人は自らの光を見ようとはしない。

だから、闇には苦しみが伴うのだ。

 

と教えられています。

 

 

 

 

 

誰もが言わないだけで、

それぞれの人生の中でいろいろな経験をしていています。

 

 

そして、その経験も自分で受け取っていければ、

闇だと思っていた中に光を見つけることができ、

それが、人の輝きを大きくするのです。

 

 

 

 

私はよく、「苦労して来ていないように見える」と言われるのだけど、

お話していく中で、「体験があって、それを光に変えてきているからなんですね」と仰っていただきます。

 

 

そして、そう理解してくださる皆さんは、

やはり闇を光に変えてきた体験をお持ちの方々。

 

だから、理解し合え繋がれるのです。

そんな出逢いは、ことのほか嬉しく思うのです。

 

 

 

 

人生は、人それぞれ。

 

あえて言わないだけで、その人にはその人の深く豊かな人生を送ってきています。

 

霊能者として、輪廻転生も観ますから、

数十年の今生だけがその人を作っているのではないことも知っています。

 

 

何千年、何百年と生きてきている魂の私たちなのです。

 

 

 

でも、今生の体験は今だけ。

 

笑顔多き今生の時間を過ごしたいと思うのです。

 

 

このブログをお読みくださる皆さんとは、

 

ともに魂かがやき、

花ひらいて行きたいと思っています。

 

 

繋がってくださって、ありがとう。

 

 

 

 

 

今日は、思うままに書いたのですが、

何かお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

5月

17日

幸せな自分になるシンプルな方法 ステップアップ編

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は、緑の日。
ゴールデン・ウィーク満喫していますか?


さて今日は、
昨日の幸せな自分になるシンプルな方法のステップアップ編をお送りしますね。

 

 

 

幸せな自分になる というのは、
今の自分からステップ・アップするということ。

 


それは、

変わるということ。

 

今までとは違う新しい自分になるということ。

 
今までと違う心の在り方になり行動も新しい行動になるということ。

 

 

  

実は、ここが注意するところ。

 

それは、 

みなさん、変わりたいと言いいつつ今までと同じことされるのです。

 

 

 

昨日のお話では、

 

『好き』と『嫌い』をノートに書き出し、

好きを選ぶように意識すること、

嫌いは手放していくことが幸せな自分になるシンプルな方法とお話しました。

 

 

なので、実践していくと、

自分の世界に『好き』が増え、『嫌い』が減っていくことになります。

 

それは、ワードローブの中がきゃっ♡っていう大好きな服が増え、

嫌い・役に立たない服が無くなっていく感じ。

 

どうですか?

ワードローブだとイメージしやすいのではないかしら。

 

 

 

 

変わる人の特徴として、

セッション後にお会いすると、

髪型や服装、お化粧が変わります。

 

 

そして、今までは無理だと思っていた新しいことにチャレンジし始めていることも多いのです。

 

それは、『嫌い』なことをやめたことで自分が楽になることに加え、

『好き』なことを増やしたことでワクワクすることが増えるから。

 

 

エネルギーで観ると、マイナスエネルギーが減り、

プラスエネルギーが増えるのですから、

結果、プラスエネルギーが大きく増えることになるため、

 

 

無理だと思っていたことも「出来るかも♪」に思えて、

行動するエネルギーも以前より多い為、

すんなり出来てしまうことになるからです。 

 

 

 

『好き』『嫌い』をノートに書き出して実践行動していくと、

 

不思議なほど、

「あっ!そういえば、あれしたかったんだ!」

「そういえば、子供の頃に諦めちゃったあれ再挑戦してみようかな♪」

「ちょっと怖いけど、憧れのあの洋服着てみようかな♡」

 

なんて、心の奥にしまい込んだ望みが出てくるようになるのです。

 

 

 

そして、この『好き』をすればするほど、

エネルギーは大きく早く動くので、

幸せな自分になることが簡単に早くできてもしまうのです。

 

 

ただ、『好き』『嫌い』をノートに書き出して実践行動していくと、

このエネルギーの加速が起こるので、

ちょっと怖い・・と感じてやめてしまおうとすることもあるのですが、

(動くエネルギーが大きくなるので、環境が大きく変わることも起こりますから)

 

エネルギーの加速が起こっているとわかっていると安心できると思います。

 

 

そして、もしスピードを少しゆったりにしたければ、

実践行動のスピードを緩めてあげれば大丈夫。

 

 

 

のんびりゆったりカメさんタイプの人と、

一気に行くぞのウサギさんタイプの人がいますから、

自分のタイプを観ながら、自分に合わせて進んでみてください。

 

 

ちなみに私は、カメさんとウサギさん混合タイプです(笑)

 

体力と大切な人達の歩調も観ながら調和した進み方をしたいからなんですね。

 

 



では、昨日のノートにさらにしたくなったことも書き加えて、

あなたらしい進み方を感じて実践してみてくださいね。

 

 

 

自分が望んでいたほんとうの幸せがどんどん広がっていきますから♪

  

 

 

 

 

こちらもどうぞ。 

しあわせのヒント集

 

 

 

 

2年前の記事に加筆してお届けしています♡

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。  

 

 

  

2017年

5月

17日

幸せな自分になるシンプルな方法

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

ゴールデン・ウィーク真っ最中!
みなさん、いかがお過ごしですか?

 

 

私は、熟考&アウトプットの波が来ているので、
心とエネルギーのことを考察しています。

 

大好きな仲間たちとシェアしながら、
あれはこうだね、
これはこうすると効果的じゃない?なんて。

 

 

 

つくづく、好きなんだなと思います。
心とエネルギー、見えない世界のこと。

 

 

 


子供の頃から人間観察が好きで、
エネルギーもわかるので、

 

「この人、ここをこうすれば素敵になるのにな」なんて、
周りの人を観察していました。(笑)

 

 

 


時には、
同級生が素敵な転校生をからかうのを見ながら、


「羨ましいなら、羨ましいって言えばいいのに、

 なんでからかうんだ??」って

 

不思議に思ったり、

卑怯な振る舞いに怒ったりしていました。

 

 

 

 

とはいえ、学年で1番のチビ(&やせっぽち)だったので、
いじめられてる子を助けることができなくて、


帰り道にそっとその子の後ろを歩いて、
頑張れ!頑張れ!って心のなかで叫んでました。

(今思えば、エネルギー送っていたんですね)

 

 

 

 

 

そういえば、

中学生1年の時、

 

相変わらずのチビだったのに、
あまりの怒りにホウキを持って男子を追いかけ殴ったことがありました。。。

 

「失礼極まりない!!」と仁王立ちで。
(友人に対しての失礼に怒りました)

 

それから、一目おかれる存在になった私です。(^_^;)

 

怒ること、大切です♡

 

 

 

 

 

 


卑怯&失礼な人、今も嫌いです。


エネルギーも心地よくないので、
私は離れます。


だって、人生の時間は有限です。

勿体なくないですか?


大好きな人たちと一緒に過ごしたいですから。

 

 

 


そして、失礼&卑怯な行為をする人は、
コンプレックスを持っているから。

 

コンプレックスは自分の課題です。

失礼&卑怯な行為で人に向けるものではありません。


自分で克服していくものですから。

 

 

 

 

 

大人の特権は、

 

自分で自分を幸せに出来るということ。

 

 

 

 


子供の頃は、
周りの大人や環境で幸せが左右されることがあるけれど、


大人になれば、
自分でいろんなことを選ぶことも行動もできるのですから。

 

 


仕事も、

 

着る洋服も、

 

一緒にいる友達も、

 

人生を歩むパートナーも、

 

住む場所も、

 

食べる物も選べます。

 

 

 

読む本も、

 

見るテレビ番組も、

 

聞く音樂も。

 


ありとあらゆること、

 

自分で選べるのです。

 

好きか嫌いか自分の選択で。

 

 

気づいています?

 

 

 

 

 

これらのチョイスを、


自分のハートを感じ『 好き 』で選んでいけば、
自分で自分を幸せにすることは意外なほど簡単。

 

 

 

 

幸せじゃないという人は、
好きじゃないものを選んでるだけ。

 

 

 

 

妥協したり、

損か得かって考えたり、
自分に我慢させたり犠牲させたり、
愛される為に自分を偽ったり媚びを売っていたり、、、

 

こういったチョイス、

世の中には多いのだけど、

 

でも、しっかり考えると、
自分を愛していないこと していることに気づけます。

 

 

 

 

 

なので、

好きじゃないものはやめる、


自分を愛していない行動をやめる。

 

 

それは、

妥協をやめる、

損得で考えるのではなく『好き』で選ぶ、

自分に我慢させたり犠牲させることはやめる、
愛される為に自分を偽ったり媚びを売ったりしない、ということ。

 

 

 

これをするだけで、
幸せになることはできるのです。

 

 

 

 

 

『好き』を選ぶ。

 

『嫌い』をやめる。

 

 

 

ただただ『好き』で選ぶことをしてもいいし、

我慢や犠牲が多いと感じる人は『嫌い』をやめて自分を楽にさせてあげること優先でもいい。

 

そして、『好き』を選び『嫌い』をやめるを同時進行なら、

相乗効果で幸せは加速的に現実化していきます。 

 

 

 

 

このことを実践するお勧めの方法は、

ノートとペンを用意して、

 


好きなこと。

嫌いなこと。

 

とにかく書き出してみる。 

気づいた時にはいつでも書き加えて好き・嫌いのリストを作る。

 

※書くことの効果はこちらを参考に

願い事、なぜ書くと願いが叶うのか

 

 

 

そして、

嫌いなことに関して、


「ほんとうはどうしたい?」って自分に本音を聞く。

 

 

大事なのは、ハートを感じながら。

 


ハートが幸せを教えてくれるコンパスですから。

本音が出た時、ハートは開いたりゆるんだりします。

身体の感覚が1番幸せを教えてくれます。

 

 

※ 頭の思考は幸せを教えてくれるコンパスではありません。

頭の思考は、「どうしたい?」で出て来た本音を叶えるために

どうしたらいいか具体的な行動方法を考えるのに使ってくださいね。

 

 

 

 

このノートに書く方法は、

幸せへの新しい選択と行動を見つけることができます。

 

 

そして、大切なのは実践すること。

 

 

心の中のイメージだけでも変化は起こりますが、

身体という物質を動かすことでエネルギーが世界に大きく影響し、

変化はより大きく速度も速くなりますから。 

 

 

 

では、ゴールデン・ウィーク、

楽しんで。

  

 

 

 こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

2年前の記事をよりわかりやすく加筆しておおくりしています♡

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。  

 

 

2017年

5月

16日

感情が変わると現実が変わるわけ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

このところ、前にもまして波動が上がってきています。

皆さん、体調はいかがですか?

感情の揺れがある人もあるかと思います。

 

  

どうぞ、ゆっくり深呼吸をして身体の緊張をほぐしてくださいね。

地に足をつけグラウンディングを深めることも大切に。

 

 

そして、感情が出てきたら無視しないで

受け取りそのまま感じてあげてくださいね。

 

 

感情は受け取り感じれば数十秒で昇華できます。

単なるエネルギーでしかありませんから。

昇華できると波動が上がりますからぜひ。

 

 

 

 

先日、星を読める友人から、

「9月までに決めるのが大事。」と。

 

どういうことか聞いてみたら、

9月までに自分の生き方を決めないと固定してしまって、

それ以降は変えることが難しくなる というのです。

 

 

 

実は私もその流れを感じていて、

夏までにはあれとこれとと行動開始しているのです。

 

 

 

昨年から、感情解放のこと何度となくお伝えしているのも、

実は、そのため。

 

 

私たちは、子供の頃から何かしら怒りや寂しさ悔しさなど自分の中に溜め込んできています。

 

その溜め込んだ感情が、世界を見る時のフィルターにもなり、

 

「どうせ私は大切にされない」

「いつも助けてもらえない」

「私ばかり損する」

 

といった世界の見方をしていることもあり、

 

この見方が、幸せの波に乗れない原因になっているのです。

 

 

 

エネルギーの視点で観ると、

世界の見方が、

その人のエネルギー(波動・周波数・オーラの色)に現れていて、

同じエネルギーものを引き寄せているのです。

共振し引き寄せるのです。

 

 

 

なので、

 

「いつも私は大切にされる」

「いつも助けてもらえる」

「私はラッキーな人」

 

という世界の見方ができると幸せの波に乗れるようにもなるというわけ。

 

 

 

 

 

以前ご紹介したエイブラハムの感情の22段階

これがとても分かりやすいので、また載せますが、

 

 

例えば怒りの感情を持ちやすい人は怒りを溜め込んできていて、

怒りのフィルターを通して世界を見るので、

見るもの聞くもの読むものに怒りの反応をすることが多いのです。

 

 

いつも何かしらイライラしたり怒ったりしている人は、

こういう状態ということ。

 

 

 

 

そして、怒りの反応が多いですから、

怒りのエネルギーを発信している時間も多くなります。

 

なので、現実も怒りのエネルギーを発するものを引き寄せ、

怒りの世界に住む、という現実になっているのです。

 

 

怒りを歓びに変えて↑読んでもみてくださいね。

 

 

 

あなたはどんな感情を感じることが多いですか?

 

あなたの頭の中は、どんな言葉、イメージが多いですか?

 

 

怒り?それとも歓び?

 

 

 

では、下記の感情の22段階で確認してみましょう。

 

 

 

 

【 エイブラハム 感情の22段階 】

 

 

1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝

2.情熱

3.興奮/没頭/幸福感

4.ポジティブな期待/信念

5.楽観

6.希望

7.満足

8.退屈

9.悲観

10.フラストレーション/イライラ/我慢

11.圧迫感

12.落胆

13.疑念

14.心配

15.自責

16.挫折感

17.怒り

18.復讐心

19.憎しみ/激怒

20.嫉妬

21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値

22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能 

 

 

 

 

先日の子育てのお話で、

心配のエネルギーは足かせになるとお話したのだけど、

この感情の22段階でいうと心配は14段階のエネルギーレベル。

 

 

親が子に望んでいるのは成長や幸せです。

 

なので、心配の14レベルのエネルギーで子供を見るのではなく、

信頼という6、5、4レベルのエネルギーに上げて見てあげることが子供の為になるわけです。

 

 

先日のお母様は、自分の心をしっかり観て、

心配から信頼に変えました。

 

 

それは、エネルギーのレベルが変わること。

だから、翌朝には問題だと思っていたことが消えた。

 

エネルギーレベルが上がったので、

心配な現実は現実化されなかったということです。

 

 

 

住んでいるエネルギーの世界が変われば、

起こる現実も変わるのです。

 

 

この表を参考にするとよくわかると思います。

 

 

 

そして、自分がどのレベルの感情を持つことが多いのかわかれば、

自分が住んでいる世界のエネルギーレベルもわかるかと思います。

 

心配が多ければ、心配な出来事が多い世界に住んでいる。

 

喜びが多ければ、歓びの出来事が絶えずある世界に住んでいるということ。

 

 

 

幸せな人や成功者と言われる人が、

皆さん揃って愛や感謝が大事だと言うのは、

愛と感謝のエネルギーレベルだと幸せや豊かさが引き寄せられること、

体験として知っているからなんですね。

 

 

感情が変われば、起こる現実が変わるということを。

 

 

 

  

 

そして、感情解放って、

実は、アンチエイジングに凄く良いんです。

 

 

感情解放を1回するだけでお肌の透明感は上がりますし、

回を重ねると、

無邪気でピュアな自分が現れてくるのでほんとうに綺麗になるんです。

 

気の流れも良くなるので身体にもとっても良いですし、

出逢う人も幸せな人ばかりになっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの世界は、どんな感情の出来事が起こっていますか?

 

あなたはどんな感情を持つことが多いですか?

 

 

 

 

自分を観ることが苦手な人は、

ノートにこの質問と自分の中から出て来た答書いてみてくださいね。

 

書くことで自分を客観視できますから気づくこと多いですよ。

 

 

 

では、9月までに決めていきましょう♡

 

 

 

 

今、とても大切な時期なので、

感情解放はほんとお勧め。

 

 

感情解放は自分を愛すること、修行にしないでくださいね。

自分ご褒美をいっぱいあげながら進めてください。

ご褒美が満たされスムーズに進むポイントです。

 

 

いくつか参考記事載せておきます。

 

*自分の気持ちを大切にする方法
*感情の22段階。心地いい感情に戻る方法

*何をしても満たされない理由

*愛の自分でいたいのに出来ないあなたへ

 

 

 

 

こちらも参考に

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションリニューアルのため、現在セッションページを閉じております。

皆さんにとって最善のものにしたいと思い天にお尋ねしています。

また、小さなお話会なども開いていく流れになってきていますので、

詳細が決まり次第、お知らせしていきますね。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

14日

母の日。素直に感謝できなくても。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

母の日、いかがお過ごしですか?

 

 

今日は、母の日。

お母さんに感謝を伝えたりプレゼントをしたりされましたか?

 

 

 

中には、いろいろな思いから素直に出来ない人もあると思いますし、

天国に行ってしまって出来ない・・と寂しさを感じている人もあるかと思います。

 

幼い頃に親を亡くしているかたは、ずっと寂しい思いされていると思います。

寂しさを超え、よく頑張ってきましたね。

どうぞ、ご自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

 

 

母の日は、いろいろな思いが交錯する日でもあると思います。

私もその一人。

 

母が生きている時は葛藤に苦しみました。

亡くなって、改めて、母の気持ちを知ることも多く、

もっと早くに母を理解できていたら・・とも後悔しています。

 

 

 

そして、未熟な魂どうしで親子をするのだから、

仕方がないことだったとも思います。

 

今では、その体験があるからこそ親の愛情を理解できるようになったのだと思うからです。

 

親の愛情に、なんの不満も感じなければ、

愛を学ぶことはありませんでしたから。

 

 

 

 

 

親との関係で悩まれる方のご相談も多いです。

 

先日は、お父さんのご相談がありました。

 

「私、アダルトチルドレンだと思います・・」って。

 

 

この方は、アダルトチルドレンの本を読んで自分もと思われたそうです。

私からは、もう読まないようにとお伝えしました。

読むことで、本のエネルギーに影響されマイナスの思い込みが強化されるからです。

本のエネルギーは大きいものです。どうぞ幸せに向えるものを吟味して選んでくださいね。

 

 

 

 

 

家族は身近な存在だけに、
葛藤も生まれやすいもの。

 

 

そして、母の日は、

世の中の素直に感謝を表している人と自分を比べ、
そうできない自分を責めている人も多いのです。

 

でもね、
自分を責めるのはもうやめませんか?

 

自分に優しく優しくが1番。

 

この世界で1番大切にする人は自分自身。

 

 

 

 

親に対してあれこれ思ってもいいんです。

 

だって、傷ついたのですから。

 

 

私も、私の中に傷ついた小さな私がいましたからわかるんです。

その辛さ。

 

だからこそ、自分で自分を傷つけるのはやめましょうね。

 

 

 

 

昨日の子育てのお話でも書いたのだけど、

子供の方が親よりも魂が進化していることが多いのです。

 

 

また、育ってきた環境(社会情勢など)も親と子では大きく違うので、

子供が望むような育て方をしてもらえないことも多いのです。

 

 

 

親だから理解してほしい。

 

ありのままの自分を愛してほしい。

 

 

そう思うのだけど、

親が未熟なため、

親に望むのは難しいのです。

 

 

 

また、魂のレベルでみていくと、
わざわざそういう親を選んでいることも多いのです。

 

 

そういう方は、辛い体験をとおして、

自分の中に多くの愛があることを受け入れていかれます。
それが出来る親を選んできていることもあるのです。

 

 

 

怒りや悲しみの量だけ、

その逆である愛を持っているのです。

 

 

闇を体験する人ほど、

闇の自分も受け入れていくと、

闇は光に変わり、溢れるほどの光を放っていかれます。

 

 

 

 

 

母の日。

 

いろいろ思うことがある人は、
いろいろ思うことを許し、
自分がほんとうに望んでいる愛はどういうものだろう?と自分に聞いてあげてください。

 

そして、それを誰かに求めるのではなく、

自分で自分にプレゼントしてあげてくださいね。

 

 

自分で自分を愛し、満たせると世界は一気に変わっていきますから。

 

 

親から、『心の自立』していきましょうね。

 

 

 

 

 

 

こちらも参考に

*自分の気持ちを大切にする方法
*欠けた所探しゲーム
*感情の22段階。心地いい感情に戻るには

*進化した魂の子供たち

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

13日

幸せな子育ては、心配ではなく信頼を

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

明日は、母の日ですね。
お母さんに、何かプレゼントなどされますか?

 

 

私は先日、母のようにいろいろアドバイスをくださる方に

日ごろの感謝をプレゼントにしてお渡ししてきました。

 

そして、息子からは母の日プレゼントが届き、

彼の成長を感じて、子育てした自分を改めて受け取りました。

 

天国にいる母には「何がいい?」と聞いて、
母にお供えしようと思います。

 

 

お母さん。

自分が生まれてきたルーツです。

母の日に、自分の中のお母さんへの思いに触れてみてはいかがでしょう?

 

 

 

さて今日は、子育てのことお話したいと思います。

 

子育てのお悩みも多いものなのですが、

でも、実は、子供は親の心を反映しているので、

親の心が変わると、子供に悩んでいたことがあっさり消えていくのです。

 

 

 

では、先日、FBに書いたものからお話しますね。

 

 

 

********

 

 

子供は信頼で。

そして、子の親である自分も信頼してあげましょう。

 

 

子育てのご相談から。

 

子供が心配であれこれ言ったりしたりするのはわかります。

我が子ですから心配になります。

 

でも、心配は子供の成長の足かせ。

できない子と見ること。

 

心配は信頼に変え、この子は大丈夫、できると見てあげること。

 

そして、

子供を信頼できないのはお母さん自身が自分を信頼できてないため。

(ハッキリ言ってごめんなさいね。)

 

 

自分の心を子供に映して心配になっているのです。

 

まず ご自分の心をジックリ深くみて、

自分の心に気づきましょう。

自分を信頼してあげましょう。

 

これまで、いっぱい頑張ってきたあなたなのですから。

お母さんは大丈夫。

 

お母さんの心が変われば子供たちは自然に可能性を開いていきます。

 

問題だと思っていることは消えていきます。

お子様ではなくお母さんが作りだしていたと体験しますよ。

 

 

お子様のご相談にこう答えし、

この聡明なお母さんは「胸にぐっとくる」と言ったあと、信頼に変えられました。

 

すると、翌朝から問題だと思っていたことはなくなったそう。

 

問題は自らの心が作り出していたことに気づかれました。

 

 

 

 

最近感じるのは、小さな子供だけでなく、

大きくなっていても、

さらに、大人になった子供にも心配して、

子供を自分の側に置き子供の人生を行き詰らせるお母さん。

 

 

それは、自己満足な間違った愛情の使い方。

子供をほんとうに思う愛ではありません。

 

 

親は子供に育てられると言いますが、

それは子供を通して、自分の弱い心に向き合えるからです。

 

親も子も、お互いが魂輝く生き方できるといいですね。

 

 

 

********

 

 

こうFBに書いたのですが、

いかがでしょう?

 

 

お子さんのこと、あれこれ心配し、口出ししていませんか?

 

以前も、このお話でお伝えしたのですが、
子供の方が魂では進化した魂です。

 

実をいうと、親を超えている子なのです。

 

 

 

 

そしてまた、

親自身があれこれ心配してしまう自分に気づき、

「自分はどうして子供を信頼してあげれないのだろう?」と自分の心に向き合うことが大事。

 

 

心配している自分に気づいていない方も多いですし、

また、心配を愛情だと思っている方も多いものです。

 

 

 

世界は自分が創造しているのですから、

問題だと思うことも、

自分で創造しているのです。

 

 

だから、

「自分はどうして子供を信頼してあげれないのだろう?」

 

このように、子供に向いていた意識を自分に向けること。

意識の方向を自分に戻し、

 

自分の心の中で起こっていることに気づくことが大事なのです。

 

 

 

意識の方向を自分に向け、

 

自分の心を知っていくと、

 

外側の出来事は自分が創り出していることに気づけるのです。

 

 

 

今回ご相談くださったお母さんは、

「胸にぐっとくる」と言われたことからわかるように、

頭の思考ではなく『肚』で理解されました。

 

 

それは、翌朝から悩んでいたことが消えるというミラクルとも思える現実を創り出したのです。

 

 

 

子供だけではなく、
出逢う人もまた、自分の写し鏡のお役目をしてくれるものです。

 

 

 

自分を信頼するとは、
世界を信頼することになり、
一気に望む世界が現れることにもなります。

 

 

 

ぜひ、この幸せのカラクリに気づいていきましょう。

 

この世界は、とても優しい世界ですから。

 

 

 

こちらもご参考に

*心配のエネルギー

*生まれてきた理由

*自分を信じてごらんなさい

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションリニューアルのため、セッションページを閉じています。

どうぞ、ご了承ください。

また、セッションへのお問い合わせはお受けしていますので遠慮なくどうぞ。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

11日

美しい魂、光の戦士たち

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

先日、東京表参道のこちらに足を延ばしました。

 

『ダウン症のある子をもつ“母”と、その子を捉えた写真展』

 

その際の、FBに載せたものをシェアしますね。


********

 

 

母の日。

 

表参道駅B1出口。

 

光の戦士、天使の写真展に号泣中。

 

ここでも、金澤翔子さん泰子さん親子。

 

ほんと綺麗な魂たち。

 

翔子さんの作品をある美術評論家の方に見せようとしたら、

「世俗に汚れた自分は見るのが辛い」と言われたそう。

 

世俗に汚れたからこそ、美しい魂が奏でるものに目を向けてほしい。

 

あなたも美しい魂の持ち主なのだから。

 

 

 

********

 

 

この数日前には、日本橋三越で開催中の金子みすゞ・金澤翔子展も拝見して、

みすゞさんと翔子さんの魂の美しさに感動していたところ。

 

 

そこに、

 

この写真展でも翔子さんとお母様の泰子さんのお顔があり、

 

なんとも言葉にできないメッセージを受け取ったのです。

 

 

 

 

ダウン症、障害を持つ方。

 

社会では弱者と言われる人たちですが、

 

私には 強く美しき魂の持ち主であり光の戦士にしか見えなくて、

 

ただただ、その魂の美しさに自分の生き方を振り返らざるをえなくなるのです。

 

 

 

 

翔子さんの作品をある美術評論家の方に見せようとしたら、

「世俗に汚れた自分は見るのが辛い」と言われたそう。

 

世俗に汚れたからこそ、美しい魂が奏でるものに目を向けてほしい。

あなたも美しい魂の持ち主なのだから。

 

 

 

こうFBに書いたけど、

世俗に汚れることは、生きていたら致し方の無いこと。

 

だからこそ、

自分の魂の霊性や美しさ輝きを思い出そうとしてほしいなと思います。

 

 

その時、本来の自分を思い出し、

進む道が違っていたと気づくなら、

本来の道へと軌道修正すればいい、そう思います。

 

 

 

 

この写真展、

駅の通路での開催ということもあってか、
ほとんどの人が足を止めることも、

写真に気づくこともなく足早に歩いていかれました。

 

 

 

そして、時おりだけど、

足を止め見入る人が現れ、何とも言えぬ安堵を感じました。

 

 

 

 

『ダウン症のある子をもつ“母”と、その子を捉えた写真展』

http://openers.jp/article/1542367

 

 

 

もし、お近くに行かれることがあるなら、
ぜひ、この写真の強く美しい魂の人たちに出逢ってきてください。

 

 

そして、あなたが生まれてきた意味を感じてもらえたらと思います。

 

あなたも美しき魂の持ち主なのですもの。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

5月

04日

【 天から降りてきた言葉 】自分を愛するとは。。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

天から降りてきた言葉。

 

 

***

 

 

自分を愛するとは、

自分の中の神様を愛すること。

 

 

***

 

 

 

誰の中にも神様がいます。

 

というか、私たちそのものが神様のひとしずく なのです。

 

生まれて来るというのは、

それだけで愛され許され、

自由に遊んでおいで~と送り出されたこと。

 

 

自分を愛していますか?

慈しんでいますか?

 

 

この世界、楽しみましょうね♪

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

5月

04日

満たされた女性の歓びから歩き出す

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

ちょうど1年前の記事ですが、

再アップしますね。

 


女性としての自分を大切にすることで迷いがある方に。

何かヒントになればと思います。

 

 

 

男性と女性では性への捉え方が違います。

そして、大事なのは女性が女性である自分を大切にすること。

 

自分を大切にしましょうね。

 

それが、幸せの波に乗る1番の近道ですから。

 

 

 

 

********

 

 

 


GW真っ最中、いかがお過ごしですか?
私の所は、

昨日の雨と風がやみ今日は綺麗な青空が広がっています。

 


木々の新緑に目を移せば、
日を追うごとに色濃くなっていて生命力を感じる季節です。

 


皆さんも、新緑の生命力エネルギーに触れ、
リフレッシュ&元気アップしてくださいね。

 

 

 

さて今日は、先日のお話の最後に書きました女性性のお話をしていきますね。



ここ数年、女性性が話題になることがとても多くなりました。
また、女性性開花のセミナーやセッションを提供くださるかたもすごく増え、
その増え方にちょっと驚きつつ世の中を見ています。
(山の上から下界を眺めている仙人みたいな感じかも。笑)


そして、情報が溢れるほど増えたせいなのでしょうか、
情報に翻弄されて自分を見失っているかたもちらほら。。

 


中には、女性性開花をしなければ(いけない)と無理をしたり、
躍起になってしまったりしているようにも感じます。

 

 


本来、女性性をひらいていくことはとても豊かで心地いいものなのだけど、
現状は、逆の体験をしてみえるかたもあって、
お辛いのではないかな?と思っています。

 

 

いかがでしょう?

心地よくて自分らしいと感じる女性性開花をされていますか?

 

 

 


私の経験からお話させていただくと、
女性性開花は、

おひとりおひとりの美しい花がゆっくりと開いていく感じです。
それは、豊かな香りがふんわり香るような花ひらく感じ。

 


または、豊かなお湯をたたえた温泉が

静かに豊かに優しく広がっていくようでもあります。
イメージできるでしょうか?

 

 


子宮に灯りを灯すことを中心に、

女性性のワークやセッションをしていますが、
私が観ている女性たちは、

この花がゆっくり開いていくようでもあり、
豊かなお湯が静かに優しく広がっていくような開花をしていかれます。

 


その時間は、滋養に富んだものであり至福そのものです。

 


なので、もし滋養や至福というようなものでないなら、
どこかご自分を無理させる方向になっているのかもしれません。

 

 


女性性は歓び。
歓びだけですから。

 

 

 

 


女性性を開花していくのは、
とても簡単なこと。

 

ただ、女性である自分を丁寧に愛おしんでいく。
それだけなのです。

 


丁寧に愛おしむですから歓びしかないということなのです。

 

 


先日のお話の中に、
セクシャリティを専門のカウンセラーの方に、
「何事も経験だから、飛び込んでみては?」とアドバイスを受けたけど、
そのアドバイスを取り入れるのは私の幸せではないとわかった方がみえました。

 


この女性、女性性開花の歓びを知っていたからわかったのです。

 


歓びを内に持っていると、
幸せでないものがわかります。


もしアドバイスのままその男性とお付き合いしても、
自分の中にある歓びが膨らむことにはならない、
そうお分かりになったからお断りできたそうです。

 


因みに、その男性の方は既婚者だったそう。
もし交際をお受けしたら、
自分もお相手の奥様も傷つけることにいずれはなるだろうと思って、
それは自分らしい幸せを作ることではないと判断なさったそうです

 

 

 

 


自分の中に歓びがあることを感じられていないと、
「ない」と思い不安や不足感から、
外側の誘惑に安易に乗ってしまうこともあります。
人は弱いですから。

 

 

でも、自分の中に(子宮に)灯りを灯し、
すでに自分の中に歓びも豊かさも心地よさもあると感じられていると、
やって来たものが自分らしい幸せを創り出すものかどうか、
ゆっくりと吟味できる余裕が生まれるものなのです。

 


女性性は、受け取ること。

 


女性性を開くというのは、
ただただそのままの自分で豊かに愛され与えられることを知っているということ。


頭(思考)ではなく、

心と身体の感覚として、
そのままで愛されることを知っている状態なのです。


なので、与える性である男性が与えたくなって集まって来られます。
(自分から取りにいくことも競争して勝ち取る必要もないということです)

 


ふんわりと輝いて花ひらくお花に蝶や蜂が集まるように。

 


なので、わざわざ既婚の方とお付き合いすることは無いですし、
もし、来られても

「あなたは私のパートナーにふさわしくありません」と、
お姫様の自分でお断りもできるのです。

 


そして、自分を愛し満たしていけば、
その輝きにふさわしい王子様が現れる流れ(波動・エネルギーレベル)になります。

 

 


☆今回の既婚男性は「サイン」です。
ふさわしい男性が現れるまえに85%望みを叶えたお試し君が現れることがよくあります。
本命が現れたと浮足立ってしまう方もあるのですが、
自分らしい幸せの形を基にしっかりと見ていただきたいと思います。

 

 

 

 

女性性を開くというのは、
自分を丁寧に愛おしんでいくこと。

 


自分で自分に愛を注ぐこと。

 


すると、満ち溢れていきますから、
自分にふさわしい愛がわかり選んでもいけるようになるのです。
この選ぶ力は、男性性が開花した状態です。

 

 

 


何度も言いますが(笑)

 


女性性を開くというのは、
自分を丁寧に愛おしんでいくこと。

 


自分で自分に愛を注ぐこと。

 

 

 

もし、辛さや頑張らなきゃって無理な力が入っているなら、
ちょっと立ち止まって、


「これは自分を愛すること?」

「丁寧に愛おしんでいることかしら?」と、
自分に聞いてみてくださいね。

 

 


違和感が少しでもあれば、
その違和感に丁寧に寄り添って感じていってあげてくださいね。


それが、自分を丁寧に愛おしむということですから。

 

 

 

 

 

現代は情報が溢れています。


その中で、どの情報を選び取るのか、
その力も大切なこと。

 


どうぞ、
心地いい幸せを

丁寧に繊細に感じて選んでいってもらえたらなと思います。


あなたの幸せはあなたが創るものですから。

 

 

 

 

 

 

最後にRさん、

記事にさせていただいてありがとうございます。

 


そして、お返事にも書きましたが、
今回のことは女性性が開いて魅力的になっている証拠です。


なので、ご自分の魅力が溢れていること受け取っていってくださいね。
そしてさらに、女性であるご自分を愛おしんでいってください。
ますます女性性が開花していかれますから。

 


また、セッションでご両親の愛に気づいていっていただきましたね。
あれをこれからもしていって、愛を受け取り続けていてください。
Rさんが愛にあふれますから。
ご両親の愛と女性性開花の愛とでRさんが愛そのものになっていかれますよ。


どうぞ安心して幸せの中で愛を感じていてくださいね。
それが、望まれていたことが現れてくることになりますから。
応援しております。

 

 

 

 

 

 

皆さんにも、いっぱいの愛が届きますように。

歓びから女性性、開花していきましょうね。

 

 

こちらもご参考に

 

☆女性性開花とグラウンディング


☆報われない恋を手放したら・・


☆たおやかにゆったりと花ひらいて

 

 

 


大切なあなたへ
愛を込めて

 

 

 

********

 

 

 

私個人としては、既婚者の方とのお付き合いに良いも悪いもないと思っています。

 


そして、言えるのは、
どの体験も成長のための出逢いだということ。

 

なので、たとえハッピーエンドにならなくても、

出逢いは必ず何らかの気づきとギフトをくれています。

 

 

そのことに気づいていくと、

幸せの波に乗っていけるのです。

 

 

 

 

自分を大切にすることがわからない時は、

ここから始めてみてください。

 

*子供の頃の好きを思い出す
*言葉を飲み込む癖ありませんか?

 

 

 

 

因みにRさん、一年経った今、

素敵なパートナーと出逢われ結婚準備に大忙しだそうです。

自分を大切にした選択が、本来の幸せの流れを加速させたのです。

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

01日

5月1日 エネルギーメッセージ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

5月1日、

一気にエネルギー変わりました。

 

 

決めてくださいね。

 

変わるのか、

変わらずこのままいくのか、

迷いがある方もあると思いますが、自分の胸に手を当てお聴きくださいね。

 

 

本音は微かな声です。

一見、損をするように思うこともあります。

 

 

魂のチャレンジで心からの喜びの方に進むのか、

エゴのこのまま変わらずいこうで歩いていくのか。

 

 

そして、どちらでもいいのです。

 

魂のチャレンジを選ばなければいけないわけではありません。

 

ただ、自分はこれを選ぶということが大事なのです。

選択を誰かや環境のせいにしないということです。

 

 

自分はこれを選ぶ。

これがそもそも魂のチャレンジなのですから。

 

 

道が整ってきたのを感じる方は、どうぞそのままさらに前に。

大丈夫ですよ。

安心して進んでください。

守られていること感じていきますよ。

 

 

私たちの中には、神様がいます。

何をどう選ぼうとちゃんと守られているのです。

 

 

 

あなたが幸せでありますように。

 

 

 

本音の微かな声が聴きとれない方は、
昨日お話したことやってみてください。
感覚が開いてきますよ。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

2017年

4月

29日

子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

GW始まりましたね。

どんなGWタイムにする予定ですか?

 

 

私はというと、人込みが大の苦手。
子供の頃は、人に酔うことが多く真っ青になっていたことも。

 

 

今は、そこまでではありませんが、

やはり多くの人の中にいるのは疲れます。

 

なので、
こういった時期はお家で自分の大好きなことをすること決めていますよ。

 

 

同じように人に酔う方もいると思います。

どうぞ無理をしないで、自分1番で心地いい環境に自分を置いてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

いろいろな方とお話していて思うのは、
GWだからどこかに旅行にいかなきゃと思っている人が多いということ。

 

 

旅行会社などの宣伝から、
GW=旅行と思い込んでいるのかな?

 

 

 

 

そして、セッションでは、

「ひとりで居ると寂しい人って思われていないか気になります。」と言われる方も。

 

 

もしかして、
ひとり=孤独って思っていますか?

 

 

 

そんなふうに感じます。

 

SNSや、多くの宣伝情報からそう思い込んでしまっている可能性ありませんか?

 

いかがでしょう?

 

 

 

 

 

私たちは、気づかないうちにこういった思い込みを持ってしまっています。

 

なので、自分のほんとうの気持ちを感じていないと、
まわりから受け取った情報に流されることになり、

(エネルギーもふわふわゆらゆらと安定性がなくなります)

 

 

 

それが、

いろんなことをしているのに満たされない・・

その時は楽しいけど、やっぱり満たされない・・

という状態を作り出しているのです。

 

 

 

特に、先日お話した

自分の言葉を飲み込んだり、

感情を抑える人は、この傾向が強いようにも思います。

 

 

 

当てはまるかも・・という方は、

GWは、少し人から離れてみて、

自分がほんとうに好きなこと心地いいことを思い出す時間にしてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

例えば、

子供の頃に好きだったものを思い出し、

ノートに書き出してみたり。

 

 

 

子供の頃に好きだったものは、

自分のほんとうの好きや心地よさで選んでいるので、

あ~、私これが好きだった~♪なんて、純粋な好きの感覚が蘇ってきますよ。

 

 

 

 

人間の記憶の仕組みは、

ひとつ思い出すと、

つぎつぎ思い出していくもの。

 

 

思い出すたびにノートに書いて、
子供の頃大好きだったもののリストを作ってみるのもお勧めです。

 

 

 

 

そして、子供の頃好きだったことを実際にしてみるのもとてもいいんです。

 

好きだった音楽を聞いたり歌ったり、

楽しくなってきたらスキップしたり踊ったり、

また、お花を摘んでみたり、

懐かしいお菓子を買って食べてみたり。

 

 

ノートに書くだけでなく実際に行動してみると、

当時のワクワクする感覚がクリアに蘇ってくるんです。

 

純粋なワクワク感覚を取り戻せるのです。

 

 

 

 

 

 

実は私、

ある時、ふと閃いてこれをしてみたんです。


小学校の頃に好きだった苺のチョコを買って食べてみようって。

それまでは、スーパーで見ても懐かしいね~と思うだけで買わなかったんです。

 

でも、あえて買って食べてみたら、

もう一瞬でふわ~と当時の嬉し~~いって感覚が蘇ってきたんです。

 

 

さらに、大好きだったイギリスのバンドの音楽をYoutubeで探してみました。


すると、なんと!発見!当時の映像と音楽があったのです。
びっくりしつつ聞いてみると、一気に当時の超超ワクワクが蘇ってきたんです。

 

そして、メンバーがおじさんになってて

びっくりでした。(笑 当たり前ですよね)

 

 

 

密かにこんなことしてるんですよ。

笑えるでしょう。(*^^*)

 

 

 

 

そして、この子供の頃の好きの再体験で、

私は私の好きなもの心地いいもの幸せになるものがよく分かるようになりました。

思い出したというほうが合ってるかな。

 

 

私たちの好きや心地いい、

ワクワクや幸せという感覚は、

実は、子供の頃から変わらないのだと思います。

 

 

 

大人になるうちに、

もう子供じゃないんだからなんて手放して、

大人に相応しいものを選んでしまいがちだけど、

心の中には純粋な子供の自分がずっと居てくれています。

 

 

その純粋な子供の自分の感覚を大人になっても持っていることが、

幸せの近道なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ひとりの時間は孤独な時間ではなく、

自分の幸せを満喫する時間で豊かな時間。

 

 

そして、私はこうやって自分を満たせるので、
それが逆に、とても心地いい人間関係が作れる基になっているのだと思います。

 

 

 

 

 

ターシャ・テューダの言葉に、

 

 

『私は、社会通念より自分の価値観に従って生きるほうを選びました。

だから、面白くて充実した人生を歩んできたのだと思います。』

 

 

こうターシャは言っていて、

 

価値観は、自分の好き心地いいというもの。
だからこそ、

それを大切にしたターシャだからこそ、

彼女の生き方やライフスタイルに多くの人が魅了されるのだと思うのです。

 

 

 

 

 

ひとりの時間は豊かな時間です。

 

どうぞ、あなたの好き・心地いい・幸せの感覚を思い出し大切にしてくださいね。

 

それが、幸せの波に自然に乗っていくことにもなりますから。

 

 

 

 

 

 

こちらもよろしければ。

*春待ち月の設定
*どんな場所があなたの心地いい場所ですか?
*幸せでないものを自分の世界に入れていませんか?

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

4月

28日

自分の気持ちを大切にする方法

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

明日からGWが始まりますね。

どうぞ、ご自分をいっぱい休ませいっぱい満たしてあげる時間にしてくださいね。

 

 

 

では、今日も先日のFBに書いた言葉に加筆しておおくりします。

 

ブログでもよく感情解放の大切さをお話していますが、
感情解放というとなんだか大変なことのように思いがちだけど、

実は、こういう些細なことなんです。

 

 

 

 

********

 

 

ほんとうは言いたかった言葉、現わしたかった感情。

どうしていますか?

 

 

いい子でいよう、

いい人でいようと飲み込んだり、

ぐっと我慢したり、

多かれ少なかれ誰もがあると思います。

 

 

 

でも、

その飲み込んだ言葉、

ぐっと我慢した感情をどうしていますか?

 

言いたかった言葉も現したかった感情もちゃんと外に出してあげていますか?

 

 

 

相手に言う、

感情をぶつけるということではなく、

自分の気持ちを自分で受け止めて

 

「そう言いたかったんだね。」

 

「そう感じたんだね。」と

 

自分を知ってあげることが大事です。

 

 

 

これをすると、

1番わかって欲しかった自分に自分を理解され受け止めてもらえたことで、

すっきりしますし、

安心していきます。

 

 

 

多くの方の悩みのもとは安心がないこと。

 

自分で自分の話を聴いて受け取っていくと、

安心が生まれ、

さらに安心は大きくなり、

気づけば、外側のことで不安になったり怒ったりが減っていることに気づかれるでしょう。

 

 

 

悩みの原因は、自分の中に安心がないこと。

 

これは、自分を尊重し愛することから生まれます。

 

誰かに尊重され、

愛されることで一時的には得られますが、

誰かに求めていると、相手に好かれようと自分を偽ることをします。

 

それは、安心を遠ざけます。

 

 

 

自分で自分を尊重し愛することでの安心がある人は、

愛されようと自分を偽ることをしません。

 

ゆえに、愛され続けることにもなるのです。

 

外ではなく内と言われるのは、こういうことなのです。

 

 

 

********

 

 

 

いろいろな方とお話していると、

「そういえば、言いたいことを飲み込んでしまっています。」

 

「感情をぐっと我慢するのが癖みたいです」

そう気づかれる方も多いのです。

 

 

 

日本人の特性でしょうか。。

 

和を重んじることを美徳ともしていますから、

ことを荒立てるよりも、

自分の中に収める方がこの場が納まる、、

そう仰る方も多い。

 

 

では、その自分の中に収めたもの、

その後、どうしているのでしょう???

 

 

 

 

実は、言いたかった言葉も自分が我慢すればと収めた感情も無くなることはありません。

 

心の奥に溜まっていっているのです。

 

 

普段、良い人と言われる人に限って、
突然、怒り出すなんてことがあるのですが、

それは、心の奥に溜まったものが「もうこれ以上溜められない!我慢できない!」と

溢れ出てくるからなんです。

 

 

 

 

 

実は、私たちエネルギーを読める者からは、

ご本人は頑張って良い人をしていらっしゃるのだけど、

実は、お腹の中に溜め込んでいることわかるのです。

 

黒く観えたり、赤黒かったり、

エネルギーがトゲトゲしていたり、

時に内臓の働きが弱っていることなど感じるのです。

 

 

 

 

そして、エネルギーが読めなくても、

お腹の中に溜め込んでいることは自分で知ることができます。

 

 

それは、いつまでもその出来事を思い出し、

イライラしたり不快な感じが収まらない時。

 

ありませんか?そんな時。

 

 

 

実は、感情や身体の感覚は教えてくれているんですね。

 

溜め込んでいるよ。

ちゃんと出してスッキリしなさいって。

 

心も身体も、ちゃんと幸せな自分に戻るように教えてくれているんです。

 

 

 

 

 

言葉を飲み込んでしまったと気づいたら、

感情をぐっと我慢してしまったと気づいたら、

溜め込むのはもうお終い。

 

☆癖になって気づいていない人も多いですよ~。

 

 

 

ひとりの時間を取り、(ひとりの時間を大切に)

飲み込んで我慢した自分を労わってあげましょう。

 

 

言葉を飲み込んだなら、

飲み込んだ言葉をちゃんと出してあげましょう。

 

 

「ほんとうはなんて言いたかったの?」

 

「そうか、そう言いたかったんだね。」

 

「それを言うのを我慢したんだ。」

 

「よく頑張ったね。偉かったね。」

 

「同じようなことがまたあったら、どうしようか、どうしたい?」

 

こんなふうに。

 

 

そして、

我慢した感情があるなら、

それもちゃんと感じてだしてあげましょう。

 

 

怒る、泣く、叫ぶ。

ちゃんと出して解放してあげるんです。

 

こういった感情は居心地よくないから、

親から(先生や友人の場合も)出しちゃいけないと言われたと出さない人もいますが、

そうすると、お腹の中で発酵してしまいます。。

 

感情は出していいのです。

健康の為にもいいんですよ。

 

なので、早め早めにちゃんと出してあげましょうね。

 

 

 

 

 

こうやって、自分を労わりケアしていくと、

自分自身が、自分は自分を大切にしているな~と感じます。

 

 

自分の自分への信頼感が育っていきます。

 

自分が自分の1番の理解者であり応援者だと感じていきます。

 

 

 

 

すると、

自分の中に大きな安心感が生まれます。

 

その安心感があると、

他者からの評価など外からどう見られているのかと自分の価値をはかることも必要なくなり、

揺らぐことのない自信や幸せ感が生まれてくるのです。

 

 

 

 

揺らぐことのない幸せ感の持ち主さんは、
こういった自分を大切にすること、自然にしているのです。

 

こういう時間を意識して持ってみえるんです。

自分をケアし満たす時間を持っていることで、人生が良い方向にいくことご存じなのです。

 

 

そして、これは幸せな自分育ての方法なのです。

 

 

お仕事や人間関係でストレスいっぱいと感じている人も、

子育てでイライラなお母さん(お父さん)にも、

そして、自分の気持ちがなかなか言えないお子さんの子育てにもお勧めです♡

 

「なんて言いたかったの?」ってお子さんに聞いてあげてくださいね。

お母さんに大切にされていること伝わりますよ。

 

 

 

 

 

 

言葉を飲み込んでしまったと気づいたら、

感情をぐっと我慢してしまったと気づいたら、

 

 

「ほんとうはなんて言いたかったの?」

 

「そうか、そう言いたかったんだね。」

 

「それを言うのを我慢したんだ。」

 

「よく頑張ったね。偉かったね。」

 

 

 

 

こう自分を労わり優しく聞いてあげてください。

自分のために時間をとって。

 

 

 

 

 

明日からGWです。

 

自分ケアの時間をとってはいかがでしょう?

 

 

 

これをしているとエネルギーがピカピカ綺麗になりますから、

幸せを引き寄せることまちがいなしですよ♡

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

27日

スピリチュアル子育て

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

さて今日もFBに書いたものをこちらにも。
少し、加筆もしましたので、

子育て中の方、べビ待ちの方ご参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

********

 

 

今日のセッションは子育てのご相談。

 

子供時代は、まだ閉じてないので精霊や天使が見えている子もいます。

 

シュタイナー教育の幼稚園では、

子供たちが見えていることを話しても

おかしなことと言ったり否定するようなことをしないで、

そのまま受け入れてくださいとスタッフは指導されるそうです。

 

 

今日のセッションでは、

精霊や天使も見えますが、

人がその人を思う気持ちも飛んでくるので見えますよ とお話ししました。

 

リーディングしてみると、

おじいちゃまやおばあちゃまの愛がお子様にエネルギーとして飛んで来ているのがわかったからです。

 

 

 

ネガティヴなエネルギーは邪気や生霊なんていいますし、

実際、飛んできます

 

反対に、ポジティブな愛や応援や祈りのエネルギーも相手に届いているものなんです。

なので、祈りはちゃんと届きます。

 

 

 

今日のお子さんは、このポジティブエネルギーが見えているようで、

私はなんだかとても嬉しくなりました。

幸せな光を見ているんだな〜って。

 

 

そして、見えるというのは繊細な感性を持っていることであり、

幸せな波動に共振していられてることてもあるので、

親御さんにはお子さんの感性を受け入れ外部からの心ない言葉から守ってあげと欲しいこと お伝えしました。

 

 

以前、スピリチュアル子育てのお話をして欲しいとリクエスト頂いたことがあるのだけど、

こんなお話もパパママにお話しできたら幸せだなと思います。

 

 

 

今、生まれてきている子供たちは進化した魂の子が凄く多くなっています。

親より魂レベルで上なんです。

 

 

なので、親が子供に気づかされる育てられることもいっぱいあります。

そして、どの子も親を愛したくて降りてきています。

子供たちと無条件の愛に気づいていけたら嬉しいなと思います。

 

 

 

 

 

写真は、私の子育てバイブル。

〜べきの子育て論の中で毛利先生の全肯定ゆるゆる子育てにどれだけ助けられたでしょう。

 

そのおかげで、出会うドクター幼稚園の先生と、

私が出会う人はゆるゆるの人が多かったですね。

ほんとうに助けられました。

 

 

 

子育ては、親も子供も初めてのことばかり。

だから、悩むのはあたりまえ。

 

だから、どんな自分でもOKだよってお母さん自身が自分に優しくしてくださいね。

お母さんが自分に優しくしていると子供も幸せなんです。

 

 

 

********

 

 

 

子育てで自分の思い通りにいくことなんてないのではないかなと、
子育てを終えた私は振り返り感じます。

 

 

そして、子育てをさせてもらえたから見えたもの分かったことは数え切れません。

なので、息子が来てくれたことは感謝でしかないことですし、
成人した今も心配になることもやはりあるのだけど、
そのたびに、「心配になって当然だよね。自分の子だもの。守りたいものね。と、

自分の不安な心を受け取って、奥にある母としての愛を感じています。

 

 

 

そして、母としての愛を感じさせてもらえていることに、

なんともいえない深い愛をさらに感じていつしか不安が信頼へと変わるのです。

 

「こんなに愛しているあの子だもの、なんだかんだ大丈夫だ!」って。

 

 

 

子育ては、この不安と信頼を行ったり来たりさせられるものなのでしょうね。

でも、それは愛する存在を得たということでもあり、

これほど幸せな体験はないのではないかなと思います。

 

 

 

もちろん、子育て中はそんな悠長なこと言ってられないのも現実。

悩んで格闘しての時間でもあると思います。

 

 

だからこそ、ひとりで抱え込むのではなく、

誰か信頼できる人に話を聞いてもらう相談する”自分の弱さ”を受け入れることも大切だと思います。

 

「助けて」って言えますか?

 

 

私たちは、お互いを支え合い補い合い、

そこから輝き合う存在です。

 

「助けて」って甘えてみましょうね。

 

 

 

 

 

今、姪っ子の子育てをお手伝いしていますが、

いつも言うのは「ママがご機嫌さんでいるのが1番幸せの近道。」と。

 

なので、「私がいる間は任せてお昼寝していらっしゃい。」とも言います。

夜の授乳でぐっすり眠れていないのもわかりますから。

 

そして、私は赤ちゃんとのひと時が幸せでもあるのです。

赤ちゃんのエネルギーは天国のエネルギーですから、

抱っこしていると幸せなんです。

 

(どうやら、この感覚↑姪っ子曰くおばちゃんだからだよ~とのことらしいです。)

 

 

 

 

話があちこち飛びましたが、
子供の頃は、まだまだあちらとの繋がりが強いです。

 

なので、ハートもクラウンチャクラも大きく開いているので、
精霊や天使、エネルギーが見えています。

 

 

お子さんが見えているようなことを話したら、

そのままを受け取って「そうなのね。」と聞いてあげてくださいね。

 

 

時々、胎内記憶のことを聞き出そうとするママさんがいますが、
それも自然に聞いてあげてください。

 

子供は敏感に「聞き出そう」としていることを感じて、

ママに言うの怖い・・と感じちゃいますからね。

 

 

 

 

 

子供はひとりひとりがママを愛したくて生まれてきています。

 

それは、「ママ、こうするともっとママは笑顔になれるよ」って教えるために。

 

なので、悩むことがあれば、

「これは、私に何を気づかせようとしてくれてるのかな?」と

立ち止まり自分を客観的に観てみてください。

 

何かしらきっと気づくことあると思いますよ。

 

 

 

 

 

こちらも参考になさってください。

 

*お互いが輝く パズルの法則
*頑張って来たことを受け取っていますか?

*心配のエネルギーは相手の足かせに

*進化した魂の子供たち

*頼りないお母さんだから愛されていたんですね

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

4月

27日

グレース・ケリー展

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

昨日は、牡牛座の新月でしたね。

皆さんは、どんな新月タイムでしたか?

 


私は珍しく眠くて眠くて・・。

なので、抵抗せずにお昼寝しました。

 

そして、眠くてしかたがなかったのもよくわかりました。

夢の中でメッセージを受け取りましたから。

 

そして、目覚めた後は疲れも取れすっきり。

身体の声にしたがって自分を甘えさせてあげること、ほんとうに大事です。

 

 

皆さんは、内なる声を聞いて自分を甘えさせてあげていますか?

どうぞ自分を休ませ満たしてあげてくださいね。

 

 

 

さて、先日、グレース・ケリー展に行ってきました。

FBには書いたのですが、こちらにも載せていきますね。

 

 

 

 

********

 

 

グレース・ケリー展♡

開催最終日、やっと行ってきました。

 

 

グレース・ケリーが愛用していた品々が展示してあったのだけど、

ただ見るだけじゃなく、しっかりサイコメトリーでエネルギーも感じてきました♪

 

 

やっぱり素晴らしい女性でしたよ。

彼女を知る人が言われるように聡明でしなやかな人。

 

クールビューティーと言われるけれど、

細やかな愛情表現ができ誰に対しても対等に気遣いできる素晴らしい愛の女性でした。

 

内なる葛藤も多かったようだけど、

本来の聡明さで愛の選択を積み重ねた人生だったと感じました。

 

 

また、ドレスはディオールにシャネルなどオートクチュールの最高のものばかり。

どれもデザイナーが彼女の美しさを現すために作ったこともよくわかりました。

(もうエネルギーが半端なく大好きエネルギーで幸せでした♡)

 

 

大好きなデザイナーたちの当時の作品を見れたのも嬉しかったです♡

どれも丁寧に着ていらしたことわかりました。

(デザイナーやお針子さんへの敬意からですね)

ほんとうに素敵な女性です。

 

 

5月10日からは東京での2回目開催だそう。

お勧めです♡

 

 

※サイコメトリーというのは、物から持ち主のエネルギーを読み取るサイキック能力のひとつです。

 

 

********

 

 

 

ほんとうに上質で幸せなエネルギーに満ちていて、

グレース・ケリーという女性の素晴らしさを受け取ってきました。

 

公妃という立場に立たれた方だけはあると思う気品としなやかな強さ、

そして、家族から国民まで愛で包もうとされた女性だったのだとも感じました。

 

 

彼女の在り方は、女性として学ぶところおおいにありですね。

 

 

 

 

 

5月10日からは、東京でも再び開催されるそうです。

こちらにそのサイトを載せておきますね。

 

 

ご興味あるかたはぜひ足を運んではいかがでしょう。

プリンセスのエネルギー、感じてみるのも心満たされますよ。

https://www.gracekelly-exhibition.com/

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

4月

24日

【お勧め本】お母さんが幸せになる子育て

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私は、春を楽しんでいますよ。

少しですが花粉症のくしゃみはでるのですけどね。

 

酷い時もあったのだけど、

今では、くしゃみが出て初めて「そういえば花粉症だったな~」なんて感じです。

 

特に治療したわけではなく、好きなことを楽しんでて花粉症を忘れているだけなんですが。

現実は面白いですね。

 

 

 

さて、春を楽しみながら読書ブームにもなっています。

昨日は、この本を一気読み☆

 

 

心屋仁之助さんの子育て本。

『お母さんが幸せになる本』です。

 

 

帯に「愛情という名の呪い」なんて書いてあるので、

ちょっとびびりましたが、

内容は、とってもらく~になれる本です。

 

 

私は読みながら、そうそう、あったあった、なんて、

自分が子供の頃を思い出していました。

 

そして、読み進めるうちにちょっとぽろって泣けてきたり、

くすくす笑ったりして読後はスッキリでした。

 

 

 

 

私は、お花畑スタイルの引き寄せをセッションのベースにしていて、
それは、女性は本来『お花』だからなのだけど、

 

 

心屋さんのこの本では、

子供を、

 

ちゃきちゃきマルチタイプと、

お花畑スポットタイプの2つのタイプに分けて伝えてくれていて、

その子の持って生まれた資質のままでいいんだよ~って伝えてくれていました。

 

 

 

 

私も、その人の持って生まれた資質のままでいると、
幸せの流れにスムーズに乗れることが観えるので、


自分を否定していたり、

無理して頑張っていることを手放して、

本来のその方に戻っていかれるようセッションしているのだけど、

 

 

それを心屋さんは、

お花畑タイプがちゃきちゃきタイプになろうとするとお花が咲かなくなる

と言ってみえて、そうそう!そうなの!でした。

 

 

 

 

 

実は、私の母がちゃきちゃきでなんでもできる人だったんです。

私の憧れでしたね。

 

 

でもね、私はのんびり空を見てぽ~として神様や精霊と話してる子。

身体も弱く、小柄だったので母は「このままで大丈夫だろうか?」って思ったのでしょうね。

ちゃきちゃきできるようにとよく言われました。

 

 

でも、出来ないんですよね、お花畑ですから。

なので、出来ない自分をしらないうちに責めるようになっていましたし、

無理して頑張ってもいた子供でした。

 

 

ぽ~としていたので、クラスメイトからいじめられそうにもなりましたから、

余計にちゃきちゃきしていないと!って自分を頑張らせてもいたように思います。

 

 

ある程度ちゃきちゃきできるようにはなりました。

学校教育もちゃきちゃきを教えるものですし。

でも、生粋のちゃきちゃきさんには及びませんからコンプレックスでした。

 

 

 

 

でも、そうしていたら、

精霊とも話せなくなっていって・・・。

 

 

私たちは全員、生まれた時は天と繋がっているのだけど、

こういったことで繋がれなくなっていくのでしょうね。

 

なので、本来の自分を取り戻していけば、

誰もが直観が開き、サイキックな能力を取り戻すのだとも思っています。

 

 

 

 

 

話が心屋さんの本からズレてしまったけど、

 

女性は本来、お花です。

 

無理に自分以外の何かになろうとする必要などまったくないし、

命は、ありのままで生きていないと何かしら「違うよ!」って教えてもくれます。

 

 

女性がお花の自分を否定すると、

婦人科系の疾患や、

パートナーシップでの悩みに出やすいです。

 

 

 

 

 

もし、しんどい・・って思うなら、
自分ではない自分に無理になろうとしてはいないかしら?

 

 

お花畑さんなのにちゃきちゃきさんになろうとしていないかな?

 

 

 

もし、心当たりがあるならば、
この本を手にしてもいいかと思います。

 

 

もちろん、子育て中のパパママにはらく~な子育てになると思いますよ。

 

 

私的には、お花畑の子がそのままの自分でいいんだ♡って感じて育っていけて、

ちゃきちゃきさんの子供も無理に頑張らないでそのままの自分でOKって育っていける
そんな優しい社会になっていくといいな~と思いました。

 

 

 

 

 

新書なので、本屋さんにあると思います。

宅配便が増えて宅急便の方も大変のようです。

優しい社会へのひとつの選択として、

お出かけの際、本屋さんで購入されてはいかがでしょう。

 

 

 

私は、もう一冊、子育て本で気になっているのがあるので、

これも本屋さんで買ってこようと思います。

 

 

 

そうそうこの本もお勧めですよ。

優しい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

花ひらき

 

今ここを天国に。

 

2017年

4月

21日

しあわせのもと。おうちごはん。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

ご機嫌な日々を過ごしていますか?

 

 

 

私は、このところ

心のお手入れしたり、
大好きなものたちを丁寧に手入れしたり(衣替えの準備ですね)
日々のおうちごはんを丁寧に作って、
なにげない日常の幸せ純度を上げることしています。

 

 

 

私は、この『なにげない日常の幸せ純度』がとても大切な人。

 

ここが満たされていないと、

他のことも満たされなくなっていくこと知っているので、

意識して丁寧にするようにしているのです。

 

 

皆さんは、どうですか?

 

 

 

 

 

実は、FBには書いたのだけど、

人生初のお料理教室に通い始めました♡

 

『なにげない日常の幸せ純度』をもっと上げたくて。

 

そして、この新しい選択が、私に多くの気づきとギフトをもたらしてくれてます。

 

 

 

 


料理を習うのは、

学校の料理実習以来でしょうか・・。

(何年前???笑)

 

 

母が料理するのを見ていたせいでしょうか、

料理はそこそこ出来ていました。


本やテレビの料理番組も好きでよく見ていたので、

そんなに困ることはなかったのです。

 

 

でも、

この数年、ある思いが出て来ていたんです。

 

「こんな人になりたいな」と思えるような先輩女性から料理を習ってみたいという淡い思い。

 

 

 

淡い思いなのですっかり忘れてもいたのだけど、

クライアントさんがお料理教室の悩みを話されたことで、

「そういえば私も・・」と思い出し、

 

 

すると、直後にお料理教室のお誘いがあり。

 

ピン!ときて、ご案内を半分も読まずにお願いしますとお申込みしていたんです。

 

 

 

 

そして、今になって気づくのは、

「こんな人になりたいな」と思える先輩女性から料理を習ってみたいという淡い思いは、

母から料理を習いたかった・・という思いからだったんだと。

 

 

 

こんなこと思っていたんです。

 

そういえば母から料理を習ってこなかったな。

全寮制の高校に行っちゃったから、

お母さんに料理を教えてもらうことあまりなかったな~って。

 

 

小学校の頃にハンバーグの作り方は教えてもらったけど、

母のきんぴらはどうやって味付けしてたんだろう?

母に聞きたいけど天国だしね・・・って。

 

 

なんだかんだ、

母にもう一度甘えたかったんです。

(恥ずかしいですが・・)

 

 

 

 

 

そんな思いが、

「こんな人になりたいな」と思う女性から料理を習ってみたいという思いになり、

現実化していたんだと気づいたのです。

 

 

そしてなんと!

料理を教えてくださるマダムの夢が

「みんなのお母さんになること」って聞いてびっくり☆

 

 

 

その時に思いました。

世界はほんとうに優しいなって。

ちゃんと望んでいるものは与えられる優しい世界って。

 

 

 

 

 

私は、長女でしっかり者のお姉ちゃんを頑張ってしてきた人なので、
母に甘えることほんとしてきていないのです。

 

 

弟君が手のかかるわんぱく坊主だったこともあり、

私までワガママ言ったら母が困ると子供心に思って、

頑張ってしっかり者をしてきたんです。

 

 

ほんとうは甘えん坊で泣き虫だったのに。

そうとう無理してましたね。(笑)

 

 

 

 

そんな頑張ってきた自分を受け取り、

もう甘えん坊でいいよ、

泣き虫でいいよって許可ができたからなんでしょうね。

 

 

料理教室に行きたいと思い、

みんなのお母さんになりたいと思うマダムに出逢ったのですから。

 

 

 

 

 

またひとつ、私の中に幸せが増えました。

 

マダムから料理を学び、
日々のおうちごはんを丁寧に丁寧に作り始め、

日常がさらに満たされ幸せ純度が上がっています。

 

 

 

マダムに1番初めに教えていただいたのは、

土鍋で炊いたごはんで作る塩むすび。

 

 

マダムは、お米をとぐときに両手でお米を包んで優しく洗うんです。

 

その所作が、お米を愛でていて、

お米のひとつぶひとつぶに愛を込めてみえるんです。

 

 

私も真似て、お米のひとつぶひとつぶに愛を込めてといでいます。

もうそれだけで満たされていくのを感じる毎日です。

 

 

 

私の塩むすび。

 

 

 

 

人の出逢いは不思議だなと思いつつ、

出逢う人には出逢うように魂では決めてきていて、

短い時間だけの人もいれば、

長い時間を共にする人もいて、

幸せに別れられる人もいれば、

心痛める別れの人もいるけれど、

どれもが魂のレベルでは大切な出逢い。

 

このところしみじみそれを感じています。

 

 

 

 

毎日、口にしている食べ物たちも、

そんな大切な出逢いであり、

私の身体と心と魂を育んでくれていると思うと愛おしくなるのです。

 

 

 

 

 

なにげない日常の中にもきらめくものが必ずあります。

 

どうぞ丁寧に見つけてみてくださいね。

 

 

あなたの願いがすでに叶っていたことや、

取りこぼしてしまっていた愛や優しさに気づいていけると思います。

 

 

 

 

私も今回のことで、

母にどれだけ愛されていたのか思い出し、

取りこぼしていた愛を受け取りましたから。

 

身近な家族の愛ほど・・なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

【お知らせ】

 

5月初めよりセッションのスタイルと料金を新しくしていく予定にしています。

 

セッションを迷われている方がありましたら、お問い合わせいただくか、早めのお申込みをお勧めいたします。