2017年

5月

23日

お手紙セラピー ステップアップ編

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

昨日お届けした「お手紙セラピー」

さっそく、「やってみました!」とご連絡くださる方が!

 

嬉しいですね、こうやってすぐに実践してくださる方があって。

 

 

 

その方、とっても行動の早い方で、
のんびり屋の私からは行動の早さが憧れでもあるのだけど、

彼女からは「あなたの時を待てるのんびりさが羨ましい」とのこと。

 

 

世界は、お互いが輝く法則で出来ているので、

お互いに違うからこそ、

自分を知ることができたり、

相手から刺激をもらったりできているのだと改めて感じました。

 

 

 

 

さて、皆さんの中にもお手紙セラピーされたかたがあるかと思いますので、

今日は、さらに子供の私が笑顔になるステップアップ編をお話したいと思います。

 

 

 

 

便箋にお母さんへの気持ちを書いていくと、

 

始めは、

「あんなことされて傷ついた!」

「あんなこと言われて悲しかった!」

「なんでしたのよ!!!」

 

といった怒りが出てくるのですが、
便箋に怒りの気持ちをありったけ書き出していくと、

 

 

「もっと大事にしてほしかった・・」

「もっと優しくしてほしかった・・」

「もっと優しい言葉をかけて欲しかった・・」

 

という寂しかった気持ちがでてくるようになります。

 

 

 

これは、感情は層になっているからで、
「怒り」の下には「寂しい」があるからなのです。

 

 

 

 

そして、寂しい気持ちは、

「甘えたかった・・」けど甘えられなくてひとりで頑張った気持でもあって、

大人になった今も心の奥では子供の私が「甘えたい・・」と思っているんです。

 

 

 

 

便箋に書いていくうちに、
「甘えたかった・・」

「大切にされたかった・・」

という気持ちが出てきたら、

その気持ちもそのまま書いていき、

便箋に受け止めてもらいましょう。

 

 

 

 

そして今度は、

心の中で子供の私に言ってあげてください。

 

「甘えたかったね。」

「大切にされたかったね」

「寂しかったね」

「よく我慢して頑張ったね」って。

 

 

 

そして次は、
声にして私に子供の私に言ってあげてください。

 

「甘えたかったね。」

「大切にされたかったね」

「寂しかったね」

「よく我慢して頑張ったね」って。

 

 

 

 

涙が出てきたら、泣きたいだけ泣いてください。

ひとりだから誰もみていません。

だから安心して泣いていいんです。

 

 

 

頑張って来た自分を、労わって、褒めてあげてください。

 

よくやってきたねって、

まるごと大人の私も子供の私も抱きしめてあげてください。

 

 

 

 

 

泣けると、胸のつかえがとれます。

身体が安心して緩みます。

 

どこか自由で、自分を縛っていたものが消えている感覚も起こります。

 

しばらくゆったりと楽になった自分に浸ってあげてください。

 

 

眠れるのなら、お布団にくるまって、
膝を抱え胎児にようになって眠ってください。

 

 

眠りから目覚めると、心地いい自分がそこにいますから。 

 

 

 

 

私を甘えさせてあげてくださいね。

 

弱い私にも気づいて大切にしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

私たちの社会は長い間、男性性優位できました。

今も、学校、会社、社会では、

甘えること・頼ること・弱いことはいけないとされる風潮が強いです。

 

家庭でもいけないとされてきている場合、
お父さん、お母さんがいけないと思ってみえます。

 

 

なので、子供の頃に「甘えること・頼ること・弱いことはいけない」と思い込んでもきています。

 

 

でも、誰もがいつもいつも甘えず頼らず強くいることなどできないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

私自身、「甘えること・頼ること・弱いことはいけない」と思ってきました。

 

長いこと頑張る良い子をしてきています。

 

そして、ある時生きずらい自分を見つけ、

丸ごとの自分を愛することしてきました。

 

 

 

このお手紙セラピーは、ある時ふと思いつき始めたもの。

 

でも、便箋に書いていくと見えない存在のサポートを感じられ、

とても安心して子供の私を抱きしめられたのです。

 

 

 

今では、愛の私に戻る方法です。

 

そして、

「闇も抱きしめると光になる」ことを教えてもらった方法でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

お手紙セラピーは、お母さんへの気持ちからスタートした、

丸ごとの自分を愛して抱きしめる方法です。

 

 

お母さんを入口にお話しましたが、

お父さんでも、

パートナー(別れた人でも)でも、

友達でも、
あなたの心が辛い時にしていただけるセルフセラピーです。

 

 

 

 

どうぞ出さない手紙を書くことで、

心の中にある気持ちを便箋に受け止めてもらって、
笑顔のあなたに戻っていただければと思います。

 

 

 

 

ただし、重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。
トラウマ専門のセラピストのもとで時間をかけケアなさることお勧めいたします。

 

 

 

 

 

明日は、甘えることを許すと、

実際に「甘えてみよう!」と行動に移したくなります。

その時に気を付けること、お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

22日

優しい気持ちになるお手紙セラピー

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

私は、この時期のお楽しみ、

裏山の新緑を眺めては幸せになっています。

 

 

今は、山つつじも綺麗でお散歩しながら、

自然の美しさに「神は細部に宿る」と実感しています。

皆さんのところはどうですか?

 

 

自然は調和波動。

心身を整える効果がありますから、

ぜひ足を延ばされることお勧めします。

 

 

 

 

さて、母の日から一週間たちました。


母の日の記事、反響が大きく、

いろいろな方からコメントメッセージをいただきました。

 

皆さん、ありがとうございました。

 

 

そして、それだけ、

誰にとっても母という存在から受ける影響は大きいと、

改めて思いました。

 

 

 

 

セッションをしていても、
「お母さんにこんなことを言われた、された」と言われる方もあり、

 


それは、大人なのだけど、
心の中には「傷ついた・・、愛されたかった・・」子供のままのその方もいるということ。


私には、大人のその方と子供のその方が重なって観えるのだけど、
とっても可愛く観えています。

 

 

そして、その子供の私に気づいてあげると、

幸せの波に一気に乗っていけるので、
ぜひ、気づいてあげてほしいところなのです。

 

 

  

 

 

ということで、
今日は、子供の私を愛する方法を皆さんにお届けしたいと思います。

 

 

※子供の私は、インナーチャイルドと言われるもの。

私はあえて、「子供の私」という言葉を使っています。

それは、「子供の私」だとエネルギーが柔らかいためなのです。

 

 

 

 

これは、私が両親への気持ちを整理でき、

心の中に押し込めて来た感情に気づき愛に戻れた方法でもあります。

 

 

また、セッションでもお勧めする方法で、

継続コースでは、何度も書いて頂きます。

 

書いていくたびに、気づきが深まり、

自分を縛っていたものを手放され、

豊かな深い愛の私に戻っていかれるからなのです。

 

 

 

 

 

 

感情解放の方法で、

気持ちを紙に書き出すことをお勧めしていますが、

この紙を便箋にしていきます。

 

 

実は、『便箋』にすることでより優しい気持ちに戻れるのです。

 

 

 

そして、便箋なので手紙のスタイルになるのだけど、

安心してくださいね。

出さない手紙ですから。

 

 

 

自分の心を整理するための手紙。

自分の心が軽くなるために書く手紙。

自分の心を大切にケアするための手紙。

 

 

自分の為の手紙なんです。

 

 

 

 

用意するのは、ペンと便箋。

 

そして、ひとりになれる空間とゆとりをもった時間も用意してください。

 

 

 

手紙となると、

時には緊張することもあるのだけど、

緊張してもいいですからね。

 

緊張する自分もまるっと大丈夫。

 

 

 

そして、準備が整ったと感じたら、

お母さんに思っていること、

お母さんに伝えたくて言えていないこと、

 

 

子供の頃にお母さんに思っていたこと、

子供の頃にお母さんに言いたかったのに言えなかったこと、

 

 

 

あのことは傷ついた、

寂しかった、

ほんとうはこう言ってほしかった、

こうして欲しかった、

 

 

今の気持ちも、

子供の頃に感じた気持ちも、

出てくるままに全部文字にして便箋に書いていくのです。

 

 

 

出さない手紙だから、どんな酷い言葉を書いても大丈夫。

 

出さないのだから。

 

自分を楽にしてあげるための手紙だから。

 

心の中にしまい込んだ思いを全部、便箋に受け取ってもらいましょう。

 

 

 

 

酷い言葉に、びっくりすることもあるけど大丈夫。

 

どんな自分がいてもいいんです。

 

まるごと全部、どんな自分も宇宙は愛してくれていますから。

 

 

 

気持ちが出てくる間は書いていきましょう。

 

中には、数時間かかる人もいます。

 

書いて、すっきりしたと思ったのに、

数日後、数週間後にまた気持ちが出てきて書く人もいます。

 

 

 

なので、モヤモヤを感じたりお母さんへの思いが出てきたら、

そのたびに便箋に受け止めてもらってください。

 

 

 

 

便箋に書くのは、お父さんのこともいいですよ。
別れた彼への思いを整理するために書いてもいいです。

お相手は、お母さんに限らず、あなたの心を重くしている人でいいですよ。

 

 

重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。
どうぞトラウマ専門のセラピストのもとでケアなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

書くという行為は、

頭や心の中にある触れられないものを紙に文字に現すという行為。

 

 

書いてみた方が皆さん言われるのだけど、

自分がこんなこと思っていたんだとびっくりされます。

 

 

それだけ、自分の気持ち、

わかっているようでわかっていないのですね。

 

 

 

 

そして、

紙に書いたものを客観的に観察できるので、

(第三者の視点で観察できるのです)
自分がどうしていくのがいいのかがわかってもくるのです。

 

 

 

 

日記が、とても良いと言われるのは、

その日にあった記憶を文字にして見るので、

感情の整理ができたり、
今度からはこうしようと考えられたり、

感謝することにも気づけたりするから。

 

 

 

実際に、セラピーではライティング・セラピー(書くセラピー)というものがあるんですよ。

 

 

 

 

 

書くことは、自分をより知ることができる方法。

 

 

 

私も、とにかく書きます。

ちょっとモヤモヤする、ということでも。

ノートにお気に入りの鉛筆で。

 

 

書いてみると、自分が何にモヤモヤしていたのか気づけてスッキリしますし、

何より、私が私の気持ちを丁寧に観てあげたという満足感もありますから。

 

 

 

そして、感情は「自分のほんとうに望んでいること」を教えてもくれているので、

 特にネガティブ感情が起こってきたら、

しっかり自分を感じてみつめます。

 

 

それが、自分の幸せの純度を上げることにもなっていて、
大切な幸せのステップアップ時間になっています。

 

 

 

 

旅行や出張にも持っていきますし、
ベットサイドにもノートは置いてあるんです。

神様から受け取る言葉も書き留めるの為もあるのですが。

 

 

 

 

 

どうぞ、あなたの大切な気持ちを便箋に書いていってくださいね。

 

 

便箋の材料はパルプ(木)です。

木の精霊に、あなたの気持ちを受け止めてもらってくださいね。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ
*自分の気持ちを大切にする方法

*子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

 

こちらも
しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

5月

18日

ともに魂かがやき、 花ひらいて

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私はというと、このところまた霊力がアップしていて、

その為に常に私の周りに神々が守護してくださっている状態です。

 

 

また、前世の妹に再会したり、

ソウルグループの仲間との出会いも続いていて、

みんなで何かをすることになるのだなと、

大切なことをし始めている感じがしています。

 

 

 

 

こう書きながら、

実は、人って変われば変わるものだと笑ってもいるんですよ。

 

 

以前にもお話しているけれど、

何年か前までは「前世?ばかじゃない?」なんて思っていたんですから。

 

 

心理の勉強をしていますから、

仲間に前世療法家もいるわけです。

 

なので、その仲間たちの話も「ふ~ん」だったのに、

ある時から、前世をフラッシュバックのように思い出し、

自分に何が起こっているのかさえわからなくて、

もうぐらぐらになってしまったんです。

 

前世療法家の仲間には、ほんと助けてもらいました。

(前世でも何度も助けてもらっていて、有難いご縁です)

 

 

 

その数年前は、サイキックとエンパス能力が大きく開き大変な時期でした。
あらゆる情報が入ってくるため、

電車には乗れない、お買い物は近くのスーパーに人がいない時間に行く、

なんて有り様でした。

 

 

 

サイキック、霊能力って聞くと、

憧れられたり凄いと思う方もいますけど、

実際は、見たくないものを日常的見るようになるのです。

 

なので、私たちからすれば、見えない人が羨ましくもあるのですよ。

子供の頃は「人間になりたい」って思ってました・・

 

 

 

 

たとえばだけど、

笑顔で良い人に見える前にいる人が、

実は、会社で部下にパワハラをし何人も退職に追い込んできた人だと観える。

 

元気そうな人の寿命が観える。

もうすぐお別れだとわかる。

 

 

 

あなたならどうですか?

こういったことが観えて、

平穏な心持ちで日々を過ごすことできますか?

 

 

 

また逆に、隠していることも観られてしまうのです。

嘘をついていることも隠している本音も。
心地いいとは思えないのではないかな?

 

 

 

なので、私は友人が少ないです。

私に観られて困る方は去っていかれますし、

観られて困るから去っていかれたのにそれは伏せ、

悪口を言われていたこともありました。

 

私の能力が怖くなり潰しにかかってきた方もありました。

人間関係では、ほんとうに悲しい思いをいっぱいしてきています。

 

今は、そういう方が現れてくれたおかげで強くなりましたし、

人を見る眼も養われたと感謝できるまでになれました。

 

 

 

そして、

だからこそでしょうね、

私の友人たちはほんとうに正直で誠実な人ばかり。

「あなたに嘘ついても仕方ないでしょう」って言ってくれる人ばかり。

 

 

ほんと、嘘をついても仕方がないのでいつも本音トーク満載。

そして、私の辛さを側で見て来ているので、

いつも温かい応援してくれて大好きで大切な友人たちです。

 

そんな友人たちがいつも支えてくれたおかげで、今の私はあるのです。

 

 

 

 

 

人の闇と光を観、

幸せになる人、

不幸せになる人を観て来ているので、

私自身は、素直であろう、

人には誠実に愛で関わろうと決めています。

 

 

 

素直であること。

人に誠実に愛で関わることが、

幸せになる1番大切なことです。

 

 

 

 

 

また、亡くなった方ともお話するので、

命が有限だということもより感じています。

 

 

最近は、

「もし、命があと1年ならどうする?」という問いを自分にしています。

 

その時、その時、大切な人に愛が伝わるようにと思いを込めたくてするようになりました。

 

 

 

 

 

霊能者であることを公にして仕事をしてきましたが、

そのおかげで、人の闇も嫌になるほどみてきました。

数か月体調を崩すこともありました。

 

 

でも、ブログには、敢えて書かないできました。

書いても仕方ありません。

私の課題なのですから。

 

 

 

人はフォーカスすることを現実化します。

 

闇を書き、私の愚痴を書いては光にフォーカスできませんから。

 

 

 

 

 

この世界は、「光と闇」のふたつがあると言われますが、

私自身は、「闇も抱きしめれば光となる」と知っています。

 

 

人が持つ闇は、

その人が闇を見つめ光に変えていこうとするならば、

光に変わります。

 

努力しただけ大きな光になります。

 

 

 

なので、

光に変わる方法、

光を増やしたり大きくする方法を書いているのです。

 

 

 

 

神様にも、

 

闇の苦しみを感じなければ人は自らの光を見ようとはしない。

だから、闇には苦しみが伴うのだ。

 

と教えられています。

 

 

 

 

 

誰もが言わないだけで、

それぞれの人生の中でいろいろな経験をしていています。

 

 

そして、その経験も自分で受け取っていければ、

闇だと思っていた中に光を見つけることができ、

それが、人の輝きを大きくするのです。

 

 

 

 

私はよく、「苦労して来ていないように見える」と言われるのだけど、

お話していく中で、「体験があって、それを光に変えてきているからなんですね」と仰っていただきます。

 

 

そして、そう理解してくださる皆さんは、

やはり闇を光に変えてきた体験をお持ちの方々。

 

だから、理解し合え繋がれるのです。

そんな出逢いは、ことのほか嬉しく思うのです。

 

 

 

 

人生は、人それぞれ。

 

あえて言わないだけで、その人にはその人の深く豊かな人生を送ってきています。

 

霊能者として、輪廻転生も観ますから、

数十年の今生だけがその人を作っているのではないことも知っています。

 

 

何千年、何百年と生きてきている魂の私たちなのです。

 

 

 

でも、今生の体験は今だけ。

 

笑顔多き今生の時間を過ごしたいと思うのです。

 

 

このブログをお読みくださる皆さんとは、

 

ともに魂かがやき、

花ひらいて行きたいと思っています。

 

 

繋がってくださって、ありがとう。

 

 

 

 

 

今日は、思うままに書いたのですが、

何かお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

5月

17日

幸せな自分になるシンプルな方法 ステップアップ編

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は、緑の日。
ゴールデン・ウィーク満喫していますか?


さて今日は、
昨日の幸せな自分になるシンプルな方法のステップアップ編をお送りしますね。

 

 

 

幸せな自分になる というのは、
今の自分からステップ・アップするということ。

 


それは、

変わるということ。

 

今までとは違う新しい自分になるということ。

 
今までと違う心の在り方になり行動も新しい行動になるということ。

 

 

  

実は、ここが注意するところ。

 

それは、 

みなさん、変わりたいと言いいつつ今までと同じことされるのです。

 

 

 

昨日のお話では、

 

『好き』と『嫌い』をノートに書き出し、

好きを選ぶように意識すること、

嫌いは手放していくことが幸せな自分になるシンプルな方法とお話しました。

 

 

なので、実践していくと、

自分の世界に『好き』が増え、『嫌い』が減っていくことになります。

 

それは、ワードローブの中がきゃっ♡っていう大好きな服が増え、

嫌い・役に立たない服が無くなっていく感じ。

 

どうですか?

ワードローブだとイメージしやすいのではないかしら。

 

 

 

 

変わる人の特徴として、

セッション後にお会いすると、

髪型や服装、お化粧が変わります。

 

 

そして、今までは無理だと思っていた新しいことにチャレンジし始めていることも多いのです。

 

それは、『嫌い』なことをやめたことで自分が楽になることに加え、

『好き』なことを増やしたことでワクワクすることが増えるから。

 

 

エネルギーで観ると、マイナスエネルギーが減り、

プラスエネルギーが増えるのですから、

結果、プラスエネルギーが大きく増えることになるため、

 

 

無理だと思っていたことも「出来るかも♪」に思えて、

行動するエネルギーも以前より多い為、

すんなり出来てしまうことになるからです。 

 

 

 

『好き』『嫌い』をノートに書き出して実践行動していくと、

 

不思議なほど、

「あっ!そういえば、あれしたかったんだ!」

「そういえば、子供の頃に諦めちゃったあれ再挑戦してみようかな♪」

「ちょっと怖いけど、憧れのあの洋服着てみようかな♡」

 

なんて、心の奥にしまい込んだ望みが出てくるようになるのです。

 

 

 

そして、この『好き』をすればするほど、

エネルギーは大きく早く動くので、

幸せな自分になることが簡単に早くできてもしまうのです。

 

 

ただ、『好き』『嫌い』をノートに書き出して実践行動していくと、

このエネルギーの加速が起こるので、

ちょっと怖い・・と感じてやめてしまおうとすることもあるのですが、

(動くエネルギーが大きくなるので、環境が大きく変わることも起こりますから)

 

エネルギーの加速が起こっているとわかっていると安心できると思います。

 

 

そして、もしスピードを少しゆったりにしたければ、

実践行動のスピードを緩めてあげれば大丈夫。

 

 

 

のんびりゆったりカメさんタイプの人と、

一気に行くぞのウサギさんタイプの人がいますから、

自分のタイプを観ながら、自分に合わせて進んでみてください。

 

 

ちなみに私は、カメさんとウサギさん混合タイプです(笑)

 

体力と大切な人達の歩調も観ながら調和した進み方をしたいからなんですね。

 

 



では、昨日のノートにさらにしたくなったことも書き加えて、

あなたらしい進み方を感じて実践してみてくださいね。

 

 

 

自分が望んでいたほんとうの幸せがどんどん広がっていきますから♪

  

 

 

 

 

こちらもどうぞ。 

しあわせのヒント集

 

 

 

 

2年前の記事に加筆してお届けしています♡

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。  

 

 

  

2017年

5月

17日

幸せな自分になるシンプルな方法

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

ゴールデン・ウィーク真っ最中!
みなさん、いかがお過ごしですか?

 

 

私は、熟考&アウトプットの波が来ているので、
心とエネルギーのことを考察しています。

 

大好きな仲間たちとシェアしながら、
あれはこうだね、
これはこうすると効果的じゃない?なんて。

 

 

 

つくづく、好きなんだなと思います。
心とエネルギー、見えない世界のこと。

 

 

 


子供の頃から人間観察が好きで、
エネルギーもわかるので、

 

「この人、ここをこうすれば素敵になるのにな」なんて、
周りの人を観察していました。(笑)

 

 

 


時には、
同級生が素敵な転校生をからかうのを見ながら、


「羨ましいなら、羨ましいって言えばいいのに、

 なんでからかうんだ??」って

 

不思議に思ったり、

卑怯な振る舞いに怒ったりしていました。

 

 

 

 

とはいえ、学年で1番のチビ(&やせっぽち)だったので、
いじめられてる子を助けることができなくて、


帰り道にそっとその子の後ろを歩いて、
頑張れ!頑張れ!って心のなかで叫んでました。

(今思えば、エネルギー送っていたんですね)

 

 

 

 

 

そういえば、

中学生1年の時、

 

相変わらずのチビだったのに、
あまりの怒りにホウキを持って男子を追いかけ殴ったことがありました。。。

 

「失礼極まりない!!」と仁王立ちで。
(友人に対しての失礼に怒りました)

 

それから、一目おかれる存在になった私です。(^_^;)

 

怒ること、大切です♡

 

 

 

 

 

 


卑怯&失礼な人、今も嫌いです。


エネルギーも心地よくないので、
私は離れます。


だって、人生の時間は有限です。

勿体なくないですか?


大好きな人たちと一緒に過ごしたいですから。

 

 

 


そして、失礼&卑怯な行為をする人は、
コンプレックスを持っているから。

 

コンプレックスは自分の課題です。

失礼&卑怯な行為で人に向けるものではありません。


自分で克服していくものですから。

 

 

 

 

 

大人の特権は、

 

自分で自分を幸せに出来るということ。

 

 

 

 


子供の頃は、
周りの大人や環境で幸せが左右されることがあるけれど、


大人になれば、
自分でいろんなことを選ぶことも行動もできるのですから。

 

 


仕事も、

 

着る洋服も、

 

一緒にいる友達も、

 

人生を歩むパートナーも、

 

住む場所も、

 

食べる物も選べます。

 

 

 

読む本も、

 

見るテレビ番組も、

 

聞く音樂も。

 


ありとあらゆること、

 

自分で選べるのです。

 

好きか嫌いか自分の選択で。

 

 

気づいています?

 

 

 

 

 

これらのチョイスを、


自分のハートを感じ『 好き 』で選んでいけば、
自分で自分を幸せにすることは意外なほど簡単。

 

 

 

 

幸せじゃないという人は、
好きじゃないものを選んでるだけ。

 

 

 

 

妥協したり、

損か得かって考えたり、
自分に我慢させたり犠牲させたり、
愛される為に自分を偽ったり媚びを売っていたり、、、

 

こういったチョイス、

世の中には多いのだけど、

 

でも、しっかり考えると、
自分を愛していないこと していることに気づけます。

 

 

 

 

 

なので、

好きじゃないものはやめる、


自分を愛していない行動をやめる。

 

 

それは、

妥協をやめる、

損得で考えるのではなく『好き』で選ぶ、

自分に我慢させたり犠牲させることはやめる、
愛される為に自分を偽ったり媚びを売ったりしない、ということ。

 

 

 

これをするだけで、
幸せになることはできるのです。

 

 

 

 

 

『好き』を選ぶ。

 

『嫌い』をやめる。

 

 

 

ただただ『好き』で選ぶことをしてもいいし、

我慢や犠牲が多いと感じる人は『嫌い』をやめて自分を楽にさせてあげること優先でもいい。

 

そして、『好き』を選び『嫌い』をやめるを同時進行なら、

相乗効果で幸せは加速的に現実化していきます。 

 

 

 

 

このことを実践するお勧めの方法は、

ノートとペンを用意して、

 


好きなこと。

嫌いなこと。

 

とにかく書き出してみる。 

気づいた時にはいつでも書き加えて好き・嫌いのリストを作る。

 

※書くことの効果はこちらを参考に

願い事、なぜ書くと願いが叶うのか

 

 

 

そして、

嫌いなことに関して、


「ほんとうはどうしたい?」って自分に本音を聞く。

 

 

大事なのは、ハートを感じながら。

 


ハートが幸せを教えてくれるコンパスですから。

本音が出た時、ハートは開いたりゆるんだりします。

身体の感覚が1番幸せを教えてくれます。

 

 

※ 頭の思考は幸せを教えてくれるコンパスではありません。

頭の思考は、「どうしたい?」で出て来た本音を叶えるために

どうしたらいいか具体的な行動方法を考えるのに使ってくださいね。

 

 

 

 

このノートに書く方法は、

幸せへの新しい選択と行動を見つけることができます。

 

 

そして、大切なのは実践すること。

 

 

心の中のイメージだけでも変化は起こりますが、

身体という物質を動かすことでエネルギーが世界に大きく影響し、

変化はより大きく速度も速くなりますから。 

 

 

 

では、ゴールデン・ウィーク、

楽しんで。

  

 

 

 こちらもどうぞ

しあわせのヒント集

 

 

 

2年前の記事をよりわかりやすく加筆しておおくりしています♡

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。  

 

 

2017年

5月

16日

感情が変わると現実が変わるわけ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

このところ、前にもまして波動が上がってきています。

皆さん、体調はいかがですか?

感情の揺れがある人もあるかと思います。

 

  

どうぞ、ゆっくり深呼吸をして身体の緊張をほぐしてくださいね。

地に足をつけグラウンディングを深めることも大切に。

 

 

そして、感情が出てきたら無視しないで

受け取りそのまま感じてあげてくださいね。

 

 

感情は受け取り感じれば数十秒で昇華できます。

単なるエネルギーでしかありませんから。

昇華できると波動が上がりますからぜひ。

 

 

 

 

先日、星を読める友人から、

「9月までに決めるのが大事。」と。

 

どういうことか聞いてみたら、

9月までに自分の生き方を決めないと固定してしまって、

それ以降は変えることが難しくなる というのです。

 

 

 

実は私もその流れを感じていて、

夏までにはあれとこれとと行動開始しているのです。

 

 

 

昨年から、感情解放のこと何度となくお伝えしているのも、

実は、そのため。

 

 

私たちは、子供の頃から何かしら怒りや寂しさ悔しさなど自分の中に溜め込んできています。

 

その溜め込んだ感情が、世界を見る時のフィルターにもなり、

 

「どうせ私は大切にされない」

「いつも助けてもらえない」

「私ばかり損する」

 

といった世界の見方をしていることもあり、

 

この見方が、幸せの波に乗れない原因になっているのです。

 

 

 

エネルギーの視点で観ると、

世界の見方が、

その人のエネルギー(波動・周波数・オーラの色)に現れていて、

同じエネルギーものを引き寄せているのです。

共振し引き寄せるのです。

 

 

 

なので、

 

「いつも私は大切にされる」

「いつも助けてもらえる」

「私はラッキーな人」

 

という世界の見方ができると幸せの波に乗れるようにもなるというわけ。

 

 

 

 

 

以前ご紹介したエイブラハムの感情の22段階

これがとても分かりやすいので、また載せますが、

 

 

例えば怒りの感情を持ちやすい人は怒りを溜め込んできていて、

怒りのフィルターを通して世界を見るので、

見るもの聞くもの読むものに怒りの反応をすることが多いのです。

 

 

いつも何かしらイライラしたり怒ったりしている人は、

こういう状態ということ。

 

 

 

 

そして、怒りの反応が多いですから、

怒りのエネルギーを発信している時間も多くなります。

 

なので、現実も怒りのエネルギーを発するものを引き寄せ、

怒りの世界に住む、という現実になっているのです。

 

 

怒りを歓びに変えて↑読んでもみてくださいね。

 

 

 

あなたはどんな感情を感じることが多いですか?

 

あなたの頭の中は、どんな言葉、イメージが多いですか?

 

 

怒り?それとも歓び?

 

 

 

では、下記の感情の22段階で確認してみましょう。

 

 

 

 

【 エイブラハム 感情の22段階 】

 

 

1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝

2.情熱

3.興奮/没頭/幸福感

4.ポジティブな期待/信念

5.楽観

6.希望

7.満足

8.退屈

9.悲観

10.フラストレーション/イライラ/我慢

11.圧迫感

12.落胆

13.疑念

14.心配

15.自責

16.挫折感

17.怒り

18.復讐心

19.憎しみ/激怒

20.嫉妬

21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値

22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能 

 

 

 

 

先日の子育てのお話で、

心配のエネルギーは足かせになるとお話したのだけど、

この感情の22段階でいうと心配は14段階のエネルギーレベル。

 

 

親が子に望んでいるのは成長や幸せです。

 

なので、心配の14レベルのエネルギーで子供を見るのではなく、

信頼という6、5、4レベルのエネルギーに上げて見てあげることが子供の為になるわけです。

 

 

先日のお母様は、自分の心をしっかり観て、

心配から信頼に変えました。

 

 

それは、エネルギーのレベルが変わること。

だから、翌朝には問題だと思っていたことが消えた。

 

エネルギーレベルが上がったので、

心配な現実は現実化されなかったということです。

 

 

 

住んでいるエネルギーの世界が変われば、

起こる現実も変わるのです。

 

 

この表を参考にするとよくわかると思います。

 

 

 

そして、自分がどのレベルの感情を持つことが多いのかわかれば、

自分が住んでいる世界のエネルギーレベルもわかるかと思います。

 

心配が多ければ、心配な出来事が多い世界に住んでいる。

 

喜びが多ければ、歓びの出来事が絶えずある世界に住んでいるということ。

 

 

 

幸せな人や成功者と言われる人が、

皆さん揃って愛や感謝が大事だと言うのは、

愛と感謝のエネルギーレベルだと幸せや豊かさが引き寄せられること、

体験として知っているからなんですね。

 

 

感情が変われば、起こる現実が変わるということを。

 

 

 

  

 

そして、感情解放って、

実は、アンチエイジングに凄く良いんです。

 

 

感情解放を1回するだけでお肌の透明感は上がりますし、

回を重ねると、

無邪気でピュアな自分が現れてくるのでほんとうに綺麗になるんです。

 

気の流れも良くなるので身体にもとっても良いですし、

出逢う人も幸せな人ばかりになっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの世界は、どんな感情の出来事が起こっていますか?

 

あなたはどんな感情を持つことが多いですか?

 

 

 

 

自分を観ることが苦手な人は、

ノートにこの質問と自分の中から出て来た答書いてみてくださいね。

 

書くことで自分を客観視できますから気づくこと多いですよ。

 

 

 

では、9月までに決めていきましょう♡

 

 

 

 

今、とても大切な時期なので、

感情解放はほんとお勧め。

 

 

感情解放は自分を愛すること、修行にしないでくださいね。

自分ご褒美をいっぱいあげながら進めてください。

ご褒美が満たされスムーズに進むポイントです。

 

 

いくつか参考記事載せておきます。

 

*自分の気持ちを大切にする方法
*感情の22段階。心地いい感情に戻る方法

*何をしても満たされない理由

*愛の自分でいたいのに出来ないあなたへ

 

 

 

 

こちらも参考に

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションリニューアルのため、現在セッションページを閉じております。

皆さんにとって最善のものにしたいと思い天にお尋ねしています。

また、小さなお話会なども開いていく流れになってきていますので、

詳細が決まり次第、お知らせしていきますね。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

14日

母の日。素直に感謝できなくても。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

母の日、いかがお過ごしですか?

 

 

今日は、母の日。

お母さんに感謝を伝えたりプレゼントをしたりされましたか?

 

 

 

中には、いろいろな思いから素直に出来ない人もあると思いますし、

天国に行ってしまって出来ない・・と寂しさを感じている人もあるかと思います。

 

幼い頃に親を亡くしているかたは、ずっと寂しい思いされていると思います。

寂しさを超え、よく頑張ってきましたね。

どうぞ、ご自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

 

 

母の日は、いろいろな思いが交錯する日でもあると思います。

私もその一人。

 

母が生きている時は葛藤に苦しみました。

亡くなって、改めて、母の気持ちを知ることも多く、

もっと早くに母を理解できていたら・・とも後悔しています。

 

 

 

そして、未熟な魂どうしで親子をするのだから、

仕方がないことだったとも思います。

 

今では、その体験があるからこそ親の愛情を理解できるようになったのだと思うからです。

 

親の愛情に、なんの不満も感じなければ、

愛を学ぶことはありませんでしたから。

 

 

 

 

 

親との関係で悩まれる方のご相談も多いです。

 

先日は、お父さんのご相談がありました。

 

「私、アダルトチルドレンだと思います・・」って。

 

 

この方は、アダルトチルドレンの本を読んで自分もと思われたそうです。

私からは、もう読まないようにとお伝えしました。

読むことで、本のエネルギーに影響されマイナスの思い込みが強化されるからです。

本のエネルギーは大きいものです。どうぞ幸せに向えるものを吟味して選んでくださいね。

 

 

 

 

 

家族は身近な存在だけに、
葛藤も生まれやすいもの。

 

 

そして、母の日は、

世の中の素直に感謝を表している人と自分を比べ、
そうできない自分を責めている人も多いのです。

 

でもね、
自分を責めるのはもうやめませんか?

 

自分に優しく優しくが1番。

 

この世界で1番大切にする人は自分自身。

 

 

 

 

親に対してあれこれ思ってもいいんです。

 

だって、傷ついたのですから。

 

 

私も、私の中に傷ついた小さな私がいましたからわかるんです。

その辛さ。

 

だからこそ、自分で自分を傷つけるのはやめましょうね。

 

 

 

 

昨日の子育てのお話でも書いたのだけど、

子供の方が親よりも魂が進化していることが多いのです。

 

 

また、育ってきた環境(社会情勢など)も親と子では大きく違うので、

子供が望むような育て方をしてもらえないことも多いのです。

 

 

 

親だから理解してほしい。

 

ありのままの自分を愛してほしい。

 

 

そう思うのだけど、

親が未熟なため、

親に望むのは難しいのです。

 

 

 

また、魂のレベルでみていくと、
わざわざそういう親を選んでいることも多いのです。

 

 

そういう方は、辛い体験をとおして、

自分の中に多くの愛があることを受け入れていかれます。
それが出来る親を選んできていることもあるのです。

 

 

 

怒りや悲しみの量だけ、

その逆である愛を持っているのです。

 

 

闇を体験する人ほど、

闇の自分も受け入れていくと、

闇は光に変わり、溢れるほどの光を放っていかれます。

 

 

 

 

 

母の日。

 

いろいろ思うことがある人は、
いろいろ思うことを許し、
自分がほんとうに望んでいる愛はどういうものだろう?と自分に聞いてあげてください。

 

そして、それを誰かに求めるのではなく、

自分で自分にプレゼントしてあげてくださいね。

 

 

自分で自分を愛し、満たせると世界は一気に変わっていきますから。

 

 

親から、『心の自立』していきましょうね。

 

 

 

 

 

 

こちらも参考に

*自分の気持ちを大切にする方法
*欠けた所探しゲーム
*感情の22段階。心地いい感情に戻るには

*進化した魂の子供たち

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

 

 

 

 

2017年

5月

13日

幸せな子育ては、心配ではなく信頼を

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

明日は、母の日ですね。
お母さんに、何かプレゼントなどされますか?

 

 

私は先日、母のようにいろいろアドバイスをくださる方に

日ごろの感謝をプレゼントにしてお渡ししてきました。

 

そして、息子からは母の日プレゼントが届き、

彼の成長を感じて、子育てした自分を改めて受け取りました。

 

天国にいる母には「何がいい?」と聞いて、
母にお供えしようと思います。

 

 

お母さん。

自分が生まれてきたルーツです。

母の日に、自分の中のお母さんへの思いに触れてみてはいかがでしょう?

 

 

 

さて今日は、子育てのことお話したいと思います。

 

子育てのお悩みも多いものなのですが、

でも、実は、子供は親の心を反映しているので、

親の心が変わると、子供に悩んでいたことがあっさり消えていくのです。

 

 

 

では、先日、FBに書いたものからお話しますね。

 

 

 

********

 

 

子供は信頼で。

そして、子の親である自分も信頼してあげましょう。

 

 

子育てのご相談から。

 

子供が心配であれこれ言ったりしたりするのはわかります。

我が子ですから心配になります。

 

でも、心配は子供の成長の足かせ。

できない子と見ること。

 

心配は信頼に変え、この子は大丈夫、できると見てあげること。

 

そして、

子供を信頼できないのはお母さん自身が自分を信頼できてないため。

(ハッキリ言ってごめんなさいね。)

 

 

自分の心を子供に映して心配になっているのです。

 

まず ご自分の心をジックリ深くみて、

自分の心に気づきましょう。

自分を信頼してあげましょう。

 

これまで、いっぱい頑張ってきたあなたなのですから。

お母さんは大丈夫。

 

お母さんの心が変われば子供たちは自然に可能性を開いていきます。

 

問題だと思っていることは消えていきます。

お子様ではなくお母さんが作りだしていたと体験しますよ。

 

 

お子様のご相談にこう答えし、

この聡明なお母さんは「胸にぐっとくる」と言ったあと、信頼に変えられました。

 

すると、翌朝から問題だと思っていたことはなくなったそう。

 

問題は自らの心が作り出していたことに気づかれました。

 

 

 

 

最近感じるのは、小さな子供だけでなく、

大きくなっていても、

さらに、大人になった子供にも心配して、

子供を自分の側に置き子供の人生を行き詰らせるお母さん。

 

 

それは、自己満足な間違った愛情の使い方。

子供をほんとうに思う愛ではありません。

 

 

親は子供に育てられると言いますが、

それは子供を通して、自分の弱い心に向き合えるからです。

 

親も子も、お互いが魂輝く生き方できるといいですね。

 

 

 

********

 

 

こうFBに書いたのですが、

いかがでしょう?

 

 

お子さんのこと、あれこれ心配し、口出ししていませんか?

 

以前も、このお話でお伝えしたのですが、
子供の方が魂では進化した魂です。

 

実をいうと、親を超えている子なのです。

 

 

 

 

そしてまた、

親自身があれこれ心配してしまう自分に気づき、

「自分はどうして子供を信頼してあげれないのだろう?」と自分の心に向き合うことが大事。

 

 

心配している自分に気づいていない方も多いですし、

また、心配を愛情だと思っている方も多いものです。

 

 

 

世界は自分が創造しているのですから、

問題だと思うことも、

自分で創造しているのです。

 

 

だから、

「自分はどうして子供を信頼してあげれないのだろう?」

 

このように、子供に向いていた意識を自分に向けること。

意識の方向を自分に戻し、

 

自分の心の中で起こっていることに気づくことが大事なのです。

 

 

 

意識の方向を自分に向け、

 

自分の心を知っていくと、

 

外側の出来事は自分が創り出していることに気づけるのです。

 

 

 

今回ご相談くださったお母さんは、

「胸にぐっとくる」と言われたことからわかるように、

頭の思考ではなく『肚』で理解されました。

 

 

それは、翌朝から悩んでいたことが消えるというミラクルとも思える現実を創り出したのです。

 

 

 

子供だけではなく、
出逢う人もまた、自分の写し鏡のお役目をしてくれるものです。

 

 

 

自分を信頼するとは、
世界を信頼することになり、
一気に望む世界が現れることにもなります。

 

 

 

ぜひ、この幸せのカラクリに気づいていきましょう。

 

この世界は、とても優しい世界ですから。

 

 

 

こちらもご参考に

*心配のエネルギー

*生まれてきた理由

*自分を信じてごらんなさい

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションリニューアルのため、セッションページを閉じています。

どうぞ、ご了承ください。

また、セッションへのお問い合わせはお受けしていますので遠慮なくどうぞ。

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

11日

美しい魂、光の戦士たち

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

先日、東京表参道のこちらに足を延ばしました。

 

『ダウン症のある子をもつ“母”と、その子を捉えた写真展』

 

その際の、FBに載せたものをシェアしますね。


********

 

 

母の日。

 

表参道駅B1出口。

 

光の戦士、天使の写真展に号泣中。

 

ここでも、金澤翔子さん泰子さん親子。

 

ほんと綺麗な魂たち。

 

翔子さんの作品をある美術評論家の方に見せようとしたら、

「世俗に汚れた自分は見るのが辛い」と言われたそう。

 

世俗に汚れたからこそ、美しい魂が奏でるものに目を向けてほしい。

 

あなたも美しい魂の持ち主なのだから。

 

 

 

********

 

 

この数日前には、日本橋三越で開催中の金子みすゞ・金澤翔子展も拝見して、

みすゞさんと翔子さんの魂の美しさに感動していたところ。

 

 

そこに、

 

この写真展でも翔子さんとお母様の泰子さんのお顔があり、

 

なんとも言葉にできないメッセージを受け取ったのです。

 

 

 

 

ダウン症、障害を持つ方。

 

社会では弱者と言われる人たちですが、

 

私には 強く美しき魂の持ち主であり光の戦士にしか見えなくて、

 

ただただ、その魂の美しさに自分の生き方を振り返らざるをえなくなるのです。

 

 

 

 

翔子さんの作品をある美術評論家の方に見せようとしたら、

「世俗に汚れた自分は見るのが辛い」と言われたそう。

 

世俗に汚れたからこそ、美しい魂が奏でるものに目を向けてほしい。

あなたも美しい魂の持ち主なのだから。

 

 

 

こうFBに書いたけど、

世俗に汚れることは、生きていたら致し方の無いこと。

 

だからこそ、

自分の魂の霊性や美しさ輝きを思い出そうとしてほしいなと思います。

 

 

その時、本来の自分を思い出し、

進む道が違っていたと気づくなら、

本来の道へと軌道修正すればいい、そう思います。

 

 

 

 

この写真展、

駅の通路での開催ということもあってか、
ほとんどの人が足を止めることも、

写真に気づくこともなく足早に歩いていかれました。

 

 

 

そして、時おりだけど、

足を止め見入る人が現れ、何とも言えぬ安堵を感じました。

 

 

 

 

『ダウン症のある子をもつ“母”と、その子を捉えた写真展』

http://openers.jp/article/1542367

 

 

 

もし、お近くに行かれることがあるなら、
ぜひ、この写真の強く美しい魂の人たちに出逢ってきてください。

 

 

そして、あなたが生まれてきた意味を感じてもらえたらと思います。

 

あなたも美しき魂の持ち主なのですもの。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

2017年

5月

04日

【 天から降りてきた言葉 】自分を愛するとは。。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

天から降りてきた言葉。

 

 

***

 

 

自分を愛するとは、

自分の中の神様を愛すること。

 

 

***

 

 

 

誰の中にも神様がいます。

 

というか、私たちそのものが神様のひとしずく なのです。

 

生まれて来るというのは、

それだけで愛され許され、

自由に遊んでおいで~と送り出されたこと。

 

 

自分を愛していますか?

慈しんでいますか?

 

 

この世界、楽しみましょうね♪

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

5月

04日

満たされた女性の歓びから歩き出す

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

ちょうど1年前の記事ですが、

再アップしますね。

 


女性としての自分を大切にすることで迷いがある方に。

何かヒントになればと思います。

 

 

 

男性と女性では性への捉え方が違います。

そして、大事なのは女性が女性である自分を大切にすること。

 

自分を大切にしましょうね。

 

それが、幸せの波に乗る1番の近道ですから。

 

 

 

 

********

 

 

 


GW真っ最中、いかがお過ごしですか?
私の所は、

昨日の雨と風がやみ今日は綺麗な青空が広がっています。

 


木々の新緑に目を移せば、
日を追うごとに色濃くなっていて生命力を感じる季節です。

 


皆さんも、新緑の生命力エネルギーに触れ、
リフレッシュ&元気アップしてくださいね。

 

 

 

さて今日は、先日のお話の最後に書きました女性性のお話をしていきますね。



ここ数年、女性性が話題になることがとても多くなりました。
また、女性性開花のセミナーやセッションを提供くださるかたもすごく増え、
その増え方にちょっと驚きつつ世の中を見ています。
(山の上から下界を眺めている仙人みたいな感じかも。笑)


そして、情報が溢れるほど増えたせいなのでしょうか、
情報に翻弄されて自分を見失っているかたもちらほら。。

 


中には、女性性開花をしなければ(いけない)と無理をしたり、
躍起になってしまったりしているようにも感じます。

 

 


本来、女性性をひらいていくことはとても豊かで心地いいものなのだけど、
現状は、逆の体験をしてみえるかたもあって、
お辛いのではないかな?と思っています。

 

 

いかがでしょう?

心地よくて自分らしいと感じる女性性開花をされていますか?

 

 

 


私の経験からお話させていただくと、
女性性開花は、

おひとりおひとりの美しい花がゆっくりと開いていく感じです。
それは、豊かな香りがふんわり香るような花ひらく感じ。

 


または、豊かなお湯をたたえた温泉が

静かに豊かに優しく広がっていくようでもあります。
イメージできるでしょうか?

 

 


子宮に灯りを灯すことを中心に、

女性性のワークやセッションをしていますが、
私が観ている女性たちは、

この花がゆっくり開いていくようでもあり、
豊かなお湯が静かに優しく広がっていくような開花をしていかれます。

 


その時間は、滋養に富んだものであり至福そのものです。

 


なので、もし滋養や至福というようなものでないなら、
どこかご自分を無理させる方向になっているのかもしれません。

 

 


女性性は歓び。
歓びだけですから。

 

 

 

 


女性性を開花していくのは、
とても簡単なこと。

 

ただ、女性である自分を丁寧に愛おしんでいく。
それだけなのです。

 


丁寧に愛おしむですから歓びしかないということなのです。

 

 


先日のお話の中に、
セクシャリティを専門のカウンセラーの方に、
「何事も経験だから、飛び込んでみては?」とアドバイスを受けたけど、
そのアドバイスを取り入れるのは私の幸せではないとわかった方がみえました。

 


この女性、女性性開花の歓びを知っていたからわかったのです。

 


歓びを内に持っていると、
幸せでないものがわかります。


もしアドバイスのままその男性とお付き合いしても、
自分の中にある歓びが膨らむことにはならない、
そうお分かりになったからお断りできたそうです。

 


因みに、その男性の方は既婚者だったそう。
もし交際をお受けしたら、
自分もお相手の奥様も傷つけることにいずれはなるだろうと思って、
それは自分らしい幸せを作ることではないと判断なさったそうです

 

 

 

 


自分の中に歓びがあることを感じられていないと、
「ない」と思い不安や不足感から、
外側の誘惑に安易に乗ってしまうこともあります。
人は弱いですから。

 

 

でも、自分の中に(子宮に)灯りを灯し、
すでに自分の中に歓びも豊かさも心地よさもあると感じられていると、
やって来たものが自分らしい幸せを創り出すものかどうか、
ゆっくりと吟味できる余裕が生まれるものなのです。

 


女性性は、受け取ること。

 


女性性を開くというのは、
ただただそのままの自分で豊かに愛され与えられることを知っているということ。


頭(思考)ではなく、

心と身体の感覚として、
そのままで愛されることを知っている状態なのです。


なので、与える性である男性が与えたくなって集まって来られます。
(自分から取りにいくことも競争して勝ち取る必要もないということです)

 


ふんわりと輝いて花ひらくお花に蝶や蜂が集まるように。

 


なので、わざわざ既婚の方とお付き合いすることは無いですし、
もし、来られても

「あなたは私のパートナーにふさわしくありません」と、
お姫様の自分でお断りもできるのです。

 


そして、自分を愛し満たしていけば、
その輝きにふさわしい王子様が現れる流れ(波動・エネルギーレベル)になります。

 

 


☆今回の既婚男性は「サイン」です。
ふさわしい男性が現れるまえに85%望みを叶えたお試し君が現れることがよくあります。
本命が現れたと浮足立ってしまう方もあるのですが、
自分らしい幸せの形を基にしっかりと見ていただきたいと思います。

 

 

 

 

女性性を開くというのは、
自分を丁寧に愛おしんでいくこと。

 


自分で自分に愛を注ぐこと。

 


すると、満ち溢れていきますから、
自分にふさわしい愛がわかり選んでもいけるようになるのです。
この選ぶ力は、男性性が開花した状態です。

 

 

 


何度も言いますが(笑)

 


女性性を開くというのは、
自分を丁寧に愛おしんでいくこと。

 


自分で自分に愛を注ぐこと。

 

 

 

もし、辛さや頑張らなきゃって無理な力が入っているなら、
ちょっと立ち止まって、


「これは自分を愛すること?」

「丁寧に愛おしんでいることかしら?」と、
自分に聞いてみてくださいね。

 

 


違和感が少しでもあれば、
その違和感に丁寧に寄り添って感じていってあげてくださいね。


それが、自分を丁寧に愛おしむということですから。

 

 

 

 

 

現代は情報が溢れています。


その中で、どの情報を選び取るのか、
その力も大切なこと。

 


どうぞ、
心地いい幸せを

丁寧に繊細に感じて選んでいってもらえたらなと思います。


あなたの幸せはあなたが創るものですから。

 

 

 

 

 

 

最後にRさん、

記事にさせていただいてありがとうございます。

 


そして、お返事にも書きましたが、
今回のことは女性性が開いて魅力的になっている証拠です。


なので、ご自分の魅力が溢れていること受け取っていってくださいね。
そしてさらに、女性であるご自分を愛おしんでいってください。
ますます女性性が開花していかれますから。

 


また、セッションでご両親の愛に気づいていっていただきましたね。
あれをこれからもしていって、愛を受け取り続けていてください。
Rさんが愛にあふれますから。
ご両親の愛と女性性開花の愛とでRさんが愛そのものになっていかれますよ。


どうぞ安心して幸せの中で愛を感じていてくださいね。
それが、望まれていたことが現れてくることになりますから。
応援しております。

 

 

 

 

 

 

皆さんにも、いっぱいの愛が届きますように。

歓びから女性性、開花していきましょうね。

 

 

こちらもご参考に

 

☆女性性開花とグラウンディング


☆報われない恋を手放したら・・


☆たおやかにゆったりと花ひらいて

 

 

 


大切なあなたへ
愛を込めて

 

 

 

********

 

 

 

私個人としては、既婚者の方とのお付き合いに良いも悪いもないと思っています。

 


そして、言えるのは、
どの体験も成長のための出逢いだということ。

 

なので、たとえハッピーエンドにならなくても、

出逢いは必ず何らかの気づきとギフトをくれています。

 

 

そのことに気づいていくと、

幸せの波に乗っていけるのです。

 

 

 

 

自分を大切にすることがわからない時は、

ここから始めてみてください。

 

*子供の頃の好きを思い出す
*言葉を飲み込む癖ありませんか?

 

 

 

 

因みにRさん、一年経った今、

素敵なパートナーと出逢われ結婚準備に大忙しだそうです。

自分を大切にした選択が、本来の幸せの流れを加速させたのです。

 

 

 

花ひらき
今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

5月

01日

5月1日 エネルギーメッセージ

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

5月1日、

一気にエネルギー変わりました。

 

 

決めてくださいね。

 

変わるのか、

変わらずこのままいくのか、

迷いがある方もあると思いますが、自分の胸に手を当てお聴きくださいね。

 

 

本音は微かな声です。

一見、損をするように思うこともあります。

 

 

魂のチャレンジで心からの喜びの方に進むのか、

エゴのこのまま変わらずいこうで歩いていくのか。

 

 

そして、どちらでもいいのです。

 

魂のチャレンジを選ばなければいけないわけではありません。

 

ただ、自分はこれを選ぶということが大事なのです。

選択を誰かや環境のせいにしないということです。

 

 

自分はこれを選ぶ。

これがそもそも魂のチャレンジなのですから。

 

 

道が整ってきたのを感じる方は、どうぞそのままさらに前に。

大丈夫ですよ。

安心して進んでください。

守られていること感じていきますよ。

 

 

私たちの中には、神様がいます。

何をどう選ぼうとちゃんと守られているのです。

 

 

 

あなたが幸せでありますように。

 

 

 

本音の微かな声が聴きとれない方は、
昨日お話したことやってみてください。
感覚が開いてきますよ。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

2017年

4月

29日

子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

GW始まりましたね。

どんなGWタイムにする予定ですか?

 

 

私はというと、人込みが大の苦手。
子供の頃は、人に酔うことが多く真っ青になっていたことも。

 

 

今は、そこまでではありませんが、

やはり多くの人の中にいるのは疲れます。

 

なので、
こういった時期はお家で自分の大好きなことをすること決めていますよ。

 

 

同じように人に酔う方もいると思います。

どうぞ無理をしないで、自分1番で心地いい環境に自分を置いてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

いろいろな方とお話していて思うのは、
GWだからどこかに旅行にいかなきゃと思っている人が多いということ。

 

 

旅行会社などの宣伝から、
GW=旅行と思い込んでいるのかな?

 

 

 

 

そして、セッションでは、

「ひとりで居ると寂しい人って思われていないか気になります。」と言われる方も。

 

 

もしかして、
ひとり=孤独って思っていますか?

 

 

 

そんなふうに感じます。

 

SNSや、多くの宣伝情報からそう思い込んでしまっている可能性ありませんか?

 

いかがでしょう?

 

 

 

 

 

私たちは、気づかないうちにこういった思い込みを持ってしまっています。

 

なので、自分のほんとうの気持ちを感じていないと、
まわりから受け取った情報に流されることになり、

(エネルギーもふわふわゆらゆらと安定性がなくなります)

 

 

 

それが、

いろんなことをしているのに満たされない・・

その時は楽しいけど、やっぱり満たされない・・

という状態を作り出しているのです。

 

 

 

特に、先日お話した

自分の言葉を飲み込んだり、

感情を抑える人は、この傾向が強いようにも思います。

 

 

 

当てはまるかも・・という方は、

GWは、少し人から離れてみて、

自分がほんとうに好きなこと心地いいことを思い出す時間にしてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

例えば、

子供の頃に好きだったものを思い出し、

ノートに書き出してみたり。

 

 

 

子供の頃に好きだったものは、

自分のほんとうの好きや心地よさで選んでいるので、

あ~、私これが好きだった~♪なんて、純粋な好きの感覚が蘇ってきますよ。

 

 

 

 

人間の記憶の仕組みは、

ひとつ思い出すと、

つぎつぎ思い出していくもの。

 

 

思い出すたびにノートに書いて、
子供の頃大好きだったもののリストを作ってみるのもお勧めです。

 

 

 

 

そして、子供の頃好きだったことを実際にしてみるのもとてもいいんです。

 

好きだった音楽を聞いたり歌ったり、

楽しくなってきたらスキップしたり踊ったり、

また、お花を摘んでみたり、

懐かしいお菓子を買って食べてみたり。

 

 

ノートに書くだけでなく実際に行動してみると、

当時のワクワクする感覚がクリアに蘇ってくるんです。

 

純粋なワクワク感覚を取り戻せるのです。

 

 

 

 

 

 

実は私、

ある時、ふと閃いてこれをしてみたんです。


小学校の頃に好きだった苺のチョコを買って食べてみようって。

それまでは、スーパーで見ても懐かしいね~と思うだけで買わなかったんです。

 

でも、あえて買って食べてみたら、

もう一瞬でふわ~と当時の嬉し~~いって感覚が蘇ってきたんです。

 

 

さらに、大好きだったイギリスのバンドの音楽をYoutubeで探してみました。


すると、なんと!発見!当時の映像と音楽があったのです。
びっくりしつつ聞いてみると、一気に当時の超超ワクワクが蘇ってきたんです。

 

そして、メンバーがおじさんになってて

びっくりでした。(笑 当たり前ですよね)

 

 

 

密かにこんなことしてるんですよ。

笑えるでしょう。(*^^*)

 

 

 

 

そして、この子供の頃の好きの再体験で、

私は私の好きなもの心地いいもの幸せになるものがよく分かるようになりました。

思い出したというほうが合ってるかな。

 

 

私たちの好きや心地いい、

ワクワクや幸せという感覚は、

実は、子供の頃から変わらないのだと思います。

 

 

 

大人になるうちに、

もう子供じゃないんだからなんて手放して、

大人に相応しいものを選んでしまいがちだけど、

心の中には純粋な子供の自分がずっと居てくれています。

 

 

その純粋な子供の自分の感覚を大人になっても持っていることが、

幸せの近道なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ひとりの時間は孤独な時間ではなく、

自分の幸せを満喫する時間で豊かな時間。

 

 

そして、私はこうやって自分を満たせるので、
それが逆に、とても心地いい人間関係が作れる基になっているのだと思います。

 

 

 

 

 

ターシャ・テューダの言葉に、

 

 

『私は、社会通念より自分の価値観に従って生きるほうを選びました。

だから、面白くて充実した人生を歩んできたのだと思います。』

 

 

こうターシャは言っていて、

 

価値観は、自分の好き心地いいというもの。
だからこそ、

それを大切にしたターシャだからこそ、

彼女の生き方やライフスタイルに多くの人が魅了されるのだと思うのです。

 

 

 

 

 

ひとりの時間は豊かな時間です。

 

どうぞ、あなたの好き・心地いい・幸せの感覚を思い出し大切にしてくださいね。

 

それが、幸せの波に自然に乗っていくことにもなりますから。

 

 

 

 

 

 

こちらもよろしければ。

*春待ち月の設定
*どんな場所があなたの心地いい場所ですか?
*幸せでないものを自分の世界に入れていませんか?

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

4月

28日

自分の気持ちを大切にする方法

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

明日からGWが始まりますね。

どうぞ、ご自分をいっぱい休ませいっぱい満たしてあげる時間にしてくださいね。

 

 

 

では、今日も先日のFBに書いた言葉に加筆しておおくりします。

 

ブログでもよく感情解放の大切さをお話していますが、
感情解放というとなんだか大変なことのように思いがちだけど、

実は、こういう些細なことなんです。

 

 

 

 

********

 

 

ほんとうは言いたかった言葉、現わしたかった感情。

どうしていますか?

 

 

いい子でいよう、

いい人でいようと飲み込んだり、

ぐっと我慢したり、

多かれ少なかれ誰もがあると思います。

 

 

 

でも、

その飲み込んだ言葉、

ぐっと我慢した感情をどうしていますか?

 

言いたかった言葉も現したかった感情もちゃんと外に出してあげていますか?

 

 

 

相手に言う、

感情をぶつけるということではなく、

自分の気持ちを自分で受け止めて

 

「そう言いたかったんだね。」

 

「そう感じたんだね。」と

 

自分を知ってあげることが大事です。

 

 

 

これをすると、

1番わかって欲しかった自分に自分を理解され受け止めてもらえたことで、

すっきりしますし、

安心していきます。

 

 

 

多くの方の悩みのもとは安心がないこと。

 

自分で自分の話を聴いて受け取っていくと、

安心が生まれ、

さらに安心は大きくなり、

気づけば、外側のことで不安になったり怒ったりが減っていることに気づかれるでしょう。

 

 

 

悩みの原因は、自分の中に安心がないこと。

 

これは、自分を尊重し愛することから生まれます。

 

誰かに尊重され、

愛されることで一時的には得られますが、

誰かに求めていると、相手に好かれようと自分を偽ることをします。

 

それは、安心を遠ざけます。

 

 

 

自分で自分を尊重し愛することでの安心がある人は、

愛されようと自分を偽ることをしません。

 

ゆえに、愛され続けることにもなるのです。

 

外ではなく内と言われるのは、こういうことなのです。

 

 

 

********

 

 

 

いろいろな方とお話していると、

「そういえば、言いたいことを飲み込んでしまっています。」

 

「感情をぐっと我慢するのが癖みたいです」

そう気づかれる方も多いのです。

 

 

 

日本人の特性でしょうか。。

 

和を重んじることを美徳ともしていますから、

ことを荒立てるよりも、

自分の中に収める方がこの場が納まる、、

そう仰る方も多い。

 

 

では、その自分の中に収めたもの、

その後、どうしているのでしょう???

 

 

 

 

実は、言いたかった言葉も自分が我慢すればと収めた感情も無くなることはありません。

 

心の奥に溜まっていっているのです。

 

 

普段、良い人と言われる人に限って、
突然、怒り出すなんてことがあるのですが、

それは、心の奥に溜まったものが「もうこれ以上溜められない!我慢できない!」と

溢れ出てくるからなんです。

 

 

 

 

 

実は、私たちエネルギーを読める者からは、

ご本人は頑張って良い人をしていらっしゃるのだけど、

実は、お腹の中に溜め込んでいることわかるのです。

 

黒く観えたり、赤黒かったり、

エネルギーがトゲトゲしていたり、

時に内臓の働きが弱っていることなど感じるのです。

 

 

 

 

そして、エネルギーが読めなくても、

お腹の中に溜め込んでいることは自分で知ることができます。

 

 

それは、いつまでもその出来事を思い出し、

イライラしたり不快な感じが収まらない時。

 

ありませんか?そんな時。

 

 

 

実は、感情や身体の感覚は教えてくれているんですね。

 

溜め込んでいるよ。

ちゃんと出してスッキリしなさいって。

 

心も身体も、ちゃんと幸せな自分に戻るように教えてくれているんです。

 

 

 

 

 

言葉を飲み込んでしまったと気づいたら、

感情をぐっと我慢してしまったと気づいたら、

溜め込むのはもうお終い。

 

☆癖になって気づいていない人も多いですよ~。

 

 

 

ひとりの時間を取り、(ひとりの時間を大切に)

飲み込んで我慢した自分を労わってあげましょう。

 

 

言葉を飲み込んだなら、

飲み込んだ言葉をちゃんと出してあげましょう。

 

 

「ほんとうはなんて言いたかったの?」

 

「そうか、そう言いたかったんだね。」

 

「それを言うのを我慢したんだ。」

 

「よく頑張ったね。偉かったね。」

 

「同じようなことがまたあったら、どうしようか、どうしたい?」

 

こんなふうに。

 

 

そして、

我慢した感情があるなら、

それもちゃんと感じてだしてあげましょう。

 

 

怒る、泣く、叫ぶ。

ちゃんと出して解放してあげるんです。

 

こういった感情は居心地よくないから、

親から(先生や友人の場合も)出しちゃいけないと言われたと出さない人もいますが、

そうすると、お腹の中で発酵してしまいます。。

 

感情は出していいのです。

健康の為にもいいんですよ。

 

なので、早め早めにちゃんと出してあげましょうね。

 

 

 

 

 

こうやって、自分を労わりケアしていくと、

自分自身が、自分は自分を大切にしているな~と感じます。

 

 

自分の自分への信頼感が育っていきます。

 

自分が自分の1番の理解者であり応援者だと感じていきます。

 

 

 

 

すると、

自分の中に大きな安心感が生まれます。

 

その安心感があると、

他者からの評価など外からどう見られているのかと自分の価値をはかることも必要なくなり、

揺らぐことのない自信や幸せ感が生まれてくるのです。

 

 

 

 

揺らぐことのない幸せ感の持ち主さんは、
こういった自分を大切にすること、自然にしているのです。

 

こういう時間を意識して持ってみえるんです。

自分をケアし満たす時間を持っていることで、人生が良い方向にいくことご存じなのです。

 

 

そして、これは幸せな自分育ての方法なのです。

 

 

お仕事や人間関係でストレスいっぱいと感じている人も、

子育てでイライラなお母さん(お父さん)にも、

そして、自分の気持ちがなかなか言えないお子さんの子育てにもお勧めです♡

 

「なんて言いたかったの?」ってお子さんに聞いてあげてくださいね。

お母さんに大切にされていること伝わりますよ。

 

 

 

 

 

 

言葉を飲み込んでしまったと気づいたら、

感情をぐっと我慢してしまったと気づいたら、

 

 

「ほんとうはなんて言いたかったの?」

 

「そうか、そう言いたかったんだね。」

 

「それを言うのを我慢したんだ。」

 

「よく頑張ったね。偉かったね。」

 

 

 

 

こう自分を労わり優しく聞いてあげてください。

自分のために時間をとって。

 

 

 

 

 

明日からGWです。

 

自分ケアの時間をとってはいかがでしょう?

 

 

 

これをしているとエネルギーがピカピカ綺麗になりますから、

幸せを引き寄せることまちがいなしですよ♡

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

27日

スピリチュアル子育て

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

さて今日もFBに書いたものをこちらにも。
少し、加筆もしましたので、

子育て中の方、べビ待ちの方ご参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

********

 

 

今日のセッションは子育てのご相談。

 

子供時代は、まだ閉じてないので精霊や天使が見えている子もいます。

 

シュタイナー教育の幼稚園では、

子供たちが見えていることを話しても

おかしなことと言ったり否定するようなことをしないで、

そのまま受け入れてくださいとスタッフは指導されるそうです。

 

 

今日のセッションでは、

精霊や天使も見えますが、

人がその人を思う気持ちも飛んでくるので見えますよ とお話ししました。

 

リーディングしてみると、

おじいちゃまやおばあちゃまの愛がお子様にエネルギーとして飛んで来ているのがわかったからです。

 

 

 

ネガティヴなエネルギーは邪気や生霊なんていいますし、

実際、飛んできます

 

反対に、ポジティブな愛や応援や祈りのエネルギーも相手に届いているものなんです。

なので、祈りはちゃんと届きます。

 

 

 

今日のお子さんは、このポジティブエネルギーが見えているようで、

私はなんだかとても嬉しくなりました。

幸せな光を見ているんだな〜って。

 

 

そして、見えるというのは繊細な感性を持っていることであり、

幸せな波動に共振していられてることてもあるので、

親御さんにはお子さんの感性を受け入れ外部からの心ない言葉から守ってあげと欲しいこと お伝えしました。

 

 

以前、スピリチュアル子育てのお話をして欲しいとリクエスト頂いたことがあるのだけど、

こんなお話もパパママにお話しできたら幸せだなと思います。

 

 

 

今、生まれてきている子供たちは進化した魂の子が凄く多くなっています。

親より魂レベルで上なんです。

 

 

なので、親が子供に気づかされる育てられることもいっぱいあります。

そして、どの子も親を愛したくて降りてきています。

子供たちと無条件の愛に気づいていけたら嬉しいなと思います。

 

 

 

 

 

写真は、私の子育てバイブル。

〜べきの子育て論の中で毛利先生の全肯定ゆるゆる子育てにどれだけ助けられたでしょう。

 

そのおかげで、出会うドクター幼稚園の先生と、

私が出会う人はゆるゆるの人が多かったですね。

ほんとうに助けられました。

 

 

 

子育ては、親も子供も初めてのことばかり。

だから、悩むのはあたりまえ。

 

だから、どんな自分でもOKだよってお母さん自身が自分に優しくしてくださいね。

お母さんが自分に優しくしていると子供も幸せなんです。

 

 

 

********

 

 

 

子育てで自分の思い通りにいくことなんてないのではないかなと、
子育てを終えた私は振り返り感じます。

 

 

そして、子育てをさせてもらえたから見えたもの分かったことは数え切れません。

なので、息子が来てくれたことは感謝でしかないことですし、
成人した今も心配になることもやはりあるのだけど、
そのたびに、「心配になって当然だよね。自分の子だもの。守りたいものね。と、

自分の不安な心を受け取って、奥にある母としての愛を感じています。

 

 

 

そして、母としての愛を感じさせてもらえていることに、

なんともいえない深い愛をさらに感じていつしか不安が信頼へと変わるのです。

 

「こんなに愛しているあの子だもの、なんだかんだ大丈夫だ!」って。

 

 

 

子育ては、この不安と信頼を行ったり来たりさせられるものなのでしょうね。

でも、それは愛する存在を得たということでもあり、

これほど幸せな体験はないのではないかなと思います。

 

 

 

もちろん、子育て中はそんな悠長なこと言ってられないのも現実。

悩んで格闘しての時間でもあると思います。

 

 

だからこそ、ひとりで抱え込むのではなく、

誰か信頼できる人に話を聞いてもらう相談する”自分の弱さ”を受け入れることも大切だと思います。

 

「助けて」って言えますか?

 

 

私たちは、お互いを支え合い補い合い、

そこから輝き合う存在です。

 

「助けて」って甘えてみましょうね。

 

 

 

 

 

今、姪っ子の子育てをお手伝いしていますが、

いつも言うのは「ママがご機嫌さんでいるのが1番幸せの近道。」と。

 

なので、「私がいる間は任せてお昼寝していらっしゃい。」とも言います。

夜の授乳でぐっすり眠れていないのもわかりますから。

 

そして、私は赤ちゃんとのひと時が幸せでもあるのです。

赤ちゃんのエネルギーは天国のエネルギーですから、

抱っこしていると幸せなんです。

 

(どうやら、この感覚↑姪っ子曰くおばちゃんだからだよ~とのことらしいです。)

 

 

 

 

話があちこち飛びましたが、
子供の頃は、まだまだあちらとの繋がりが強いです。

 

なので、ハートもクラウンチャクラも大きく開いているので、
精霊や天使、エネルギーが見えています。

 

 

お子さんが見えているようなことを話したら、

そのままを受け取って「そうなのね。」と聞いてあげてくださいね。

 

 

時々、胎内記憶のことを聞き出そうとするママさんがいますが、
それも自然に聞いてあげてください。

 

子供は敏感に「聞き出そう」としていることを感じて、

ママに言うの怖い・・と感じちゃいますからね。

 

 

 

 

 

子供はひとりひとりがママを愛したくて生まれてきています。

 

それは、「ママ、こうするともっとママは笑顔になれるよ」って教えるために。

 

なので、悩むことがあれば、

「これは、私に何を気づかせようとしてくれてるのかな?」と

立ち止まり自分を客観的に観てみてください。

 

何かしらきっと気づくことあると思いますよ。

 

 

 

 

 

こちらも参考になさってください。

 

*お互いが輝く パズルの法則
*頑張って来たことを受け取っていますか?

*心配のエネルギーは相手の足かせに

*進化した魂の子供たち

*頼りないお母さんだから愛されていたんですね

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

4月

27日

グレース・ケリー展

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

昨日は、牡牛座の新月でしたね。

皆さんは、どんな新月タイムでしたか?

 


私は珍しく眠くて眠くて・・。

なので、抵抗せずにお昼寝しました。

 

そして、眠くてしかたがなかったのもよくわかりました。

夢の中でメッセージを受け取りましたから。

 

そして、目覚めた後は疲れも取れすっきり。

身体の声にしたがって自分を甘えさせてあげること、ほんとうに大事です。

 

 

皆さんは、内なる声を聞いて自分を甘えさせてあげていますか?

どうぞ自分を休ませ満たしてあげてくださいね。

 

 

 

さて、先日、グレース・ケリー展に行ってきました。

FBには書いたのですが、こちらにも載せていきますね。

 

 

 

 

********

 

 

グレース・ケリー展♡

開催最終日、やっと行ってきました。

 

 

グレース・ケリーが愛用していた品々が展示してあったのだけど、

ただ見るだけじゃなく、しっかりサイコメトリーでエネルギーも感じてきました♪

 

 

やっぱり素晴らしい女性でしたよ。

彼女を知る人が言われるように聡明でしなやかな人。

 

クールビューティーと言われるけれど、

細やかな愛情表現ができ誰に対しても対等に気遣いできる素晴らしい愛の女性でした。

 

内なる葛藤も多かったようだけど、

本来の聡明さで愛の選択を積み重ねた人生だったと感じました。

 

 

また、ドレスはディオールにシャネルなどオートクチュールの最高のものばかり。

どれもデザイナーが彼女の美しさを現すために作ったこともよくわかりました。

(もうエネルギーが半端なく大好きエネルギーで幸せでした♡)

 

 

大好きなデザイナーたちの当時の作品を見れたのも嬉しかったです♡

どれも丁寧に着ていらしたことわかりました。

(デザイナーやお針子さんへの敬意からですね)

ほんとうに素敵な女性です。

 

 

5月10日からは東京での2回目開催だそう。

お勧めです♡

 

 

※サイコメトリーというのは、物から持ち主のエネルギーを読み取るサイキック能力のひとつです。

 

 

********

 

 

 

ほんとうに上質で幸せなエネルギーに満ちていて、

グレース・ケリーという女性の素晴らしさを受け取ってきました。

 

公妃という立場に立たれた方だけはあると思う気品としなやかな強さ、

そして、家族から国民まで愛で包もうとされた女性だったのだとも感じました。

 

 

彼女の在り方は、女性として学ぶところおおいにありですね。

 

 

 

 

 

5月10日からは、東京でも再び開催されるそうです。

こちらにそのサイトを載せておきますね。

 

 

ご興味あるかたはぜひ足を運んではいかがでしょう。

プリンセスのエネルギー、感じてみるのも心満たされますよ。

https://www.gracekelly-exhibition.com/

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

4月

24日

【お勧め本】お母さんが幸せになる子育て

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私は、春を楽しんでいますよ。

少しですが花粉症のくしゃみはでるのですけどね。

 

酷い時もあったのだけど、

今では、くしゃみが出て初めて「そういえば花粉症だったな~」なんて感じです。

 

特に治療したわけではなく、好きなことを楽しんでて花粉症を忘れているだけなんですが。

現実は面白いですね。

 

 

 

さて、春を楽しみながら読書ブームにもなっています。

昨日は、この本を一気読み☆

 

 

心屋仁之助さんの子育て本。

『お母さんが幸せになる本』です。

 

 

帯に「愛情という名の呪い」なんて書いてあるので、

ちょっとびびりましたが、

内容は、とってもらく~になれる本です。

 

 

私は読みながら、そうそう、あったあった、なんて、

自分が子供の頃を思い出していました。

 

そして、読み進めるうちにちょっとぽろって泣けてきたり、

くすくす笑ったりして読後はスッキリでした。

 

 

 

 

私は、お花畑スタイルの引き寄せをセッションのベースにしていて、
それは、女性は本来『お花』だからなのだけど、

 

 

心屋さんのこの本では、

子供を、

 

ちゃきちゃきマルチタイプと、

お花畑スポットタイプの2つのタイプに分けて伝えてくれていて、

その子の持って生まれた資質のままでいいんだよ~って伝えてくれていました。

 

 

 

 

私も、その人の持って生まれた資質のままでいると、
幸せの流れにスムーズに乗れることが観えるので、


自分を否定していたり、

無理して頑張っていることを手放して、

本来のその方に戻っていかれるようセッションしているのだけど、

 

 

それを心屋さんは、

お花畑タイプがちゃきちゃきタイプになろうとするとお花が咲かなくなる

と言ってみえて、そうそう!そうなの!でした。

 

 

 

 

 

実は、私の母がちゃきちゃきでなんでもできる人だったんです。

私の憧れでしたね。

 

 

でもね、私はのんびり空を見てぽ~として神様や精霊と話してる子。

身体も弱く、小柄だったので母は「このままで大丈夫だろうか?」って思ったのでしょうね。

ちゃきちゃきできるようにとよく言われました。

 

 

でも、出来ないんですよね、お花畑ですから。

なので、出来ない自分をしらないうちに責めるようになっていましたし、

無理して頑張ってもいた子供でした。

 

 

ぽ~としていたので、クラスメイトからいじめられそうにもなりましたから、

余計にちゃきちゃきしていないと!って自分を頑張らせてもいたように思います。

 

 

ある程度ちゃきちゃきできるようにはなりました。

学校教育もちゃきちゃきを教えるものですし。

でも、生粋のちゃきちゃきさんには及びませんからコンプレックスでした。

 

 

 

 

でも、そうしていたら、

精霊とも話せなくなっていって・・・。

 

 

私たちは全員、生まれた時は天と繋がっているのだけど、

こういったことで繋がれなくなっていくのでしょうね。

 

なので、本来の自分を取り戻していけば、

誰もが直観が開き、サイキックな能力を取り戻すのだとも思っています。

 

 

 

 

 

話が心屋さんの本からズレてしまったけど、

 

女性は本来、お花です。

 

無理に自分以外の何かになろうとする必要などまったくないし、

命は、ありのままで生きていないと何かしら「違うよ!」って教えてもくれます。

 

 

女性がお花の自分を否定すると、

婦人科系の疾患や、

パートナーシップでの悩みに出やすいです。

 

 

 

 

 

もし、しんどい・・って思うなら、
自分ではない自分に無理になろうとしてはいないかしら?

 

 

お花畑さんなのにちゃきちゃきさんになろうとしていないかな?

 

 

 

もし、心当たりがあるならば、
この本を手にしてもいいかと思います。

 

 

もちろん、子育て中のパパママにはらく~な子育てになると思いますよ。

 

 

私的には、お花畑の子がそのままの自分でいいんだ♡って感じて育っていけて、

ちゃきちゃきさんの子供も無理に頑張らないでそのままの自分でOKって育っていける
そんな優しい社会になっていくといいな~と思いました。

 

 

 

 

 

新書なので、本屋さんにあると思います。

宅配便が増えて宅急便の方も大変のようです。

優しい社会へのひとつの選択として、

お出かけの際、本屋さんで購入されてはいかがでしょう。

 

 

 

私は、もう一冊、子育て本で気になっているのがあるので、

これも本屋さんで買ってこようと思います。

 

 

 

そうそうこの本もお勧めですよ。

優しい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

花ひらき

 

今ここを天国に。

 

2017年

4月

21日

しあわせのもと。おうちごはん。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

ご機嫌な日々を過ごしていますか?

 

 

 

私は、このところ

心のお手入れしたり、
大好きなものたちを丁寧に手入れしたり(衣替えの準備ですね)
日々のおうちごはんを丁寧に作って、
なにげない日常の幸せ純度を上げることしています。

 

 

 

私は、この『なにげない日常の幸せ純度』がとても大切な人。

 

ここが満たされていないと、

他のことも満たされなくなっていくこと知っているので、

意識して丁寧にするようにしているのです。

 

 

皆さんは、どうですか?

 

 

 

 

 

実は、FBには書いたのだけど、

人生初のお料理教室に通い始めました♡

 

『なにげない日常の幸せ純度』をもっと上げたくて。

 

そして、この新しい選択が、私に多くの気づきとギフトをもたらしてくれてます。

 

 

 

 


料理を習うのは、

学校の料理実習以来でしょうか・・。

(何年前???笑)

 

 

母が料理するのを見ていたせいでしょうか、

料理はそこそこ出来ていました。


本やテレビの料理番組も好きでよく見ていたので、

そんなに困ることはなかったのです。

 

 

でも、

この数年、ある思いが出て来ていたんです。

 

「こんな人になりたいな」と思えるような先輩女性から料理を習ってみたいという淡い思い。

 

 

 

淡い思いなのですっかり忘れてもいたのだけど、

クライアントさんがお料理教室の悩みを話されたことで、

「そういえば私も・・」と思い出し、

 

 

すると、直後にお料理教室のお誘いがあり。

 

ピン!ときて、ご案内を半分も読まずにお願いしますとお申込みしていたんです。

 

 

 

 

そして、今になって気づくのは、

「こんな人になりたいな」と思える先輩女性から料理を習ってみたいという淡い思いは、

母から料理を習いたかった・・という思いからだったんだと。

 

 

 

こんなこと思っていたんです。

 

そういえば母から料理を習ってこなかったな。

全寮制の高校に行っちゃったから、

お母さんに料理を教えてもらうことあまりなかったな~って。

 

 

小学校の頃にハンバーグの作り方は教えてもらったけど、

母のきんぴらはどうやって味付けしてたんだろう?

母に聞きたいけど天国だしね・・・って。

 

 

なんだかんだ、

母にもう一度甘えたかったんです。

(恥ずかしいですが・・)

 

 

 

 

 

そんな思いが、

「こんな人になりたいな」と思う女性から料理を習ってみたいという思いになり、

現実化していたんだと気づいたのです。

 

 

そしてなんと!

料理を教えてくださるマダムの夢が

「みんなのお母さんになること」って聞いてびっくり☆

 

 

 

その時に思いました。

世界はほんとうに優しいなって。

ちゃんと望んでいるものは与えられる優しい世界って。

 

 

 

 

 

私は、長女でしっかり者のお姉ちゃんを頑張ってしてきた人なので、
母に甘えることほんとしてきていないのです。

 

 

弟君が手のかかるわんぱく坊主だったこともあり、

私までワガママ言ったら母が困ると子供心に思って、

頑張ってしっかり者をしてきたんです。

 

 

ほんとうは甘えん坊で泣き虫だったのに。

そうとう無理してましたね。(笑)

 

 

 

 

そんな頑張ってきた自分を受け取り、

もう甘えん坊でいいよ、

泣き虫でいいよって許可ができたからなんでしょうね。

 

 

料理教室に行きたいと思い、

みんなのお母さんになりたいと思うマダムに出逢ったのですから。

 

 

 

 

 

またひとつ、私の中に幸せが増えました。

 

マダムから料理を学び、
日々のおうちごはんを丁寧に丁寧に作り始め、

日常がさらに満たされ幸せ純度が上がっています。

 

 

 

マダムに1番初めに教えていただいたのは、

土鍋で炊いたごはんで作る塩むすび。

 

 

マダムは、お米をとぐときに両手でお米を包んで優しく洗うんです。

 

その所作が、お米を愛でていて、

お米のひとつぶひとつぶに愛を込めてみえるんです。

 

 

私も真似て、お米のひとつぶひとつぶに愛を込めてといでいます。

もうそれだけで満たされていくのを感じる毎日です。

 

 

 

私の塩むすび。

 

 

 

 

人の出逢いは不思議だなと思いつつ、

出逢う人には出逢うように魂では決めてきていて、

短い時間だけの人もいれば、

長い時間を共にする人もいて、

幸せに別れられる人もいれば、

心痛める別れの人もいるけれど、

どれもが魂のレベルでは大切な出逢い。

 

このところしみじみそれを感じています。

 

 

 

 

毎日、口にしている食べ物たちも、

そんな大切な出逢いであり、

私の身体と心と魂を育んでくれていると思うと愛おしくなるのです。

 

 

 

 

 

なにげない日常の中にもきらめくものが必ずあります。

 

どうぞ丁寧に見つけてみてくださいね。

 

 

あなたの願いがすでに叶っていたことや、

取りこぼしてしまっていた愛や優しさに気づいていけると思います。

 

 

 

 

私も今回のことで、

母にどれだけ愛されていたのか思い出し、

取りこぼしていた愛を受け取りましたから。

 

身近な家族の愛ほど・・なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

【お知らせ】

 

5月初めよりセッションのスタイルと料金を新しくしていく予定にしています。

 

セッションを迷われている方がありましたら、お問い合わせいただくか、早めのお申込みをお勧めいたします。

 

 

 

2017年

4月

14日

誰もがちゃんと花咲かせます。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は、FBに載せた何気ない日常のつぶやきをこちらにも。

 

 

***

 

 

ぐんぐん♡

暖かくなってきたらあれよあれよとぐんぐん伸びて小松菜に花が咲きました。

 

 

人も、ちゃんと時が来て花が咲くもの。

自分の花を見つめてあげてね。

大丈夫♡

 

 

小松菜の花はこんなお花です。

蕾を集めたらブーケぽくなりました♪

 

 

***

 

 

寒い冬の間は、なかなか大きくならないな~なんて思っていたのに、
暖かくなってきたら、あれよあれよと伸びだして黄色のお花が咲いた小松菜です。(笑)

 

 

見ていて、人間と同じだなって思いました。

 

ちゃんと時が来ると花が咲く、これは人間も同じだって。

 

 

 

 

私たちは、頑張ってるのになかなか上手くいかなくて凹む時があるけれど、

それは自然でいうなら冬の季節。

 

 

冬に植物はなにもしていないわけではなくて、
ちゃんと栄養を蓄えて時が来た時に花を咲かせる準備をしている。

 

 

私たちも「上手くいかない・・」って凹みながらも頑張った体験は必ず花を咲かせる時が来るもの。

だから大丈夫なんです。

 

 

 

 

多くの方に出逢って思うのは、

この厳しい時に頑張った体験がある人というのは、
年齢を重ねた時になんともいえない優しさと包容力となって滲み出ると感じるのです。

 

体験に裏付けされた美しさというのかしら。

 

 

 

今の大変さに目を奪われると凹むことばかりになってしまうけど、
この体験がいつか自分の輝きになっていくんだと思うと、
少しは頑張れるのではないかなと思うのです。

 

 

 

 

 

 

10年、20年、30年・・経ったとき、どんな自分になっていたいですか?

 

その時、どんな花が咲いていますか?

 

 

自分の花をちゃんと見つめて、咲かせていきましょうね♡

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

4月

12日

お花畑にご帰還おめでとう♡

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

私の所は久しぶりに晴れ、青空が見えて嬉しくなっています。


やっぱり天気で気持ちも変わるものだ!なんて言って、
そんな自分に朝からクスクス笑っております。

 

 

 

さて、今日は昨日の続きからMさんから頂いたご報告をお送りしますね。

 

 

Mさんは、昨年末に集中して感情解放をされた方。


なので、感情解放をするとどんな状態になるの?と思ってみえる方に、

こんな未来があなたにも来ますよと教えてくれると思います。

 

 

 

そして、この状態をお花畑と私は表現しているのだけど、

ただふわふわしたものではないことも知っていただけたらと思います。

 

 

 

 

Mさんは、自分の心の見たくない所にしっかり向き合われました。

「じぶんはほんとうはどうしたいんだろう?」と

本音を感じることも丁寧にされてきています。

それに伴う行動もされています。

 

日々、丁寧に自分を感じてあげることを続けてみえての今なのです。

 

 

 

Mさんは頑張り屋さんです。

なので私が1番にお伝えしたことは、

 

 

「頑張らないことを頑張ってね。」

 

 

えっ?と思われる方もあると思いますが、

 

頑張らないことを頑張っていくと、Mさんのような幸せになるのです。

 

 

頑張らないことを頑張っていくというのは、

頑張ることを修行にしないで、

らく~になることを頑張るということです。

 

 

 

Mさんのこれまでのプロセスはこちらです。

ぜひ合わせて読んでくださいね。

 

 

 

 

********

 

 

 

中川さん、

 

こんにちは。

春がやってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

素敵な日々を過ごされていることと思います。

今日は、セッション後の変化をお知らせしたくて、メールしました。

 

 

 

何か、とても大きな変化が起きているように感じています。

 

3月末に、帰省したのですが、

両親の心が大きく変わったようで、驚きました。

 

 

とても、楽しそうでした。

母から、父や妹への恨み言が消えていました。

 

娘が、父と母に別々でいろんな質問に答えるカードを渡したら、

同じ質問3つにまったく同じ答えを書いていました。

(魔法を使ってなりたいもの、やりたいこと、動物と話せたらなんてきく?)

 

 

 

通った小学校まで娘と歩いてみました。

山の中のとても遠い小学校で、つい最近まで怖い怖いの記憶ばかりの場所でした。

 

でも、今では、両親の深い愛に抱かれて

自然の中で私にとってここはすべてがあった場所だったんだ、と感じました。

 

 

そして、そう感じたことで、

愛というのは、海のようにどこにもあって、

私たちを満たしてくれ、

また生命というのは成長をやめないものなんだ、ということも感じました。

 

 

 

それから、主人とも腹を割ってずいぶん話せるようになってきました。

 

彼からは、今の立場でのさまざまな思いや目指すものを話してくれ、

私は、実家の家族との関わりを変えたことや私の思いを話せるようになってきました。

 

話す中で、私たちは二人とも

立場は違えど未知の世界へ自分を信じて漕ぎ出しているように感じています。

 

 

 

そして、私は家で一人の時は、

民族音楽みたいなものにあわせて創作ダンスをしています!

 

以前は、体を自由に動かすことができなかったのに、

今は、ダンスが嬉しくて、時々泣いてしまいます。

 

 

 

受け取ること、

手放すこと、

今を感じること、

自分の思いに気づき、答えていく、

必要な境界線をひく、

ということを丁寧にやっていくことで、

こんなにも多くのことがギフトとして自然と花開いていくということに驚いています。

 

 

今、自分のメールを読み返して、

これが、流れの中にいるということなのかな?と思いました。

 

 

 

また、何回も、”私には力がある”、というメッセージをいただき、

自分のこれまでやってきたことを何度も振り返って受け取って、

ここまできたことで”私には力がある。”と前よりずっとずっとはっきり思えます。

 

 

 

中川さんから、最後にメールでいただいたことに、

プロセスがどんなスタイルでやってくるかも自分で決められる、

というアドバイスをいただきました。

 

 

なので、

私の成長プロセスは安定した中でぐんぐん成長していく、

というふうに思うことにしました(^^) 

ラクに自然に。と思っています。

 

 

 

なんだか、今のこの思いをシェアしなくては!と思い立ち、メールをしました。

桜がついに咲きましたね!

素敵な春をお過ごしくださいね。

 

では。

 

 

 

 

 

********

 

 

 

 

Mさん、掲載を快諾していただいてありがとうございます。

 

>誰かの役に立つのかな?と、書いていて思っていました。

 

とも言っていただき、
すでにリアルに出会ってはいないけれど繋がりを感じられていること素敵です。

 

 

 

そして、メールでも書いたのだけど、

 

Mさん、ほんとうにお花畑ご帰還おめでとう♡

 

 

これからは、もっとゆるゆるにこにこになっていきましょうね。

それが、愛を受け取ることだとお気づきだと思いますから。

 

 

 

 

 

 

自分に向き合って自分を愛していくと、
それまでの人生でどれだけ愛されていたのかに気づけていきます。

 

そして、

今も絶え間なく愛され豊かさも与えられていることに気づけていきます。

 

 

その結果、自分だけではなく自分を取り巻く家族も自然に幸せになっていくのです。

 

 

 

 

Mさんが書いてくれていますが、

 

受け取ること、

手放すこと、

今を感じること、

自分の思いに気づき、答えていく、

必要な境界線をひく、

 

 

 

これらは、幸せを作る時に大切な事。

 

そして、これらは自分を丁寧に愛する時にすること。

 

 

 

自分を愛する。

これがミラクルを起こす1番の秘密です。

 

 

 

昨日のお話に、お花畑は羨ましくて嫉妬されることもあると書いたのですが、


Mさんから
>嫉妬も怖がっていない事に気付きました。(*^-^*)

>嫉妬を恐れて小さくなっていたのに、

>今は、気にならなくなっちゃいました。

 

だそうですよ。

 

 

 

あなたもお花畑にご帰還されませんか? 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

11日

天秤座の満月。すでに満たされていたことに気づいていくから。。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は天秤座の満月とのこと。

 

エネルギーを読んでみると、
静かでありながら力強く女性性溢れています。

 

 

 

満月は満ちるエネルギーであることもあってか、
クライアントさん達から変化のご報告をいただいていて、

そのやり取りでまた幸せ満ちる私です。

 

 

 

皆さんの中にも、頑張って来たことが形になってきたり、

願っていたことが叶い始めたりしているのではないかしら?

 

 

さて、そんな中、クライアントさんにお返事した私のメールをシェアしますね。

 

現実創造のコツを書いていますので参考にしてください。

 

 

この方からは、変化のご報告を頂いているので、

次回、そちらもシェアさせていただきますね。

 

 

 

********

 

 

現実創造も、

 

>あまりにも何もしない(というか、取りに行かない)ことで起こるので、

あっけないようで、とにかくラクだし、自然だし、

愛に溢れているし、いいことづくめです。

 

 

そうなんですよ。何もしないんです。

そう!取りに行かないの。

 

 

ガシガシ取りに行くのは「ない」の欠乏マインドだから。

 

今のMさんは愛に溢れているでしょう?

 

だから、

現実化してくれたら嬉しいけど現実化しなくても幸せ♡

どちらでも私の幸せは変わらないというマインドだと思います。

 

これが、まさにお花畑スタイルの現実化なんです。

 

 

 

 

感情解放をして「ない」と思っていたのは幻想で、

ほんとうは「ある」と気づいた。

 

そして、何度も何度も「ある」を受け取って味わったので、

今はもう「ある」としか思えない。

Mさんは、今その状態にあるので何もしなくても叶っていくのです。

 

 

 

********

 

 

 

このところあまり使わなかった言葉『お花畑スタイル』ですが、

私の夢の叶え方はこのお花畑スタイルです。

 

 

強く願っていたわけでもないのに、

何だか知らないうちに叶っていく♡というもの。

 

 

 

これは、女性性が豊かな人の現実創造スタイルなのだけど、

愛に繋がることを許せば誰でもできます。

 

 

 

基本のマインドは『ある(愛)』

欠乏感はないのです。

 

 

なので、「ない」から頑張らなきゃ!得なきゃ!と

無理することも全くないのです。

 

 

 

Mさんが言われるように、

”あまりにも何もしなくても起こる”のでご本人もびっくりするし、

頑張っている人からは(羨ましくて)嫉妬もされます。

 

嫉妬する人には境界線を引けばいいだけです。

 

 


頑張っている人にはほんとごめんなさいなのだけど、

頑張るから叶わないのです。

 

 

頑張る心を観ていくと、

頑張らないと叶わないと思っていて、
それは心の奥に「ない」の欠乏感があるから。

 

 

 

 

お花畑スタイルの人は、「ない」という欠乏感がありません。

 

それは、あらゆる所に愛や豊かさや人の優しさを見て取れる感性が育っているから。

 

「ある(愛・豊かさ・優しさ)」にいつもフォーカスするから。

 

 

 

そして、「ない」という欠乏感も幻でしかない。

 

赤ちゃんに「ない」というマインドはありませんね。

いつから「ない」なんて勘違いしちゃったのかな?

 

 

 

 

先日のこのお話でもお伝えしたのだけど、

「愛されていません」とお話される方がいらっしゃるけど、

今、生きてここに居るというのは愛されたからではないかしら?ということ。

 

 

 

「愛されていない」という、愛が「ない」というのは勘違い。

 

事実は、愛は「ある」

 

ここを素直に受け取れていくと、

Mさんのように何もしていないのに望みが叶う世界に行くのです。

 

もちろん、「愛されてなんかいない!」と思ってもいいし抵抗してもいいんです。

ただ言えるのは、産まれて来たことが既に宇宙に愛されていることでもあるのです。

 

 

 

この世界の本質は愛ですから。

 

私たちはいつも幸せの流れの中にいるのですから。

 

幸せが受け取れると、流れの中にいたことも気づけていくというわけです。

 

 

 

 

天秤座の満月エネルギーが注いでいる今、
あなたが既に与えられている愛されていると思うこと書き出してみてはいかがでしょう?

 

または、頑張って疲れてしまっているならば、
自分への労わりの手紙を書くのもお勧めです。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

10日

ネガティブなことが起こらなくなる理由

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

このところ、セッション後のさらなる変化をご報告してくださる方が次々と~♡
もう嬉しくて仕方ありません。

 

 

皆さん、『幸せになるぞ!』ってご自分にコミットして実践されたからですよ~。

 

自分にコミットして実践って、すごい勇気がいるんです。

 

私もしてきたので、そのあたりすごくわかるので、

ほんとうによくやったねって愛しくなるんです。

 

 

 

頑張った自分をいっぱいいっぱいこれでもか~なぐらい(笑)

褒めてあげてくださいね。

 

↑これも幸せになるポイントですからね。(*^-^*)

 

 

 

 

さて、そんなご報告を頂きつつ、

それにお返事していて、自分の言葉にナイス!って思ったのでシェアしますね。

 

 

それは、

 

***

 

 

感情解放をすると過去のネガティブ感情はもちろん、

それに付随した記憶も癒され消えていきます。

 

なので、

現在に投影したくても原材料が無いのですから

ネガティブなことが起こってこない というわけなんです。

 

 

***

 

 

いろいろな方のセッションをしてきて分かるのは、

現在のネガティブな現象って、

その方の中にある過去のネガティブな記憶やそれにくっついてる抑圧感情の投影が原因なんです。

 

 

 

以前、抑圧感情は感情のパイプの詰まりや汚れとお話したんですが、

 

この感情の詰まりや汚れって、

私たちが世界を見る時にかけるメガネのレンズの汚れでもあって、

抑圧感情の多い人ほど、

世界をそのままに見ているわけではないんです。

 

 

 

怒りの感情をいっぱい溜め込んでいる人は、

いつも怒りのレンズで世界を見ているので、
怒りの色で世界を見ています。

なので、怒りの出来事を外側に創り出します。

 

 

不安をいっぱい溜め込んでいる人は、

いつも不安のレンズで世界を見ているので、

不安の色で世界を見ています。

なので、不安な出来事を外側に創り出します。

 

 

 

 

こういった仕組みを知らないと、

自分で創り出してなんかいない!って思いたくなるのだけど、、

 

 

だけど、

怒りを溜めこんでいる人のエネルギーってイライラトゲトゲしているんでしょう?

 

怒っている人がいると、皆さん避けるでしょう?

それは、ちゃんと感じてるから。

 

 

針ねずみに笑顔で触る人はいないでしょう。

だって、針が刺さりますから。

 

 

 

怒りの感情を解放して消えてしまうと、
怒り色のレンズが透明になります。

 

すると怒りばかりだと思っていた世界に怒りが見えなくなります。

エネルギーはイライラトゲトゲからふんわりに戻ります。

 

 

針ねずみが普通のねずみになるのですから、

かわいいって触れますよね。

 

ハムスター、可愛いですものね。

 

 

 

エネルギーも触れて心地いいので、その人に近づける。

 

 

だから、以前のような怒りの出来事は起こらないし、なんだか幸せな出来事ばかりになっていくというわけ。

 

 

このあたりの仕組みは、心理的にもエネルギー的にもいろいろ説明できるのだけど、

 

怒りが消えるということは、

トゲトゲ針ねずみさんがかわいいハムスターさんになるということ。

 

だから愛されて幸せになってしまうわけなのです。

 

 

 

 

感情解放は、初めは少ししんどいです。

 

だって、心地よくないって避けて抑圧してきた感情を感じるのですから。

 

でも、感情のパイプの詰まりも汚れも綺麗一新されたら、

 

パイプには愛がスムーズに通り始めます。

 

本来の愛の自分が現れてくるんですから、やらなきゃ勿体ないのです♡

 

 

 

 

世界の本質は愛ですから、

愛に戻れば、すんなり幸せいっぱいになっちゃうわけですから。

 

先日ご紹介したYさんみたいなミラクルも起こって当然なんです。

 

 

 

このあたりのこと、ブログでは説明がほんと難しくて歯がゆいのだけど、

やった人にはちゃんとギフトがやってきますからぜひトライしてくださいね。

 

 

 

 

こちらもお勧めの記事です。(*^-^*)

 

感情解放のご感想 ①
感情解放のご感想 ②

感情解放で得るもの

感情解放の方法

 

 

 

それから、身体が固い人はストレッチなど身体を緩めるといいですよ。

身体は感情を抑圧するために固くなっているので。

(出ないように固くなって抑えているんです。身体って凄いんですよ)

 

なので、緩めてあげるとスムーズに解放が進みます。

お試しください。

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

4月

09日

【天から降りてきた言葉】抱きしめてごらんなさい

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は、1年前に降りて来た天の言葉をお送りします。

 

 

今、大きな変化の時にある方が多いと思います。

 

そして、変化は新しい世界に進むこと。

 

心配したり怖くなったり、

こんな自分は嫌だなって思うこともあるのではないかしら。

 

そんな時は、この言葉を思い出してみてください。

 

きっと安心して勇気が出てくると思いますよ。

 

 

 

皆さん、頑張れ。

 

あなたの光を現すこと、勇気をだしてね。

 

愛を感じられたら大丈夫だから。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

 

あなたの中の愛を感じなさい。

 

 

感じて、感じて、

愛を大きくしてごらんなさい。

 

 

そして、その愛で嫌いな自分を抱きしめてごらんなさい。

 

 

あなたの中に愛の国が生まれますよ。

 

 

 

 

 

********

 

 

 

 

花ひらき

今ここから天国に。

 

 

 

2017年

4月

08日

子供の頃に別れたお父さんと25年ぶりの再会へ。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

今日は、とっても心温まるご報告をいただいたのでご紹介させていただきますね。

 

この方は、子供の頃にご両親の離婚でお父様と別れてしまったのだけど、

今回、25年ぶりに再会をされ、その報告をくださったのです。

 

 

 

初めてのセッションで「お父さんはいません」と言われたのだけど、

私は「いないなんて言ってはいけないわよ。」と断じさせていただいたのです。

 

 

そして「お父さんはあなたをしっかり愛しているわ。

ただ大人の事情でお母様と別れなければならなかっただけよ。

産まれた時、お父さま、男泣きする程喜んだわよ」とお伝えしたのです。

 

 

それは、25年会っていないけど、

彼女にはちゃんとお父様の愛情が送られていることが分かったから。

彼女が産まれた時の光景など見えたからなのです。

 

 

エネルギーを読めば分かるのです。

親の愛情が流れ込んでいるのが見えるのです。

 

 

 

そして、これは多くの親がそうなのだけど、

子供の事を思っていない親はいません。

 

愛情表現の上手下手はあるのだけどね。

 

 

 

なのでもし、親と別れていたり、
なかなか上手く親子関係が持てないと悩んでいても、

大丈夫、あなたは愛されていますから。

 

 

 

では、ご報告を読んでみてくださいね。

あなたにも、幸せな奇跡が起こると思いますよ。

 

 

 

 

 

********

 

 

 

直子さん〜♡こんにちわ。

 

落ち着いてやっと報告できる時間が訪れました☺

 

 

 

先日の父との時間、、、

想像もしないほど、穏やかで幸せな時間でした♡

 

 

直子さんが「大丈夫よ」と何度も言ってくださったことが背中をおしてくれたし、

ありのままの私で会うことができました。

ほんとうにほんとうに、ありがとうございます♡

 

 

 

 

会うまでは朝からそわそわ、

何話そうかとか、

第一声はなに?とか思ったりしてたんです。

 

 

 

飛行機乗りながら、なんだか不安になってきて、

そしたらふとYちゃん(亡くなった友人)が頭に浮かび、

誰よりもこの再会を喜んでくれるのはYちゃんなのにな。

報告したいなーと涙が溢れました。

 

 

 

でもその時、これはきっとYちゃんからのメッセージなんだなと思いました。

大丈夫だよってきっと言ってくれてるし、見てくれてる気がしました。

 

 

そしたら目の前に、天使のように大きな羽をもった雲が現れて、

やっぱりそうなのかなーと思いました^ ^

 

 

 

 

会った瞬間、父はもっと緊張してぎごちないんじゃないかと不安だったのに、

すごくいい意味で力が抜けてて、

2人とも自然体で、心地よく、予想しない穏やかさにすごく安心しました。

 

 

 

白魚の踊り食いをして、2人で話に夢中になって、

私がお酒を飲めることにも驚いていましたが、

母も父も強いので「やっぱり家系だね〜 」と笑ったり。

 

 

 

 

「なんで会いにきてくれたの?」という話になり、

 

わたしは正直に

「一度も会いたいと思ったことはなかったけど、

本当はお父さんに会いたい気持ちがあるのに、

お母さんのためにもそれを封印していたことを ある人が気づかせてくれた。

 「会いたい」タイミングであえて本当に良かったし、

わたしも大人になったから、こんな風に会えるよ」と伝えました。

 

 

父も「連絡くれて嬉しかった。自分からは連絡してはいけない気がしていて。」と言っていました。

 

 

 

何より嬉しかったのは、母との若い頃の思い出や馴れ初めを、

楽しそうに話してくれたことです❣️

 

私は若い頃の母にそっくりらしく「似てるね〜」となんだか嬉しそうで。

 

 

父と母は7歳も歳の差があったので

『付き合うときにはお母さんから「こんなおじさんと付き合うなんて思ってもみなかった」なんて言われちゃったんだよ〜』と嬉しそうに笑っていました。

 

 

 

 

「お母さんの明るくてあっけらかんとした雰囲気がそっくり。性格も似てるんじゃない?」と

一瞬で見抜かれました(笑)

 

 

父は、母・私・妹をしっかり愛してくれていたんだなーと感じ、

とても嬉しく思いました。

 

 

 

「こんなところがいけなかったのかね〜。小さなことの積み重ねかね〜」なんて、

父が言ったりするので、「いまさら〜!」っておもわず突っ込んじゃいました(笑)

 

 

 

良くも悪くも鈍感な人で、母は感性が違いすぎて、

一緒にいることを選べなかったのかなーとか考えたりしましたが、

 

 

 父は父なりの愛で私たちを包んでくれていたこと

当時の母にはそこから旅立つことも必要なことだったのかな。

 

 

この人と一緒に生きてたら、きっと全然違う人生だろうし、

それができたことは、ママにとってよかったねと思います。

 

 

 

 

父は再婚したのちにまた離婚し、もう15年近く、父と父の母と二人暮らしだそうです。

 

子どももいなくて、私と妹だけだそうで、意外でした。

 

父は腰が悪く、その影響で片足をひきずっていて、

それでもまだ配達の仕事で忙しくしているそうで、心配でした。

 

 

 

 

食事を終えると、まだ時間が早かったこともあり、

父の幼なじみのバーに行きました。

(私がいい大人で話しやすくて、一緒にバーに飲みにいけると思ったみたい)

 

とてもアットホームなバーで、

私と父のことを同じように喜び感動してくれ、みんなで楽しく飲みました。

 

 

 

 

父は歌がうまいと評判だそうで、

昔から加山雄三に似てると言われてたし、

私も加山雄三を見ると、幼心に父を思い出してたんです!

 

歌声もそっくりで、すごく素敵な歌だったので、思わずこっそり録音しました(笑)

 

 

 

タクシーで送ってもらい、手を握って、本当はハグしたかったけど恥ずかしくてできず、、

別れてからもすごくしあわせな気持ちでした。

 

 

 

 

 

父からの愛がこんなにちゃんとあったことを感じ、

すごくすごく深い部分から癒されるのを感じます。

(つぎの日、愛宕神社になんとなくお礼を言いたくて愛宕山に登り、昨日の感謝を伝えました。)

 

 

それから今にいたるまで、父に今でもまたすぐ会いたいし、

録音した歌声を聞いたり(笑)、お父さんのことがもう今では大好きになっちゃいました。

 

 

母にも報告し、父とのことを受け入れてもらえると、心から安心して涙が溢れました。

今は、早く妹を会わせてあげたくて仕方ないです。

 

 

これからたまに父に会いに行ったりしたいなーと思って、

もっと近くにいられたらいいのになーと思います。

 

 

 

 

子どもの頃の私が喜んでます!

 

「お父さんお父さんー!!」

とたくさんたくさん甘えたかった子どもの頃の私が、

今、心の中でやっと「お父さんお父さん!!」って

無邪気に呼んだり叫んだりできてます。

 

 

 

 

深い深い癒し、

こんな日が訪れるなんて、

直子さんにお会いするまでは夢にも思いませんでした。

 

 

本当はすごく求めてた父親からの愛に気づき、

これからはたくさん受け取っていけること、

そして父の先祖から守っていただいてることを感じながらこれから生きていけること、

もっと世界が変わりました。

 

 

 

本当に本当にこころから感謝です。

直子さん、ほんとうにありがとうございました♡

 

 

 

 

********

 

 

 

ほんとうに嬉しいご報告をありがとうございました。

 

 

25年、封印してきたお父様への気持ち。

そこに向き合ったいくこと、ほんとうは怖かったのではないかと思います。

 

でも、私の「お父様へお手紙を書いてください。」ということにも素直に行動してくださいましたね。

 

Yさんがあっという間に今回の奇跡ともいえる再会を実現できたのは、

自分のほんとうの思いに向き合っていかれたからです。

 

 

そして、お父様に会いに行かれたことで、

長年の辛い思いからお父様自身も解き放たれましたね。

 

おふたりが、そして、ご家族皆さんが愛を感じられてほんとうによかったです。

 

 

 

お手紙は、実際に出すものではなく、相手への気持ちを書くだけのものです。

でも、不思議と”便箋に手紙という形で書く”と素直な気持ちが出てくるのです。 

 

 

 

 

 

私たちの本質は愛であり、

世界の本質も愛です。

 

 

愛を受け取っていこうと決めるならば愛に戻れます。

 

愛に戻り愛で行動していくならば、

望むことが思ってもないような形や、驚くようなスピードで叶っていくのです。

 

 

 

そして、今、このお話を読まれているあなたも、

読んでいるということは同じように愛に戻る人。

 

幸せが驚くように叶っていく人でもあるということなんです。

 

 

 

愛を感じ受け取っていきましょうね。

 

 

 

 

 

Yさんはセッションご感想もくださっています。

合わせて読んでみてください。

●ますます自由になっていくんですね

 

 

 

 

昨日の再掲載したお話もそうでしたが、

家族というのは近い関係だけにいろんな気持ちが動きます。

なかなか素直に話せないものです。

 

 

 

でも、ちゃんと愛はありますから。

取りこぼさないように。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

4月

06日

愛する家族だからこそ、本音で対話を。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

今日は、1年前の記事を再アップしてお届けします。

 

 

 

身近な人を大切に出来る人は、幸せになれるのはもちろんのこと幸せが続く人です。

 

これは、私自身、多くの方を見てきて実感することでもあり、

経営者コンサルをしている方も言われること。

(ビジネスの成功もここにあるのです。)

 

 

 

そして、身近な人とは家族が1番身近な人。

 

だけど、

近いからこそ反発心も出やすく、素直に話せないことも多いのではないでしょうか?

 

 

 

でもだからこそ、

もしその思いを超えて素直に話すことができたなら、

どんなギフトがくるのでしょう?

 

 

 

家族。

 

社会の1番小さな繋がりであり、

安心な寄り所となる場所だからこそ、

大切にする人は幸せになり、幸せが続く人になるということなのですね。

 

 

では、どうぞ。

 

 

********

 

 

今ここを天国に。


今日は、対話のことお話していこうと思います。

セッションをしていると、


「夫は、どう思っているんでしょう?」
「母(父)は、ほんとうはどんな気持ちだったんでしょう?」
「子供は、私のことをどう思っているんでしょう?」

 


こういった質問を頂きます。
そして、
サイキックで受け取ることなどお話しているのですが、

 


本当は、

本人に聞くのが1番の早道です。
幸せには。


でも、

怖いから

聞けないから、
私に聞くのだと思います。

 

 


わかります。
怖いこと。

私も怖かったですから。

 


でも、

サイキックの情報を知るよりも、

 

 

行動!

 

勇気を出して本音の対話!

 

これが1番なのです。

 

 

そして、
気づいていただきたいのは、

怖いのは相手を愛しているから
ではありませんか?

 



愛しているから、
拒否されるのが怖い。
傷つくのが怖い。

 

 

そうではないですか?

 


でも、
だからこそ、

 


たとえ怖くても、

愛を伝えようと行動するところにこそ、
愛がある。


そうではないでしょうか?

 

 

 

そこにあるのは、 

大切な大切な相手への愛。

そして、

自分を信じて行動しようとする自分への愛。

 



そして、
もし、

行動できたとき、

 

あなたは、その行動からとても大きなものを得ることになると思います。

 

 

 


私には、それが人生の歓びではないかと思うんです。

だから、行動してほしいのです。


愛を持って、本音の対話をしていただきたいと思うのです。


大切なあなただから。

 





セッションを、
ご夫婦それぞれ受けてくださったり、
お母さん、お子さんがそれぞれ受けてくださることがよくあるのだけど、

 

 

お話を伺うと、
思いはどちらも同じ。
ちゃんと、どちらにも「愛」がある。


でも、
怖くて聞けないから
言えないから

私を介して
お互いの本音を聞こうとされるのです。

怖いのを避けたいから。

 

 


だからこそ、お伝えするんです。

「奥様に聞いてみてください。」
「ご主人に聞いてみてください。」

 

「ちゃんと愛されてますからね。」とお伝えしながら。

 

 

「お子様に聞いてみてください。」
「お母さんに聞いてごらんなさい。」


「ちゃんと、愛されてますよ。」とお伝えしながら。

 

 


お互いを思いやって、
愛があるから心配して、
愛があるから不要な罪悪感感じているだけ。



愛ゆえです。


ただ、過去の傷ついた体験があるからハートが怖いだけなのです。
ほんとうは、怖がることなどどこにも無いのです。
ハートの傷も幻ですから。

 

 

 

私に聞くことで、
勇気や安心になって、
背中を押すことになるのなら大いにします。

 

 

でも、
ほんとうは、
勇気を持って愛で本音の対話をすることが1番です。


なぜなら、あなたの愛する人は私ではないでしょう?(笑)

愛を表現したいのは、
大切な人にでしょう?

 

 

 

 

 

私の母はもう亡くなっているので、
もっと母と話しておけばよかったと思います。
随分と本音で話をしましたけど、親子は「もっと」って思いますね。

 

 
なので、息子とはいつも本音で話しています。
正直、少し怖いような恥ずかしいようなこともありましたけど、
今では、本音の関係が彼に残してあげれるものだと感じています。

 

 

 
明日死んでも後悔なきように、
生きているうちにちゃんと伝えておきたいと思うのです。
大切な存在だからこそ愛を伝えておきたいと思うのです。

 

 

 

 

あなたが大切な人に愛を伝えるために、
勇気を出して行動していくならば、
大丈夫。


純粋な愛に必ず愛は返ってきますから。


いま一度、
あなたがほんとうに愛を伝えたい人は誰なのか。

あなたが人生で大切にしたいことは何なのか。

 

 

ご自分を見つめてくださいね。

そうすれば、
あなたが何をすることが望みを叶えていくことになるのか、
わかると思います。


人生の大切なものを取りこぼさないように。。。

 

 

 

 

今ここを天国に。




大切なあなたへ
愛をこめて

 

 

 

2017年

3月

30日

愛を受け取るほどに、なぜ幸せを引き寄せるのか?

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

牡羊座の新月エネルギー、パワフルでしたね。
エネルギーに乗って多くの人が新たなスタートをするのが観えてワクワクしました。

 

 

私自身もいくつかスタートすることがあり、

ご一緒に流れに乗りますよ~と呟いていました。

 

あなたもご一緒しませんか?

 

 

 

 

さて、先日のブログの最後に、こうお伝えしたのですが

 

 

***

 

私たちの本来のエネルギーが愛なのですから、

愛を受け取り、愛に戻るほどに幸せがすんなり現実化するということです。

 

***

 

 

いかがでしょう?

あなたは、自分が愛のエネルギーだと思えますか?

 

 

 

 

 

愛に気づいて、 

愛を受け取り、

愛に戻るというのは、

自分らしくなっていくということ。

 

本来の自分に戻っていくということです。

 

 

 

 

それは、

毎日、心地いい時間が増えていくということで、

 

それは、
心が満ちている時間がどんどん増えていくということでもあって、

 

 

 

それは、

逆に言うと、


心地よくない時間がどんどん減っていくことで、

 

それは、
心が満たされていない時間がどんどん減っていくことでもあるのです。

 

 

 

 

 

セッションで、
「1日の時間のうち、幸せな気持ちの時間はどれぐらいですか?」と、

お聞きすることがあるんですが、

 

改めて、こうやって聞かれてみて初めて、

多くの時間を幸せでない気持ちでいることに気づかれる方も多い。

 

 

 

 

意識したことが現実化するのがエネルギーの法則ですから、

 

多くの時間を幸せでない気持ちでいるならば、

幸せでない現実が起こってくるのは、当たり前のことだと気づけます。

 

 

 

 

 

多くの時間を幸せでない気持ちでいる人は、

 

私は愛されていない という思い込みを持っています。

 

 

 

そして、

私は愛されていない という思い込みを持っている人は、

 

親との関係が良好でないことが殆ど なのです。

 

 

 

 

 

でもね、

サイキックの私には、
先日もお話したように、

ご両親が愛していることが観える。

 

だから、思い違いだと私にはわかるのです。

 

 

それに、

その方に小さな子供の拗ねたり駄々をこねている姿も重なって観えるので、
遅い反抗期をしてるのかなって微笑ましくなるのです。

 

 

 

 

 

あなたはご両親に愛されていると思えているかしら?

 

 

どんなに「あんなことを言われた」

「あの時、こんなことをされた」と怒ったとしても、

 

十月十日あなたをお腹の中で育ててくれたのも、

痛い陣痛に耐え産んでくれたのはお母さん。

 

眠い目をこすりながら数時間おきのミルクとおしめを替えて世話をしてくれたのはお母さんとお父さん。

 

このことは、あなたは愛されていたことを教えてくれています。

赤ちゃんだったから覚えていないけど。

 

 

 

 

 

 

愛を受け取り、愛に戻るほどに幸せがすんなり現実化する法則があるならば、

 

どうしましょう?

 

 

 

愛されてなんかいない!と抵抗しますか?

 

それとも、

なんだかんだ 愛されていたみたいね って降参しますか?

 

 

 

 

 

 

「あんなことを言われた」

「あの時、こんなことをされた」と怒りがあるなら感じて昇華させて、

改めて、ご両親との記憶を思い出してみてください。

 

 

感情を昇華させると心に余裕が生まれるので、
冷静に愛されていた事実を見つけられるようになりますよ。

 

 

 

 

ネガティブ感情が昇華されていないと、

ネガティブ感情に引っ張られネガティブな思い出にばかりに焦点が当たり、

幸せな記憶を思い出す余力が生まれないのです。

 

 

なので、感情解放をされた皆さんが、

怒りを書き出していたら、「自然に、あれもこれも実はしてもらっていたって思い出しました」と言われ、

愛に気づき、愛を受け取るプロセスが起こってくるのです。

 

 

 

 

 

 

あなたは愛されています。

 

愛されて生まれて来たし、

愛されて育ちました。

 

そして、今もちゃんと愛されています。

 

 

でなければ、

このブログを読むことにはならないのではないかしら?

 

 

 

 

 

親の愛を受け取れるようになると、

パートナーからも友人からも会社の人間関係からも社会からも愛を受け取れるようになります。

 

 

親に愛されていないという思い込みは、

他の人間関係にも全て投影されるからなんですね。

 

 

 

なので、親との関係が良くなると、

その他の人間関係も自然に良くなるのです。

 

 

 

だから、

愛を受け取り、愛に戻るほどに幸せがすんなり現実化するということなので

 

 

 

愛は豊かさも引き寄せますしね♡

 

 

 

 

さあ、2017年もエネルギーレベルで大きくスタートしました。

 

受け取ることは女性性開花でもありますし、
そろそろ本気で幸せな私を受け取っていってくださいね。

 

私ももちろんご一緒しますよ♡

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

3月

28日

愛されているあなたで始めましょう

 

 

花ひらき

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

今日は牡羊座の新月。
クリアで力強いエネルギーが来ていますから、
ドキドキするようなスタートにも背中を押してもらえますよ。

 

 

4月は、いろいろなことがスタートする時期。
新月エネルギーに乗って自分らしいスタートをしていただければと思います。

 

 

 

 

そして、『自分らしさ』って、

皆さんは自分を見て、どんな自分が『自分らしい』と感じていますか?

 

 

私はよく「心地いい」という感覚を大事にしてくださいとお話するのだけど、

 

それは、自分らしくいる時というのは心地いい感覚があるものだからなんです。

 

 

 

 

自分らしくがわからないと話される方もあるのだけど、

心地いいと感じている時が自分らしさが現れている時。

 

 

それがわかれば、 

「どんな時に心地よさを感じているかな?」と振り返ってみると

自分らしさがわかってくると思います。

 

ノートに書き出してみてくださいね。

 

 

 

 

 

そしてまた、先日のブログでもお話したように、

 

すでに愛されていた自分だったと気づいたり腑に落ちた時、

 

とても心地いい安心感が広がるもの。

 

 

 

なので、

 

すでに「愛されている自分」が「自分らしい自分」だということでもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

多くの方のご相談をお聞きしてきて、

すんなり幸せの流れに乗っていく人は、
「愛されている自分」と受け取る人だということ。

 

 

でも、中には、

「愛されている自分」をなかなか受け取れない人もいらっしゃいます。

 

 

 

私からは、

まだまだご両親に反抗していたいのかな?

拗ねて困らせたいのかな?

 

反抗期の子供のように、

小さな子供が駄々をこねている姿が重なって観えるのです。

 

 

 

それもまた、親子(魂レベル)で決めてきた課題ですから、

見守り、時が来るのを待つこともあるのです。

 

 

 

 

ただ、人生の時間は限られています。


いつまでも反抗していると時間だけが過ぎていき、

それだけ望む幸せな現実も先送りにもなるということ。

 

幸せが望むことですから、先送りは望んでいることではないはず。

 

 

なので、

「ほんとうはどうしたい?」と、

しっかり自分に聴いていかなければいけないですよとお話するのです。

 

 

 

あまり先延ばしすると来世になってしまいますし、

それでもいい?ということですね。

 

 

 

 

 

私たちは、生まれた時からちゃんと幸せの流れに乗っています。

(生きている命がすでに幸せの流れですから。)

 

 

身体は「心地いい」という感覚でいつも「自分の幸せはこれだよ」と教えてくれていて、
感覚に素直になればなるだけ幸せの流れにスムーズに乗っていけるということなのです。

 

 

 

感じることに意識をむけず考えてばかりいると、

心地いい・心地よくない感覚が起こっていても

思考にかき消されますから注意してくださいね。

 

 

 

 

 

新月はスタートのエネルギー。

 

ほんとうはどうしたいのか?

どんな人生を歩いていきたいのか?

 

 

心地いいと感じた時を思い出し、

自分らしさに気づいて、

あなたの中のほんとうの望みを現実化していくスタートにしていってください。

 

 

 

 

 

すでにあふれるほど愛されていた私。

 

愛を受け取れば受け取るほどに、

引き寄せよう!と頑張らなくても、

すんなり軽やかに自然に現実化は起こっていきますから。

 

 

 

私たちの本来のエネルギーが愛なのですから、
愛を受け取り、愛に戻るほどに幸せがすんなり現実化するということです。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

2017年

3月

22日

あなたはいつも幸せの流れの中にいます

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

日に日に、春めいてきています。
芽吹きの時は、世界に生命力がみなぎっていて、
私たちも知らず知らずにエネルギーをもらっています。

 

桜の開花もあと少しのようですし、
エネルギーをいただきに自然の中に出かけてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

さて、昨日のお話にご感想メールをいただきました。

私のこの言葉に涙が出たそうなのです。

 

 

***

 

夜、眠い目をこすりながら、

あなたにミルクをあげ、おしめを替えてくれた人は誰なのですか?

 

***

 

 

涙が出たというのは、愛に気づかれたからですね。

 

よかった。

 

 

そして、今まで気づかなかった愛に気づけたのですから、
大切なことを心で見られたということ。

 

これから さらに愛に気づいていかれると思いますよ。
いっぱい受け取っていってくださいね♡

 

 

 

 

 

私自身も、今、姪っ子の赤ちゃんのお世話をしながら、
両親がこうやって私にミルクをくれたんだ、

おしめを替えてくれたんだな~なんて、
想像しては、胸の中がふわっとあたたかくなっています。

 

 

そして、天国の両親に「ありがとうね」って呟くんです。

 

 

 

 

姪っ子も、
「私はこうやって母や直子おばちゃんに手伝ってもらえてるけど、

母も直子おばちゃんもひとりで子育てしたのよね?

大変だっただろうなって思う。感謝してます。」って言うんです。

 

 

(伝えてくれてありがとう。

こちらこそ、あなたとチビちゃんにいっぱい幸せをもらっていますよ。)

 

 

 

 

私も、今思えば息子をよく育てたと思います。

そして、しんどい・・って思うとなぜかサポートしてくれる人が現れたり、

子育てに悩んでいると、ほっとする言葉をかけてくれる人が現れたりと、
いつもいつも何かしらの助けがあって ここまで来れたとも思います。

 

 

ひとりで子育てしたのではなくて、
いつもいつもサポートしてもらって、

いつもいつも助けられていたのです。

 

 

 

 

 

私たちの人生って、

ひとりで生きているような気持ちでいるけど、

 

実は、多くの人に助けられて生きていると思うのです。

 

 

そしてまた、逆に自分が誰かを助けることもあって、
お互い様の助け合い支え合いをしながら生きているのだと思うのです。

 

 

 

 

恩送りという言葉があるのだけど、

私が両親から受け取った無条件の愛を息子に送り姪っ子に送り、
今は、姪っ子のチビちゃんにも送り、
必要としている人に出会ったら、またそこでも送る。

 

 

そしてこれは、今も世界中で起こっているし、
過去もずっと人は営んできていると思うのです。

 

 

 

 

残念ながら、傷つけたり奪ったりということもこの世界にはあります。

国家レベルでは、紛争も起こっている。

 

 

けれど、

その反面で、

ちゃんと恩送りも愛情を与え合うことも私たちの世界にはあるのです。

 

 

 

 

では、自分はどちらの生き方(世界)を選ぶのか?とハートに問うならば、

 

恩送りや愛情を与え合う自分で在りたいなと思うのです。

 

それが、私の幸せであり、

私を愛してくれた両親にとっても幸せだろうなと思います。

 

 

 

 

 

 

あなたが辛い時、助けが欲しい時、
助けてくれた人や優しい言葉をかけてくれた人がいたと思います。

 

もしかしたら、厳しい言葉であなたに気づかせようとしてくれた人もいたかもしれませんね。

 

今だから気づけることがあるのではないかしら?

 

 

 

 

私たちは、いつも幸せの流れの中にちゃんといます。

 

気づけていけるかどうかだけなのですね。

 

 

 

どうぞ、こころでみてくださいね。

 

あなたのこころはその準備ができていると思いますよ。 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

 

2017年

3月

21日

覚えていないだけ。すでに一生分愛されたあなたです。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

このところ、時々ですが赤ちゃんのお世話をさせて頂いています。
(姪っ子の子育てお手伝いです)

 

 

そして思うのが、
人は生まれてからの数年で一生分の愛を受け取っているんだということ。

 

 

 

 

人は、歩くことも出来ない状態で生まれます。

 

これは、自然界では稀なこと。

多くの動物が、生まれて僅かな時間でひとりで立ちます。
母親のミルクを飲みに自分から歩いていきます。

 

 

 

でも、人間は歩くことはできません。

ミルクも口元まで持っていってあげないと飲めません。

おしめだって自分で変えることできません。

全部を親(まわりの大人)がしてあげて、それで生きていられるのです。

 

 

 

 

多くの方のお悩みを聞いてきて、
親が「愛してくれない」と話される方が多いのです。

 

でも、私にはご両親から愛されていることが観えるのです。

 

 

 

 

 

ほんとうに愛されていないのならば、

今、あなたは生きていないのではないかしら?

 

 

夜、眠い目をこすりながら、

あなたにミルクをあげ、おしめを替えてくれた人は誰なのですか?

 

ここに気づかれていないのです。

 

 

 

 

 

私自身も子供を育ててきていますが、
それこそ、赤ちゃんの頃は夜も数時間おきにミルクとおしめを替え、
ぐっすり朝まで眠れることなどありませんでした。

 

 

昼も、家事に加え2~3時間ごとのミルクにおしめ替え、
ゆっくりお茶が飲めると思ったとたんに泣き出して休息もなかなか取れることはありません。

 

 

それでも子育てをしたのは子供を愛していたからです。

我が子を愛しいと思ったからです。

 

 

 

 

 

子育ての1番大変な時期、
親は覚えているけれど、

子供は覚えていないのです。

 

 

寝ることも十分にできないような大変な育児をしてくれたこと、

私たち子どもは覚えていないのです。

残念ながら。。

 

 

 

 

 

今、子育てのお手伝いをしながら、
生まれてからの数年で一生分の愛情を与えられているのだと実感します。

 

 

 

今、生きているというのは、
生まれてからの数年の間に一生分の愛情を与えてもらい、
自分で歩き食べられるように育ててもらったからなのです。

 

 

あふれるほどの愛を与えてもらっていたことを、

覚えてないだけ。

 

 

 

 

 

 

「親に愛されていない」というのは、

覚えていないから。

 

愛に気づけていないからなのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

親子とはいえ、

親と子では価値観が違います。

 

愛の表現法が違っていることも多いもの。

 

 

自分を顧みた時、あなたは完璧ですか?

 

きっと完璧ではないはずですよ。

 

それと同じように、親も完璧ではないのです。

 

そして、私たちは完璧でなくていいのです。

 

 

 

 

 

 

クライアントさん達と、親のことお話していると、

 

「母もまだ若く、どう子育てしていいのか悩んでいたんでしょうね・・」

 

そう理解していかれる方が多く、

 

中には、「自分が親になってみて初めて、親の気持ちにも愛されていたことにも気づけました」

 

そう話される方もあります。

 

 

覚えていないけれど、

その時の親を想像することで理解ができ、感情が和らいでいかれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

星の王子様の言葉に、

 

「じゃあ秘密を教えるよ。

 とてもかんたんなことだ。

 ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。

 いちばんたいせつなことは、目に見えない」とあるのだけど、

 

 

心でみようとする人がたいせつなこと、幸せに気づけるのだと思います。

 

 

 

 

 

不満を言ってもいいのです。

親子ですから。

 

 

喧嘩をしてもいいのです。

親子ですから。

 

 

でも、大切なこと、ちゃんと受け取っていたいものだと思います。

 

 

素直に受け取れるようになると幸せの波に乗れるようになりますしね。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

幸せのヒント集

  

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

 

2017年

3月

20日

春分、新しいエネルギーに変わりました

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

今日は春分の日です。
新しいエネルギーに大きく変わりました。

 

 

これからは、どんどん行動していってくださいね。
行動してこそ、望む現実を創造できますから。

 

 

そして、望む現実を創造したいと思う時の行動は、
心の在り方がとても大事になります。

 

 

 

 

ブログでもよく比較でお話する、

「欠乏マインド」と「満たされマインド」。

 

 

 

欠乏マインドで行動すると、不幸せを創造します。

 

満たされマインドで行動すると、幸せを創造します。

 

 

 

 

行動が現実を変えるのだとがむしゃらに行動をする人がいますが、

 

望む現実は幸せのはず。

 

 

 

なので、行動する前に、

 

「欠乏マインド」と「満たされマインド」

 

どちらのマインドでいるか確かめてくださいね。

 

 

 

 

春分前は、心の奥深くに抑えてきた感情が出て来ていた人が多かったと思います。

 

それは、満たされマインドになっていくための自然なプロセスだったのです。

 

この世界は、いつも幸せになっていけるように応援のエネルギーが降り注いでいるのです。

 

 

昨年末には、感情解放をテーマに4つのお話を掲載していますが、

あの時は、” 書かされている感” が凄かったのですが、

今になって、この春分を軽やかにスタートしていくためのものだったのだとわかります。

 

 

 

 

いかがでしょう?

軽やかな心でスタートできましたか?

 

 

今年は「明暗を分ける年」になるともお話していましたが、

人生を創り出しているのは自分だと思えるようになっていますか?

 

 

人生を自分で創造する!と決めた人に神様(宇宙)のサポートが入ります。

 

また、自分の中にある潜在能力も開いていきます。

 

 

 

 

どうぞ、自分らしく花ひらき軽やかに春の一歩を始めてくださいね。

 

あなたの花は、この世界で唯一の素敵な花です。

 

ぜひ、この世界の幸せを体中で体験していっていただければと思います。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。